282件中 61 - 70件表示
  • ムラデン・ペトリッチ

    ムラデン・ペトリッチから見たハンブルガーSVハンブルガーSV

    2008年8月17日、モハメド・ジダンとのトレードでハンブルガーSVに移籍し、4年契約を結んだ。さらにハンブルガーSVからドルトムントに約500万ユーロが支払われたとされているが、金額は明らかにされていない。8月23日のホームでのカールスルーエSC戦(2-1)で73分にジョナタン・ピトロイパと代わって出場してブンデスリーガデビューした。9月13日のバイエル・レバークーゼン戦(3-2)で初得点となる決勝点を決め、9月下旬から10月上旬にかけて行われたDFBポカールのVfLボーフム戦(2-0)、UEFAカップのFCウニレア・ウルジチェニ戦(2-0)、ブンデスリーガのボルシア・メンヒェングラッドバッハ戦(1-0)ではチームの全5得点を生みだした。10月5日のエネルギー・コットブス戦(2-1)ではロスタイムに決勝点を決め、ブンデスリーガ首位を維持した。ムラデン・ペトリッチ フレッシュアイペディアより)

  • ウーゴ・アルメイダ

    ウーゴ・アルメイダから見たハンブルガーSVハンブルガーSV

    2008-09は、リーグ戦で9ゴールと再び安定したシーズンとなった。DFBポカールでは、アマチュアの相手にブレーメン移籍後初となるハットトリックを決め9-3で勝利した試合を含め、5試合で4ゴールを記録し優勝した。さらに、UEFAチャンピオンズリーグでは、アウェーのアノルトシス・ファマグスタ戦で2-1で1点のビハインドを追いかける中で、2点目を決め引き分けに持ち込んだことからファンが選ぶマン・オブ・ザ・マッチに選ばれた。最終的にブレーメンはCLのグループリーグを3位で終えたためUEFAカップへまわることになった。UEFAカップでは8試合1ゴールを決め、準決勝第2戦のハンブルガーSV戦では3-2と勝利し、2試合合計3-3のアウェーゴールルールで決勝へ進出するも、この試合でイエローカードを提示されたことからサスペンションにより、決勝戦のFCシャフタール・ドネツク戦は出られず、チームも準優勝に終わった。ウーゴ・アルメイダ フレッシュアイペディアより)

  • ロベルト・エンケ

    ロベルト・エンケから見たハンブルガーSVハンブルガーSV

    2004年7月、ブンデスリーガ(1部)のハノーファー96に移籍金なしの2年契約で移籍した。ここでは正GKに定着して成功を収め、キッカー誌の最優秀GKに選ばれた。より規模の大きいVfBシュトゥットガルトなどから注目を集めたが、2006年12月に2009-10シーズン終了後までの契約延長をしたことで他クラブへの移籍の可能性は消滅した。2007-08シーズンにはチームメイトによって主将に選出され、2シーズンと少しの間主将を務めた。2008-09シーズンは所属クラブが11位だったにもかかわらず、再びキッカー誌のベストイレブンに選出された。ハノーファー96では通算180試合に出場した。最後に出場したのは2009年11月8日のハンブルガーSV戦で、この試合は1-1の引き分けだった。2日後の11月10日に死去した。ロベルト・エンケ フレッシュアイペディアより)

  • ハイコ・ヴェスターマン

    ハイコ・ヴェスターマンから見たハンブルガーSVハンブルガーSV

    シャルケでは本職のCBのみならず、両SB、センターハーフと複数のポジションで起用されたが、本人は処遇に不満を感じ、2010年7月21日にハンブルガーSVへ移籍。移籍早々キャプテンに任命された。ハイコ・ヴェスターマン フレッシュアイペディアより)

  • インスブルック

    インスブルックから見たハンブルガーSVハンブルガーSV

    クルト・ヤーラ - サッカー選手、主にオーストリア・ブンデスリーガ・FCヴァッカー・インスブルックやリーガ・エスパニョーラ・バレンシアCFでプレー。ハンブルガーSV監督時代にはJリーグ・ジュビロ磐田から高原直泰を獲得している。インスブルック フレッシュアイペディアより)

  • アルモグ・コーヘン

    アルモグ・コーヘンから見たハンブルガーSVハンブルガーSV

    2010-11シーズン第3節・ハンブルガーSV戦でスタメン出場しブンデスリーガデビュー。第20節のハンブルガーSV戦でチーム2点目となる初ゴールを挙げ2-0の勝利に貢献した。アルモグ・コーヘン フレッシュアイペディアより)

  • レーネ

    レーネから見たハンブルガーSVハンブルガーSV

    ロベルト・テッシェ(1987年 - )サッカー選手(2013年現在 ハンブルガーSV に所属)。レーネで育ち、長らく VfL メンニヒヒュッフェン に所属した。レーネ フレッシュアイペディアより)

  • アルミン・フェー

    アルミン・フェーから見たハンブルガーSVハンブルガーSV

    2010年7月よりハンブルガーSVの監督を務めるも、ハイコ・ヴェスターマンを筆頭に、ゴイコ・カチャルら実力者を多数抱えながらも、またしてもチームを掌握できず、2011年3月8日に2010-11シーズン限りの退任を表明していたが、12日のバイエルン・ミュンヘン戦での0-6と大敗を受け、予定より2か月早く解任された。3年連続のシーズン途中解任となった。これにより、彼にもうオファーは来ないとさえ思われていた。アルミン・フェー フレッシュアイペディアより)

  • イヴォ・イリチェヴィッチ

    イヴォ・イリチェヴィッチから見たハンブルガーSVハンブルガーSV

    2011-12シーズンは、移籍期限終了日の8月31日にハンブルガーSVへ移籍。4年契約を結んだ。イヴォ・イリチェヴィッチ フレッシュアイペディアより)

  • ダヌツ・コマン

    ダヌツ・コマンから見たハンブルガーSVハンブルガーSV

    2005年1月、FCアルジェシュ・ピテシュティからFCラピド・ブカレストに移籍した。同年9月15日、UEFAカップ 2005-06・1回戦のフェイエノールト戦でUEFAカップに初出場した。ラピド・ブカレストはグループステージでスタッド・レンヌ、FCシャフタール・ドネツク、PAOKテッサロニキに勝利し、決勝トーナメントに進出した。ラウンド32でヘルタ・ベルリン、ラウンド16でハンブルガーSVのドイツ勢に勝利したが、準々決勝で同じルーマニアのFCステアウア・ブカレストに敗れた。ダヌツ・コマン フレッシュアイペディアより)

282件中 61 - 70件表示

「ハンブルガーSV」のニューストピックワード