前へ 1 2 3
30件中 1 - 10件表示
  • ハンブルガーSV

    ハンブルガーSVから見た高原直泰

    ブンデスリーガ創立以来、一度も2部に降格した経験がない唯一のクラブである。2002年から2006年まで高原直泰が所属していた事で知られる。また、漫画『キャプテン翼』においては若林源三が所属するチームとして描かれており、日本での認知度も高い。ハンブルガーSV フレッシュアイペディアより)

  • ハンブルガーSV

    ハンブルガーSVから見たトーマス・ドル

    2005-06シーズン、3位に付ける大躍進を遂げ、オフには左サイドバックとしてファン・パブロ・ソリン、ディフェンスラインの要としてヴァンサン・コンパニ、ヨリス・マタイセン、FWにはブバカル・サノゴやダニエル・リュボヤを獲得したが、2006-07シーズンは全くといっていい程攻守の歯車がかみ合わず、一時期は2部降格圏をさまようまで成績が低迷、トーマス・ドルからフープ・ステーヴェンスへの監督交代でようやく建て直しに成功したが、2000-01シーズン以来の出場となったUEFAチャンピオンズリーグでは、予備戦3回戦でCAオサスナに勝ち抜き本戦出場を決めたものの、アーセナルやポルト、CSKAモスクワと同組となったグループリーグでは第5節まで連敗を続け、最終節のホームで迎えたCSKAモスクワ戦で勝利したものの、1勝5敗でグループリーグ最下位での敗退となってしまった。ハンブルガーSV フレッシュアイペディアより)

  • ハンブルガーSV

    ハンブルガーSVから見たヴァンサン・コンパニ

    2005-06シーズン、3位に付ける大躍進を遂げ、オフには左サイドバックとしてファン・パブロ・ソリン、ディフェンスラインの要としてヴァンサン・コンパニ、ヨリス・マタイセン、FWにはブバカル・サノゴやダニエル・リュボヤを獲得したが、2006-07シーズンは全くといっていい程攻守の歯車がかみ合わず、一時期は2部降格圏をさまようまで成績が低迷、トーマス・ドルからフープ・ステーヴェンスへの監督交代でようやく建て直しに成功したが、2000-01シーズン以来の出場となったUEFAチャンピオンズリーグでは、予備戦3回戦でCAオサスナに勝ち抜き本戦出場を決めたものの、アーセナルやポルト、CSKAモスクワと同組となったグループリーグでは第5節まで連敗を続け、最終節のホームで迎えたCSKAモスクワ戦で勝利したものの、1勝5敗でグループリーグ最下位での敗退となってしまった。ハンブルガーSV フレッシュアイペディアより)

  • ハンブルガーSV

    ハンブルガーSVから見たダニエル・リュボヤ

    2005-06シーズン、3位に付ける大躍進を遂げ、オフには左サイドバックとしてファン・パブロ・ソリン、ディフェンスラインの要としてヴァンサン・コンパニ、ヨリス・マタイセン、FWにはブバカル・サノゴやダニエル・リュボヤを獲得したが、2006-07シーズンは全くといっていい程攻守の歯車がかみ合わず、一時期は2部降格圏をさまようまで成績が低迷、トーマス・ドルからフープ・ステーヴェンスへの監督交代でようやく建て直しに成功したが、2000-01シーズン以来の出場となったUEFAチャンピオンズリーグでは、予備戦3回戦でCAオサスナに勝ち抜き本戦出場を決めたものの、アーセナルやポルト、CSKAモスクワと同組となったグループリーグでは第5節まで連敗を続け、最終節のホームで迎えたCSKAモスクワ戦で勝利したものの、1勝5敗でグループリーグ最下位での敗退となってしまった。ハンブルガーSV フレッシュアイペディアより)

  • ハンブルガーSV

    ハンブルガーSVから見たダニエル・ファン・ブイテン

    低迷の原因として、攻撃の中心であったセルゲイ・バルバレスや守備の要であったダニエル・ファン・ブイテン、ハリド・ブラールズなど前季にチームを支えたメンバーが抜けたことが大きく、また新規加入の選手はドイツ語を話せないものがほとんどで意思疎通が図れていないとの指摘もあった。ハンブルガーSV フレッシュアイペディアより)

  • ハンブルガーSV

    ハンブルガーSVから見たハリド・ブラールズ

    低迷の原因として、攻撃の中心であったセルゲイ・バルバレスや守備の要であったダニエル・ファン・ブイテン、ハリド・ブラールズなど前季にチームを支えたメンバーが抜けたことが大きく、また新規加入の選手はドイツ語を話せないものがほとんどで意思疎通が図れていないとの指摘もあった。ハンブルガーSV フレッシュアイペディアより)

  • ハンブルガーSV

    ハンブルガーSVから見たブバカル・サノゴ

    2005-06シーズン、3位に付ける大躍進を遂げ、オフには左サイドバックとしてファン・パブロ・ソリン、ディフェンスラインの要としてヴァンサン・コンパニ、ヨリス・マタイセン、FWにはブバカル・サノゴやダニエル・リュボヤを獲得したが、2006-07シーズンは全くといっていい程攻守の歯車がかみ合わず、一時期は2部降格圏をさまようまで成績が低迷、トーマス・ドルからフープ・ステーヴェンスへの監督交代でようやく建て直しに成功したが、2000-01シーズン以来の出場となったUEFAチャンピオンズリーグでは、予備戦3回戦でCAオサスナに勝ち抜き本戦出場を決めたものの、アーセナルやポルト、CSKAモスクワと同組となったグループリーグでは第5節まで連敗を続け、最終節のホームで迎えたCSKAモスクワ戦で勝利したものの、1勝5敗でグループリーグ最下位での敗退となってしまった。ハンブルガーSV フレッシュアイペディアより)

  • ハンブルガーSV

    ハンブルガーSVから見たセルゲイ・バルバレス

    低迷の原因として、攻撃の中心であったセルゲイ・バルバレスや守備の要であったダニエル・ファン・ブイテン、ハリド・ブラールズなど前季にチームを支えたメンバーが抜けたことが大きく、また新規加入の選手はドイツ語を話せないものがほとんどで意思疎通が図れていないとの指摘もあった。ハンブルガーSV フレッシュアイペディアより)

  • ハンブルガーSV

    ハンブルガーSVから見たヨリス・マタイセン

    2005-06シーズン、3位に付ける大躍進を遂げ、オフには左サイドバックとしてファン・パブロ・ソリン、ディフェンスラインの要としてヴァンサン・コンパニ、ヨリス・マタイセン、FWにはブバカル・サノゴやダニエル・リュボヤを獲得したが、2006-07シーズンは全くといっていい程攻守の歯車がかみ合わず、一時期は2部降格圏をさまようまで成績が低迷、トーマス・ドルからフープ・ステーヴェンスへの監督交代でようやく建て直しに成功したが、2000-01シーズン以来の出場となったUEFAチャンピオンズリーグでは、予備戦3回戦でCAオサスナに勝ち抜き本戦出場を決めたものの、アーセナルやポルト、CSKAモスクワと同組となったグループリーグでは第5節まで連敗を続け、最終節のホームで迎えたCSKAモスクワ戦で勝利したものの、1勝5敗でグループリーグ最下位での敗退となってしまった。ハンブルガーSV フレッシュアイペディアより)

  • ハンブルガーSV

    ハンブルガーSVから見たAOL

    ドイツで初めてスタジアムのネーミングライツを導入し、ホームスタジアムは2001-02シーズンからAOLの名を冠したAOLアレーナと呼ばれた。2007-08シーズンからはHSHノルトバンクと新たに3年契約を結び、HSHノルトバンク・アレーナと名称が変更された。ハンブルガーSV フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3
30件中 1 - 10件表示

「ハンブルガーSV」のニューストピックワード