181件中 71 - 80件表示
  • トム・トリブル

    トム・トリブルから見たハンブルガーSVハンブルガーSV

    2011年、ヴェルダー・ブレーメンに3年契約で移籍した。1月21日、1.FCカイザースラウテルン戦でブンデスリーガデビューを果たし、ハンブルガーSV戦で初ゴールを記録した。トム・トリブル フレッシュアイペディアより)

  • フェルナンド・メイラ

    フェルナンド・メイラから見たハンブルガーSVハンブルガーSV

    2002年1月に、クラブ史上最高金額となる移籍金750万ユーロでVfBシュトゥットガルトへ移籍した。ゼネラルマネージャーのは、トロフィーのための獲得と説明した。そして、3-0で勝利した26日のハンブルガーSV戦で公式デビューをした。フェルナンド・メイラ フレッシュアイペディアより)

  • エメル・トプラク

    エメル・トプラクから見たハンブルガーSVハンブルガーSV

    2010年1月16日のハンブルガーSV戦でブンデスリーガデビューし、65分までプレー。試合は0-2で負けた。2011年3月の終わりに、引退するサミ・ヒーピアの後釜としてバイエル・レバークーゼンと5年契約を結んだことが発表された。エメル・トプラク フレッシュアイペディアより)

  • ハンス=イェルク・ブット

    ハンス=イェルク・ブットから見たハンブルガーSVハンブルガーSV

    VfBオルデンブルクでキャリアをスタートさせ、ハンブルガーSV、バイヤー・レバークーゼンと順調にキャリアを重ねていき、レバークーゼンでは、2001-2002シーズンにチャンピオンズリーグ決勝に進出するなど、長く正GKとして活躍したが、2006-2007シーズン後半は出場停止中に21歳のレネ・アドラーが活躍しポジションを奪われた。ハンス=イェルク・ブット フレッシュアイペディアより)

  • レイモン・ゲタルス

    レイモン・ゲタルスから見たハンブルガーSVハンブルガーSV

    1976年にRSCアンデルレヒトの監督に就任、就任初年度の1976-77シーズンにUEFAカップウィナーズカップ決勝進出に導いた。決勝ではドイツのハンブルガーSVに1-2で敗れ準優勝に終わるが、翌1977-78シーズンも再び決勝へ駒を進め、オーストリアのFKアウストリア・ウィーンを4-0で下しタイトルを獲得した。レイモン・ゲタルス フレッシュアイペディアより)

  • アバディーンFC

    アバディーンFCから見たハンブルガーSVハンブルガーSV

    特に、現マンチェスター・ユナイテッド監督・アレックス・ファーガソンが指揮を執っていた1978年から1986年は黄金時代であり、リーグにおいて1983-1984シーズン、1984-1985シーズンの連覇を含め3度チャンピオンとなっている。また、ヨーロッパでの大会においても1983年にUEFAカップウィナーズカップで優勝を果し、UEFAスーパーカップでもハンブルガーSVを下して栄冠に輝いている。共にスコットランドのクラブとしてはアバディーンFCのみである。アバディーンFC フレッシュアイペディアより)

  • アレックス・テイシェイラ・サントス

    アレックス・テイシェイラ・サントスから見たハンブルガーSVハンブルガーSV

    1999年にヴァスコ・ダ・ガマのユースでキャリアをスタートした。2008年にトップチームに昇格し、同年1月に行われたドバイチャレンジカップのハンブルガーSV戦でプロデビューを飾った。この大会でマンチェスター・ユナイテッドやエヴァートンから注目を浴びた。この年カンピオナート・ブラジレイロ セリエBでも活躍した。アレックス・テイシェイラ・サントス フレッシュアイペディアより)

  • アテネ・オリンピックスタジアム

    アテネ・オリンピックスタジアムから見たハンブルガーSVハンブルガーSV

    また、オリンピアコスの本拠地ゲオルギス・カライスカキス・スタジアムと共に、サッカーギリシャ代表の試合もここで行われる。UEFAチャンピオンズリーグ(旧UEFAチャンピオンズカップ)の決勝戦も数回行われている(1982-83シーズンにハンブルガーSV対ユヴェントス(1-0)、1993-94シーズンにACミラン対FCバルセロナ(4-0)、2006-07シーズンにACミラン対リヴァプールFC(2-1))。アテネ・オリンピックスタジアム フレッシュアイペディアより)

  • トム・シュターケ

    トム・シュターケから見たハンブルガーSVハンブルガーSV

    バイエル・レバークーゼンやハンブルガーSVなどでプレー後、2010年TSG1899ホッフェンハイムに移籍、そこで評価を高め、引退したハンス=イェルク・ブットの後釜として2012年5月強豪バイエルン・ミュンヘンに移籍。トム・シュターケ フレッシュアイペディアより)

  • 若島津健

    若島津健から見たハンブルガーSVハンブルガーSV

    高校生との練習試合、ヨーロッパ遠征での西ドイツのクラブチームやオランダ、ベルギーとの交流試合ではスタメン出場を果たし、カール・ハインツ・シュナイダーにハットトリックを奪われ右手を負傷させられたハンブルク戦と、その怪我の治療のため休場したブレーメン戦以外では、確実な守りをした。その後、国際ジュニアユース大会で若林源三が全日本に正式加入したが、見上監督は若島津を使い続けた(若林本人が見上監督にそう願い出た)。しかし全日本は勝利したものの、若島津はアルゼンチン戦や準決勝のフランス戦で大量失点を喫してしまう。そのフランス戦はPK戦までもつれ込み、交代枠を使い切ったために右手を負傷していた若島津を変えられなかったが、ナポレオンの強烈なキャノンシュートを右手での捨て身の正拳ディフェンスで防ぎ、全日本を勝利に導いた。若島津健 フレッシュアイペディアより)

181件中 71 - 80件表示

「ハンブルガーSV」のニューストピックワード