181件中 51 - 60件表示
  • マンフレート・カルツ

    マンフレート・カルツから見たハンブルガーSVハンブルガーSV

    クラブではハンブルガーSVで長年プレーを続け、ブンデスリーガ通算581試合出場78得点を記録した。出場試合数はリーグ通算第2位の記録となっている。正確なクロスを上げる事でも知られ、彼のバナナの様にカーブを掛けたクロスは「Bananenflanken」と呼ばれ、ハンブルク時代にはセンターフォワードのホルスト・ルベッシュとのコンビで活躍し、サポーターから支持をされた。またブンデスリーガ史上最多オウンゴール(通算6得点)の、不名誉な記録も残している。マンフレート・カルツ フレッシュアイペディアより)

  • クラウス・トップメラー

    クラウス・トップメラーから見たハンブルガーSVハンブルガーSV

    2003年 : 2月16日、成績不振によりレバークーゼンを解雇。同年10月23日にハンブルガーSVの監督に就任。クラウス・トップメラー フレッシュアイペディアより)

  • ヨルグ・アルベルツ

    ヨルグ・アルベルツから見たハンブルガーSVハンブルガーSV

    チームの2部降格もあって1993年にハンブルガーSVに移籍。チームは中位を彷徨う停滞期であったが、チームの象徴とも呼ばれるまでに成長し、2シーズンに渡りキャプテンも務めた。ヨルグ・アルベルツ フレッシュアイペディアより)

  • ホルスト・ルベッシュ

    ホルスト・ルベッシュから見たハンブルガーSVハンブルガーSV

    ルベッシュは24歳でロートヴァイス・エッセンと契約するまで小さなアマチュアクラブでプレーを続けていた典型的な遅咲きの選手であった。そして1978年にハンブルガーSV移籍すると、クラブの重要な得点源へと成長した。特にチームメイトのマンフレート・カルツとのコンビネーションは絶妙で、カルツから供給される正確なクロスから数多くの得点を生み出した。ホルスト・ルベッシュ フレッシュアイペディアより)

  • UEFAカップウィナーズカップ 1976-77

    UEFAカップウィナーズカップ 1976-77から見たハンブルガーSVハンブルガーSV

    UEFAカップウィナーズカップ 1976-77は17回目のUEFAカップウィナーズカップである。オランダのオリンピスフ・スタディオンで行われた決勝では、ハンブルガーSV(西ドイツ)がアンデルレヒト(ベルギー)を2-0で下して優勝した。UEFAカップウィナーズカップ 1976-77 フレッシュアイペディアより)

  • ジュリオ・バティスタ

    ジュリオ・バティスタから見たハンブルガーSVハンブルガーSV

    2006年8月下旬、トッテナムかアーセナルに移籍するのではないかという報道がなされ、本人はマドリードから離れることに興味がないと主張したが、8月31日にホセ・アントニオ・レジェスとのトレードという形でアーセナルにレンタル移籍した。11月21日、UEFAチャンピオンズリーグのハンブルガーSV戦で移籍後初得点を決めたが、プレミアリーグではなかなか得点できず、2006-07シーズンはリーグ戦24試合に出場して3得点に終わった。カーリングカップでは6得点を挙げる大活躍を見せた。2007年1月9日の準々決勝・リヴァプール戦 (6-3) では4得点を挙げた他、ミスしたペナルティキックを決めていれば1試合5得点であった。準決勝のトッテナム戦 (2-1) では2得点を挙げ、更にオウンゴールも記録している。決勝のチェルシー戦はいいところがなく1-2で敗れた。2006-07シーズンは公式戦を通じて35試合に出場して10得点を決めた。ジュリオ・バティスタ フレッシュアイペディアより)

  • UEFAチャンピオンズカップ 1982-83

    UEFAチャンピオンズカップ 1982-83から見たハンブルガーSVハンブルガーSV

    1982-1983シーズンのヨーロピアンカップは、ハンブルガーSVがユヴェントスを決勝で降して初優勝した。イングランド勢以外のチームが優勝したのは1975-1976シーズン以来となった。UEFAチャンピオンズカップ 1982-83 フレッシュアイペディアより)

  • ケニー・ダルグリッシュ

    ケニー・ダルグリッシュから見たハンブルガーSVハンブルガーSV

    1977年、ハンブルガーSVに移籍したケヴィン・キーガンの後釜として、440,000ポンドという記録的な移籍金でイングランドのリヴァプールに移籍。2度の得点王を獲得し、7回のリーグ優勝と3回のチャンピオンズカップ優勝などに貢献。リヴァプールのサポーターからは非常に愛され、キング・ケニー(King Kenny)のニックネームで呼ばれた。ケニー・ダルグリッシュ フレッシュアイペディアより)

  • ブライアン・クラフ

    ブライアン・クラフから見たハンブルガーSVハンブルガーSV

    クラフは、ハーバート・チャップマン以来となる異なる2つのクラブでトップリーグのタイトルを獲得した監督となった。1979年2月9日、バーミンガムに所属していたトレヴァー・フランシスを獲得、1978-79シーズンは、リーグカップのタイトルを獲得したものの、リーグ戦ではリヴァプールに次いで2位でシーズンを終えた。またチャンピオンズカップでは、決勝に進出、1-0でマルメFFを下し優勝、翌シーズンも決勝に進出し、ケビン・キーガン擁するハンブルガーSVを1-0で下し優勝、2シーズン連続でチャンピオンズカップ優勝を飾った。リーグカップでは3年連続で決勝進出を果たすも、ウォルヴァーハンプトンに0-1で敗れた。ブライアン・クラフ フレッシュアイペディアより)

  • ヴィリ・シュルツ

    ヴィリ・シュルツから見たハンブルガーSVハンブルガーSV

    シュルツは1960年にシャルケ04で選手経歴を開始した。1963年にブンデスリーガが創設され、最初のシーズンを8位で終えたが、1964-65シーズンは最下位となり2部リーグ降格が決まると、1965年からはハンブルガーSVに移籍した。ヴィリ・シュルツ フレッシュアイペディアより)

181件中 51 - 60件表示

「ハンブルガーSV」のニューストピックワード