87件中 11 - 20件表示
  • ハンブルガーSV

    ハンブルガーSVから見たホルスト・ルベッシュ

    1972?73シーズンにはDFBリーガポカールで優勝。国内リーグではゼーラーの引退と前後して下位に低迷したものの、監督の指揮の下で後にドイツ代表となるマンフレート・カルツ、フェリックス・マガト、らが加入。1975?76シーズンにはDFBポカール決勝で1.FCニュルンベルクを2-0と下し2度目のタイトルを獲得すると、UEFAカップウィナーズカップ 1976-77ではベルギーのRSCアンデルレヒトを2?0と下して初のヨーロッパタイトルを獲得した。さらに1977年5月、イングランドのリヴァプールFCから当時の世界的選手の一人だったケビン・キーガンが移籍。翌1978年1月にはゼネラルマネージャーとしてギュンター・ネッツァー、同年7月には監督としてユーゴスラビアのを招聘。ストライカーのホルスト・ルベッシュも加入し1978-79シーズンにはブンデスリーガ初優勝を果たした。ハンブルガーSV フレッシュアイペディアより)

  • ハンブルガーSV

    ハンブルガーSVから見たエルンスト・ハッペル

    1981年7月、 オーストリアのエルンスト・ハッペルが監督に就任。UEFAカップ1981-82では決勝戦でスウェーデンのIFKヨーテボリに敗れタイトルを逃したが、1981-82シーズンのブンデスリーガでは36試合無敗記録を作り、1978-79シーズン以来2度目のタイトルを獲得。27得点をあげたルベッシュが得点王となった。翌1982-83にはUEFAチャンピオンズカップ 1982-83に出場しソ連のディナモ・キエフやスペインのレアル・ソシエダを下して決勝戦へ進出すると、決勝ではイタリアのユヴェントスFCをマガトの決勝点で1-0と下し初優勝を収めた。またブンデスリーガにおいても連覇を成し遂げるなど、クラブの歴史上において最も成功した瞬間を祝った。その後、1986-87シーズンのブンデスリーガでは2位となり、DFBポカール決勝ではシュトゥットガルター・キッカーズを3-1と下して3度目のタイトルを獲得したが、ハッペルは1987年6月限りで退任した。ハンブルガーSV フレッシュアイペディアより)

  • ハンブルガーSV

    ハンブルガーSVから見たベルト・ファン・マルワイク

    2013-14シーズンも引き続きフィンクが指揮を執ったがシーズン最中に解任され、オランダのベルト・ファン・マルワイクが監督に就任したがチーム状態を立て直すことは出来ず2014年2月に解任。後任にが就任すると最終的に16位となり、SpVggグロイター・フュルトとの入れ替え戦の末にかろうじて残留を決めた。ハンブルガーSV フレッシュアイペディアより)

  • ハンブルガーSV

    ハンブルガーSVから見たフランク・アルネセン

    フランク・アルネセン 2011.10 (暫定)ハンブルガーSV フレッシュアイペディアより)

  • ハンブルガーSV

    ハンブルガーSVから見たギュンター・ネッツァー

    1972?73シーズンにはDFBリーガポカールで優勝。国内リーグではゼーラーの引退と前後して下位に低迷したものの、監督の指揮の下で後にドイツ代表となるマンフレート・カルツ、フェリックス・マガト、らが加入。1975?76シーズンにはDFBポカール決勝で1.FCニュルンベルクを2-0と下し2度目のタイトルを獲得すると、UEFAカップウィナーズカップ 1976-77ではベルギーのRSCアンデルレヒトを2?0と下して初のヨーロッパタイトルを獲得した。さらに1977年5月、イングランドのリヴァプールFCから当時の世界的選手の一人だったケビン・キーガンが移籍。翌1978年1月にはゼネラルマネージャーとしてギュンター・ネッツァー、同年7月には監督としてユーゴスラビアのを招聘。ストライカーのホルスト・ルベッシュも加入し1978-79シーズンにはブンデスリーガ初優勝を果たした。ハンブルガーSV フレッシュアイペディアより)

  • ハンブルガーSV

    ハンブルガーSVから見たヨリス・マタイセン

    2004年、クラブOBのドルが監督に就任。2005-06シーズンは3位でシーズンを終え、オフには左サイドバックとしてファン・パブロ・ソリン、ディフェンスラインの要としてヴァンサン・コンパニ、ヨリス・マタイセン、FWにはブバカル・サノゴやダニエル・リュボヤを獲得したが、2006-07シーズンは攻守の歯車がかみ合わず、一時期は2部降格圏をさまようまで成績が低迷、ドルからへの監督交代で建て直しに成功したが、2000-01シーズン以来の出場となったUEFAチャンピオンズリーグ 2006-07では、予備戦3回戦でCAオサスナに勝ち抜き本戦出場を決めたものの、アーセナルやポルト、CSKAモスクワと同組となったグループリーグでは第5節まで連敗を続け、最終節のホームで迎えたCSKAモスクワ戦で勝利したものの、1勝5敗でグループリーグ最下位での敗退となった。ハンブルガーSV フレッシュアイペディアより)

  • ハンブルガーSV

    ハンブルガーSVから見たマンフレート・カルツ

    1972?73シーズンにはDFBリーガポカールで優勝。国内リーグではゼーラーの引退と前後して下位に低迷したものの、監督の指揮の下で後にドイツ代表となるマンフレート・カルツ、フェリックス・マガト、らが加入。1975?76シーズンにはDFBポカール決勝で1.FCニュルンベルクを2-0と下し2度目のタイトルを獲得すると、UEFAカップウィナーズカップ 1976-77ではベルギーのRSCアンデルレヒトを2?0と下して初のヨーロッパタイトルを獲得した。さらに1977年5月、イングランドのリヴァプールFCから当時の世界的選手の一人だったケビン・キーガンが移籍。翌1978年1月にはゼネラルマネージャーとしてギュンター・ネッツァー、同年7月には監督としてユーゴスラビアのを招聘。ストライカーのホルスト・ルベッシュも加入し1978-79シーズンにはブンデスリーガ初優勝を果たした。ハンブルガーSV フレッシュアイペディアより)

  • ハンブルガーSV

    ハンブルガーSVから見たダニエル・リュボヤ

    2004年、クラブOBのドルが監督に就任。2005-06シーズンは3位でシーズンを終え、オフには左サイドバックとしてファン・パブロ・ソリン、ディフェンスラインの要としてヴァンサン・コンパニ、ヨリス・マタイセン、FWにはブバカル・サノゴやダニエル・リュボヤを獲得したが、2006-07シーズンは攻守の歯車がかみ合わず、一時期は2部降格圏をさまようまで成績が低迷、ドルからへの監督交代で建て直しに成功したが、2000-01シーズン以来の出場となったUEFAチャンピオンズリーグ 2006-07では、予備戦3回戦でCAオサスナに勝ち抜き本戦出場を決めたものの、アーセナルやポルト、CSKAモスクワと同組となったグループリーグでは第5節まで連敗を続け、最終節のホームで迎えたCSKAモスクワ戦で勝利したものの、1勝5敗でグループリーグ最下位での敗退となった。ハンブルガーSV フレッシュアイペディアより)

  • ハンブルガーSV

    ハンブルガーSVから見たマルティン・ヨル

    2008年、オランダのマルティン・ヨルが監督に就任。2008?09シーズンのDFBポカールとUEFAカップ 2008-09はともに準決勝進出を果たすが、いずれもヴェルダー・ブレーメンに敗れ決勝進出を逃した。2009年、ヨルの後任としてブルーノ・ラッバディアが監督に就任。UEFAカップから改編されたUEFAヨーロッパリーグ 2009-10では準決勝進出を果たすが、イングランドのフラムFCに敗れた。ハンブルガーSV フレッシュアイペディアより)

  • ハンブルガーSV

    ハンブルガーSVから見たゴイコ・カチャル

    ブルーノ・ラッバディア監督就任後に最後の数試合で勝ち点10を獲得。特に最終節の前までは自動降格圏内の17位であったが、最終戦のシャルケ戦を2-0でものにし、最終的には逆転で昨シーズンに続き16位となった。山田大記の所属するカールスルーエSCとの入れ替え戦は、第1戦のホームを1-1で引き分けるも、第2戦のアウェー戦を延長戦の末、2-1の勝利で残留を果たした。なおセレッソ大阪から復帰したゴイコ・カチャルはシーズン終盤の31節から33節にかけて3連続ゴールを決め残留に貢献した。ハンブルガーSV フレッシュアイペディアより)

87件中 11 - 20件表示

「ハンブルガーSV」のニューストピックワード