282件中 81 - 90件表示
  • マクシミリアン・バイスター

    マクシミリアン・バイスターから見たハンブルガーSVハンブルガーSV

    2004年からハンブルガーSVのユースチームに所属し、2008年8月21日に1.FCマクデブルク戦でリザーブチームでのデビューを果たした、2009年11月22日、VfLボーフム戦でトップチームおよびブンデスリーガ1部デビューを果たした。2010年5月26日、フォルトゥナ・デュッセルドルフにレンタル移籍した。レンタル初年度の2010-11シーズンは26試合に出場し7得点を挙げる。翌年もレンタル移籍は延長され、33試合で11得点を記録し、チームの昇格に貢献。2012-13シーズンからハンブルガーSVに復帰した。復帰初年はチームがダイヤモンド型の中盤を用いたこともありレギュラーを獲得することはできなった。翌年は序盤から好調を維持し、前半戦だけで前年を上回る5得点を挙げるものの、その後負傷をし長期離脱を余儀なくされた。マクシミリアン・バイスター フレッシュアイペディアより)

  • オラ・ジョン

    オラ・ジョンから見たハンブルガーSVハンブルガーSV

    2014年1月、ハンブルガーSVへ半年間の期限付き移籍。オラ・ジョン フレッシュアイペディアより)

  • レイモン・ゲタルス

    レイモン・ゲタルスから見たハンブルガーSVハンブルガーSV

    1976年にRSCアンデルレヒトの監督に就任、就任初年度の1976-77シーズンにUEFAカップウィナーズカップ決勝進出に導いた。決勝ではドイツのハンブルガーSVに1-2で敗れ準優勝に終わるが、翌1977-78シーズンも再び決勝へ駒を進め、オーストリアのFKアウストリア・ウィーンを4-0で下しタイトルを獲得した。レイモン・ゲタルス フレッシュアイペディアより)

  • アンドレイ・パナディッチ

    アンドレイ・パナディッチから見たハンブルガーSVハンブルガーSV

    クロアチア出身のパナディッチは母国のクロアチアの名門ディナモ・ザグレブ、当時ドイツ2部のケムニッツァーFCやKFCユルディンゲン、ドイツ・ブンデスリーガの名門ハンブルガーSVなどでプレー。ハンブルガーSV時代はUEFAチャンピオンズリーグ本大会にも出場、アウェーのスタディオ・デッレ・アルピで行われた試合でユヴェントスを3‐1で破るなどの好結果に貢献した。アンドレイ・パナディッチ フレッシュアイペディアより)

  • マルセロ・ディアス

    マルセロ・ディアスから見たハンブルガーSVハンブルガーSV

    2015年2月2日、ブンデスリーガのハンブルガーSVへ移籍。残留争いに巻き込まれ不安定なチーム状況の中で6試合の出場に留まったが、6月1日に行われたカールスールエとの入れ替え戦の2ndレグでは、後半アディショナルタイムに直接フリーキックを沈めて残留に貢献。しかし翌シーズンも出場時間が限られ、11試合(460分)の出場に留まった。マルセロ・ディアス フレッシュアイペディアより)

  • マレク・サガノフスキ

    マレク・サガノフスキから見たハンブルガーSVハンブルガーSV

    ウッチに生まれ、1994年に地元のŁKSウッチからデビュー。ŁKSウッチには6シーズン在籍し、1996年夏にはオランダのフェイエノールトに、1997年1月にはドイツのハンブルガーSVに半年間ずつレンタル移籍した。どちらのレンタル移籍も成功とは言えず、1997年夏にŁKSウッチに戻ってキャリアを再構築した。1997-98シーズンには22試合に出場したが、1998年には重大な自動車事故を起こし、一時は歩けないほどであった。怪我からゆっくりと回復し、ついに復帰を果たしたが、デビュー当初のような得点能力は戻らずじまいであった。2000年にはヴィスワ・プウォツクに移籍し、その翌年にはオドラ・ヴォジスワフに移籍。2003年1月にレギア・ワルシャワに移籍すると調子を取り戻し、67試合に出場して41得点を挙げた。2005年にはポルトガルのヴィトーリア・ギマランイスに移籍し、2005-06シーズンは12点を刻んだ。2006-07シーズンの初めに移籍金100万ポンドでフランスのトロワACに移籍したが、6試合に途中出場しただけで得点は奪えず、多くの時間をベンチで過ごした。マレク・サガノフスキ フレッシュアイペディアより)

  • ケニー・ダルグリッシュ

    ケニー・ダルグリッシュから見たハンブルガーSVハンブルガーSV

    1977年、ハンブルガーSVに移籍したケヴィン・キーガンの後釜として、440,000ポンドという記録的な移籍金でイングランドのリヴァプールに移籍。2度の得点王を獲得し、7回のリーグ優勝と3回のチャンピオンズカップ優勝などに貢献。リヴァプールのサポーターからは愛され、キング・ケニー (King Kenny) のニックネームで呼ばれた。ケニー・ダルグリッシュ フレッシュアイペディアより)

  • クリスティアン・レデスマ

    クリスティアン・レデスマから見たハンブルガーSVハンブルガーSV

    1997年にAAアルヘンティノス・ジュニアーズからデビュー。CAリーベル・プレート、ハンブルガーSV(ドイツ)、CFモンテレイ(メキシコ)、CAコロン、ラシン・クラブに在籍した。2007年に在籍したCAサン・ロレンソ・デ・アルマグロでプリメーラ・ディビシオン優勝を果たし、オリンピアコスFC(ギリシャ)に移籍金約180万ユーロで移籍。オリンピアコスではUEFAチャンピオンズリーグに出場した。2008年8月にサン・ロレンソにレンタル移籍した。2010年7月13日、フリートランスファーでコロンに加入。クリスティアン・レデスマ フレッシュアイペディアより)

  • ヤコポ・サーラ

    ヤコポ・サーラから見たハンブルガーSVハンブルガーSV

    2001年からアタランタBCのユースチームでキャリアをスタートさせ、2007年にチェルシーFCのユースチームに移籍した。2011年6月1日、チームメートのマイケル・マンシェンと共にハンブルガーSVへ完全移籍した。ヤコポ・サーラ フレッシュアイペディアより)

  • ギョクハン・トレ

    ギョクハン・トレから見たハンブルガーSVハンブルガーSV

    チェルシーでスポーツディレクターも務めていたアルネセンがブンデスリーガ (ドイツ1部) のハンブルガーSVの幹部に就任した影響から両クラブで取引が頻繁に行われるようになり、ヤコポ・サーラ、マイケル・マンシェンに次ぐ3人目の選手として、2011年6月6日にハンブルガーと3年契約を締結した。同年7月30日にで行われたとのDFBポカール1回戦で公式戦、8月6日のボルシア・ドルトムントとの2011-12シーズン開幕戦においてリーグ戦初及び先発出場を飾り、以来、17試合で6アシストを記録する活躍を見せていたが、1月の中断期間中のスポルティング・ロケレンとの親善試合において半月板を損傷したことで、4週間から6週間の離脱を余儀なくされ、最終的に22試合の出場に留まった。ギョクハン・トレ フレッシュアイペディアより)

282件中 81 - 90件表示

「ハンブルガーSV」のニューストピックワード