282件中 71 - 80件表示
  • マレク・ミンタール

    マレク・ミンタールから見たハンブルガーSVハンブルガーSV

    2003-04シーズンには当時ドイツ・ブンデスリーガ2部に所属していたニュルンベルクに移籍し、その年のリーグ戦で18ゴールを挙げ1部昇格の原動力となる。2004-05シーズンのカイザースラウテルン戦でブンデスリーガ1部デビューを果たし、第3節ハンブルガーSV戦でハットトリックを決めるなど24ゴールを叩き込む大活躍でブンデス1部ルーキーイヤーにして得点王を獲得、チームを1部残留に導くと同時にその得点感覚がトップレベルにある事を証明した。マレク・ミンタール フレッシュアイペディアより)

  • マヌエル・フリードリヒ

    マヌエル・フリードリヒから見たハンブルガーSVハンブルガーSV

    2007年7月、3年契約でバイエル・レバークーゼンに移籍した。移籍金は約300万ユーロと推定されている。2007-08シーズンは開幕からレギュラーに定着し、32試合に出場した。シャルケ04やハンブルガーSVなどの上位勢から得点を奪って得点能力の高さを見せつけた。2008-09シーズンは若いDFエンリケとコンビを組み、30試合に出場して3得点を挙げた。2009-10シーズンはベテランのDFサミ・ヒーピアとコンビを組み、4位でUEFAヨーロッパリーグ出場権を獲得した。33節で最下位ヘルタ・ベルリンから奪った得点は、ヘルタのツヴァイテリーガ(2部)降格を確定させる結果となった。マヌエル・フリードリヒ フレッシュアイペディアより)

  • ミヒャエル・プレーツ

    ミヒャエル・プレーツから見たハンブルガーSVハンブルガーSV

    ヘルタ・ベルリン移籍1季目は、コンビを組むアクセル・クルーゼ(de)の影に隠れる形となったが9得点を挙げて自身3度目となる昇格を経験した。翌1997-98シーズンの前半戦でエースのクルーゼが負傷離脱すると、そのチャンスをものにし、チーム最多の14得点を挙げて昇格組ながら11位と躍進するチームを牽引。また、得点力のみならず1998年4月のカールスルーエSC戦(2-0)で左踵での美しい得点から"Preetzinho"とタブロイド紙に呼ばれるほどの技術力の高さを見せる等、3度目となるブンデスリーガの舞台でついに力を示すことに成功した。以降の4季では常にチーム最多の得点源として活躍。特に1998-99シーズンには、得点王争いに名を連ねるほどにまで得点力に磨きがかかり、1999年5月29日に最終節のハンブルガーSV戦(6-1)でハットトリックを達成し、23得点で得点王となってクラブ史上初のUEFAチャンピオンズリーグ出場権獲得へと導いた。その活躍から1999年夏にイングランドのクラブからオファーが申し込まれるも、最後となる契約延長で残留した。2001年夏以降は、新加入のマルセリーニョ・パライーバにエースの座を譲りつつも精力的に活動し、2001年と2002年の2季連続でDFLリーガポカール優勝に貢献。このタイトルが自身のキャリアで獲得した唯一の2つのチームタイトルだった。ミヒャエル・プレーツ フレッシュアイペディアより)

  • ファビアン・エルンスト

    ファビアン・エルンストから見たハンブルガーSVハンブルガーSV

    ハノーファーに生まれ、1983年の4歳の時に地元のハノーファー96の下部組織に入団。様々な世代別カテゴリーを経て、1996年の17歳で同クラブのトップチームとプロ契約を締結した。リベロとしてデビューしたエルンストは、新たなフランツ・ベッケンバウアーと目されるほどの活躍を見せて2部の舞台ながらも1季目から主軸選手としてプレーしていたことから、1998年に同国1部のハンブルガーSVへ引きぬかれ、2000年までの在籍で48試合0得点を記録した。次に在籍したヴェルダー・ブレーメンでもチームの主軸として2003-04シーズンのリーグ戦とDFBポカールの2冠達成に貢献。その活躍が評価されてブレーメン州でプレーする全スポーツ選手を対象とした年間最優秀選手賞を受賞した。ブレーメンを退団するまでの間にリーグ戦で152試合11得点を記録した。2004年12月13日に元同僚ムラデン・クルスタイッチやアイウトンが在籍するシャルケ04と2005-06シーズンからの5年契約を締結。移籍金は、ブレーメンと2005年夏に契約満了となるためにかからない。ファビアン・エルンスト フレッシュアイペディアより)

  • ヨルダン・レチコフ

    ヨルダン・レチコフから見たハンブルガーSVハンブルガーSV

    17歳の時に地元のでキャリアを始めたレチコフは、若手ながらレギュラーを務め、1991-92シーズンに1部で最多優勝記録を有するPFC CSKAソフィアに移籍を果たした。CSKA移籍から程なくしてドイツ1部のハンブルガーSVに引きぬかれ、1992-93シーズンから1995-96シーズンまで在籍した。その後、1996-97シーズンに当時ヨーロッパでトップクラブの1つだったフランス1部のオリンピック・マルセイユに移籍するも、首脳陣と折り合いが悪く1シーズンで退団することになった。ヨルダン・レチコフ フレッシュアイペディアより)

  • スルジャン・ラキッチ

    スルジャン・ラキッチから見たハンブルガーSVハンブルガーSV

    デビュー戦となったハンブルガーSV戦では2ゴールを挙げた。スルジャン・ラキッチ フレッシュアイペディアより)

  • ラッセ・ゾビーヒ

    ラッセ・ゾビーヒから見たハンブルガーSVハンブルガーSV

    2013年7月12日、ハンブルガーSVに移籍決定。契約は3年間。2014年6月、FCザンクトパウリへの期限付き移籍が決定した。ラッセ・ゾビーヒ フレッシュアイペディアより)

  • ルシアーノ・モンソン

    ルシアーノ・モンソンから見たハンブルガーSVハンブルガーSV

    2007-08シーズンにボカ・ジュニアーズからデビューし、リーグ戦14試合に出場した。北京オリンピックでの活躍でハンブルガーSVなどヨーロッパのクラブの注目を集め、2008年8月29日に推定移籍金900万ユーロでスペインのレアル・ベティスに移籍した。9月24日、カンプ・ノウで行われたFCバルセロナ戦(2-3)でデビューし、その試合で移籍後初得点も挙げた。ルシアーノ・モンソン フレッシュアイペディアより)

  • ジャック・ズア

    ジャック・ズアから見たハンブルガーSVハンブルガーSV

    2013年6月25日、ハンブルガーSVに3年契約で移籍。2014年8月29日、スュペル・リグのカイセリ・エルジイェススポルに期限付き移籍することが決定した。ジャック・ズア フレッシュアイペディアより)

  • ハリー・キューウェル

    ハリー・キューウェルから見たハンブルガーSVハンブルガーSV

    2009年3月12日に行われたUEFAカップのハンブルガーSV戦ではエムレ・アシクの退場により、40分間不慣れなセンターバックのポジションでプレイし、ミスもあったが何とか役割を全うした。セカンドレグも同様のポジションを務め、その試合ではPKから得点を記録した。ハリー・キューウェル フレッシュアイペディアより)

282件中 71 - 80件表示

「ハンブルガーSV」のニューストピックワード