282件中 41 - 50件表示
  • 香川真司

    香川真司から見たハンブルガーSVハンブルガーSV

    2016年11月22日の欧州CL第5節レギア・ワルシャワ戦で前半17分と18分の76秒間で立て続けにゴールを奪い、UEFAチャンピオンズリーグ史上1試合2得点の最速記録を樹立した。この試合で2得点1アシストを記録し、UEFA公式のMOM、第5節のベストイレブンに選出された。2017年4月3日のハンブルガーSV戦では2016-17年シーズンのリーグ戦自身初得点を記録した。香川真司 フレッシュアイペディアより)

  • マヌエル・ノイアー

    マヌエル・ノイアーから見たハンブルガーSVハンブルガーSV

    地元ゲルゼンキルヒェンのクラブであるシャルケ04のユース出身。2006年8月19日のアレマニア・アーヘン戦でブンデスリーガデビューを果たすと、フランク・ロストに代わり正GKの座を手にした。冬にロストはハンブルガーSVへと移籍した。マヌエル・ノイアー フレッシュアイペディアより)

  • ニコライ・ミュラー

    ニコライ・ミュラーから見たハンブルガーSVハンブルガーSV

    ニコライ・ミュラー(Nicolai Müller 、1987年9月25日 - )は、ドイツ(旧西ドイツ)・バイエルン州出身のプロサッカー選手。ドイツ代表。ブンデスリーガ・ハンブルガーSV所属。ポジションは、ミッドフィールダー(SH)。ニコライ・ミュラー フレッシュアイペディアより)

  • ジネディーヌ・ジダン

    ジネディーヌ・ジダンから見たハンブルガーSVハンブルガーSV

    その後、ユヴェントスには5シーズン在籍し、デルピッポと称されたアレッサンドロ・デル・ピエロとフィリッポ・インザーギの2トップを操るトップ下の位置でプレー。2度のリーグ優勝に貢献したほか、UEFAチャンピオンズリーグにも1996-97、1997-98シーズンと2年連続で決勝進出を果たした。しかし、ジダンが移籍する前の1995-96シーズンでユヴェントスはUEFAチャンピオンズリーグを優勝しており、レキップ紙はジダンを不吉の象徴として黒猫と呼んだ。1999-00シーズン、ジダンは好調を維持し、クラブも第26節終了時点で17勝8分1敗の成績でシーズンのほとんどで1位をキープ。しかし最終8試合で4敗を喫し、最終節のペルージャ戦でも0-1で敗戦。2位のSSラツィオが勝利したため、勝ち点1差で優勝を逃した。ジダンは「私たちは1年間こつこつとつらい仕事をしてきたが、最終節ですべてを失った。こんなことならもっと早く負けていればよかった」と悔しさを滲ませた。翌シーズン、カルロ・アンチェロッティは3ボランチを置くフランス代表に近いフォーメーションを敷き、同郷のダビド・トレゼゲも加入した。ユヴェントスは上々のスタートであったが、2000年10月25日、UEFAチャンピオンズリーグのハンブルガーSV戦でジダンはヨヘン・キーンツのファウルに対して頭突きの報復行為を行ったことによって5試合の出場停止処分を受けた。この試合ではエドガー・ダーヴィッツもレッドカードを受けて9人での戦いを強いられ、1-3で敗北した。その翌日のガゼッタ・デロ・スポルトでは「ジダンとダーヴィッツがユーヴェを沈ませた」との見出しで批判された。2週間後のパナシナイコスFC戦でもユヴェントスは負け、UEFAチャンピオンズリーグを予選敗退した。また、より開放的でテクニカルなスペインリーグでのプレーを望んだことやスペイン人の夫人が母国で暮らすためにイタリアを離れたがっていたことなどから、クラブに何度も移籍を訴えた。ユヴェントスのオーナーであったジャンニ・アニェッリは、「問題はジダンじゃなくて奥方にある。私には彼女をどうすることもできない」と語っていた。ジネディーヌ・ジダン フレッシュアイペディアより)

  • ボビー・ウッド

    ボビー・ウッドから見たハンブルガーSVハンブルガーSV

    ボビー・ショウ・ウッド(Bobby Shou Wood、1992年11月15日 - )は、アメリカ合衆国ハワイ州出身のサッカー選手。ブンデスリーガ・ハンブルガーSV所属。ポジションはフォワード。アメリカ代表。アフリカ系アメリカ人の父と日本人の母の間に生まれた日系アメリカ人。ボビー・ウッド フレッシュアイペディアより)

  • マティアス・アベル

    マティアス・アベルから見たハンブルガーSVハンブルガーSV

    2004年8月14日のハンブルガーSV戦でブンデス1部デビューを果たし、2004-05シーズンは3得点を決めた。マティアス・アベル フレッシュアイペディアより)

  • HSHノルトバンク

    HSHノルトバンクから見たハンブルガーSVハンブルガーSV

    ハンブルガーSVの本拠サッカースタジアムであるHSHノルトバンク・アレーナのネーミングライツを2007年に取得。HSHノルトバンク フレッシュアイペディアより)

  • UEFAカップウィナーズカップ 1976-77

    UEFAカップウィナーズカップ 1976-77から見たハンブルガーSVハンブルガーSV

    UEFAカップウィナーズカップ 1976-77は17回目のUEFAカップウィナーズカップである。オランダのオリンピスフ・スタディオンで行われた決勝では、ハンブルガーSV(西ドイツ)がアンデルレヒト(ベルギー)を2-0で下して優勝した。UEFAカップウィナーズカップ 1976-77 フレッシュアイペディアより)

  • FCウニレア・ウルジチェニ

    FCウニレア・ウルジチェニから見たハンブルガーSVハンブルガーSV

    ドミトゥル・ブクシャル会長の下で急成長を遂げ、2006-2007シーズンより、リーガ1に昇格。ダン・ペトレスク監督は、限られた財政力にも関わらず効果的な補強とチーム作りを行ない、2007-2008シーズンにはルーマニア・カップでCFRクルージュに敗北したものの準優勝という成果を挙げ、UEFAカップ出場権を獲得。2008-09シーズンはUEFAカップに初出場したが、1回戦でドイツのハンブルガーSVに敗れた。同シーズンはリーガ1で初優勝した。5節で首位に立つと、その後も3位以内をキープし続け、終盤に一気に抜き去った。なお、2008-09シーズンに参加した18チームの中でスタジアムの収容人数がもっとも少なかった。FCウニレア・ウルジチェニ フレッシュアイペディアより)

  • KSグバルディア・コシャリン

    KSグバルディア・コシャリンから見たハンブルガーSVハンブルガーSV

    Gwardia(グバルディア)は英語のGuards(ガード)の意味で、元々はポーランド警察の支援を受けていた。最初はMilicyjny Klub Sportowyの名称だったが、1948年にGwardiaを持つ現在のクラブ名に変更された。グバルディア・コシャリンは今まで一度もポーランド1部リーグに昇格したことはないが、ハンブルガーSVに所属したMirosław Okoński、CAオサスナに所属したMirosław Trzeciak、シロンスク・ヴロツワフ所属のSebastian Milaなどのサッカーポーランド代表選手を輩出してきた。KSグバルディア・コシャリン フレッシュアイペディアより)

282件中 41 - 50件表示

「ハンブルガーSV」のニューストピックワード