282件中 51 - 60件表示
  • ヨルグ・アルベルツ

    ヨルグ・アルベルツから見たハンブルガーSVハンブルガーSV

    チームの2部降格もあって1993年にハンブルガーSVに移籍。チームは中位を彷徨う停滞期であったが、チームの象徴とも呼ばれるまでに成長し、2シーズンに渡りキャプテンも務めた。ヨルグ・アルベルツ フレッシュアイペディアより)

  • ユーリイ・レベデフ

    ユーリイ・レベデフから見たハンブルガーSVハンブルガーSV

    ソビエト連邦国内リーグ(ソビエト・チャンピオンシップリーグ)では1969年から1985年までの間、KRYLYA SOVETOV、CSKAモスクワで473試合に出場、181得点をあげている。ソ連代表には1972年9月6日のカナダ戦(サミット・シリーズ)でデビューして127試合で25得点をあげた。この間、アイスホッケー世界選手権には1973年、1974年、1975年、1978年、1979年、1981年に出場、1976年のカナダカップに出場、1980年のレークプラシッドオリンピックでは銀メダルを獲得している(氷上の奇跡)。1981年4月22日の試合を最後にソ連代表を退き、1982/83シーズンはドイツのハンブルガーSVでプレイした。ユーリイ・レベデフ フレッシュアイペディアより)

  • デロイト・フットボール・マネー・リーグ

    デロイト・フットボール・マネー・リーグから見たハンブルガーSVハンブルガーSV

    1位のレアル・マドリード(スペイン)から3位のFCバルセロナ(スペイン)までに順位の変動はない。バイエルン・ミュンヘン(ドイツ)が前シーズンの7位から4位に急浮上するなど、シャルケ04、ハンブルガーSV、VfBシュトゥットガルトなどのドイツ勢が順位を伸ばしたが、ACミラン、インテルなどのイタリア勢は停滞が目立った。レアル・マドリードやFCバルセロナのスペイン勢、マンチェスター・ユナイテッドFC、チェルシーFC、アーセナルFC、リヴァプールFCなどのイングランド勢は5年前に比べて軒並み50%以上の上昇率を記録している。デロイト・フットボール・マネー・リーグ フレッシュアイペディアより)

  • UEFAカップウィナーズカップ 1967-68

    UEFAカップウィナーズカップ 1967-68から見たハンブルガーSVハンブルガーSV

    UEFAカップウィナーズカップ 1967-68は8回目のUEFAカップウィナーズカップである。オランダのフェイエノールト・スタディオンで行われた決勝では、ACミラン(イタリア)がハンブルガーSVを2-0で下して優勝した。UEFAカップウィナーズカップ 1967-68 フレッシュアイペディアより)

  • エッピンゲン

    エッピンゲンから見たハンブルガーSVハンブルガーSV

    この街のサッカークラブ、VfBエッピンゲンは1974年10月26日にこの都市を有名にした。当時、北部バーデン・アマチュアリーグ1部でプレイしていたこのチームが、DFBポカールの試合で、ブンデスリーガ優勝チームになったこともあるハンブルガーSVに2:1で勝利し、世間を驚かせたのである。このチームは1980年から81年のシーズンに1年間だけブンデスリーガ2部南部地区でプレイしたことがある。エッピンゲン フレッシュアイペディアより)

  • クラウス・トップメラー

    クラウス・トップメラーから見たハンブルガーSVハンブルガーSV

    2003年 : 2月16日、成績不振によりレバークーゼンを解雇。同年10月23日にハンブルガーSVの監督に就任。クラウス・トップメラー フレッシュアイペディアより)

  • UEFAチャンピオンズカップ 1982-83

    UEFAチャンピオンズカップ 1982-83から見たハンブルガーSVハンブルガーSV

    UEFAチャンピオンズカップ 1982-83 (UEFA Champions Cup 1982-83, European Cup 1982-83) は、28回目のUEFAチャンピオンズカップである。ハンブルガーSVがユヴェントスを決勝で降して初優勝した。イングランド勢以外のチームが優勝したのは1975-76シーズン以来となった。UEFAチャンピオンズカップ 1982-83 フレッシュアイペディアより)

  • ピエール・ウェボ

    ピエール・ウェボから見たハンブルガーSVハンブルガーSV

    2003年夏にCAオサスナに移籍し、それから3シーズン目に6得点を挙げた。そのシーズンはリーグで4位になりUEFAチャンピオンズリーグ 2006-07の予選3回戦出場権を獲得するが、ハンブルガーSVに敗れたため本選出場は叶わなかった。2006年夏にはマラリアの治療のためにプレシーズンを棒に振ったが、2006-07シーズンは昨シーズンと同じ31試合に出場した。UEFAチャンピオンズリーグで敗退したことにより出場したUEFAカップ2006-07では準決勝まで勝ち進んだ。ウェボ個人としては、決勝トーナメント2回戦のレンジャーズFC戦セカンドレグで勝ち抜けを決める決勝点を挙げ、準々決勝バイエル・レバークーゼン戦ファーストレグでは途中出場してすぐにチップキックでゴールを奪う活躍を見せた。準決勝のセビージャFC戦ではセカンドレグ終盤にポストを叩くヘディングシュートを放ったものの、得点はならず敗退。この大会で9試合2得点を記録した。ピエール・ウェボ フレッシュアイペディアより)

  • ギー・デメル

    ギー・デメルから見たハンブルガーSVハンブルガーSV

    フランスのニーム・オリンピックでキャリアをスタートさせた。その後アーセナルFCを経て、ドイツのボルシア・ドルトムントに所属した。2005年にハンブルガーSVに移籍した。2011年8月31日、ウェストハム・ユナイテッドFCに2年契約で移籍した。ギー・デメル フレッシュアイペディアより)

  • アレクセイ・コズロフ (1986年生のサッカー選手)

    アレクセイ・コズロフ (1986年生のサッカー選手)から見たハンブルガーSVハンブルガーSV

    FCネフテヒムク・ニジネカムスクを経て、ハンブルガーSVの下部組織に在籍し、ドイツでプロのキャリアをスタートさせた変わり種。2007年からはロシアへ帰国し、ロシア・ファーストディビジョン(実質2部)のKAMAZナーベレジヌイェ・チェルヌイに移籍した。アレクセイ・コズロフ (1986年生のサッカー選手) フレッシュアイペディアより)

282件中 51 - 60件表示

「ハンブルガーSV」のニューストピックワード