87件中 31 - 40件表示
  • ハンブルガーSV

    ハンブルガーSVから見たデポルティーボ・ラ・コルーニャ

    1999-00シーズンには監督の指揮の下で好調を維持しリーグ戦を3位で終えると、UEFAチャンピオンズリーグ 2000-01予選への出場権を獲得。デンマークのブレンビーIFを下して1次グループリーグへ進出すると、イタリアのユヴェントスFCに対して1勝1引き分けと健闘したもののスペインのデポルティーボ・ラ・コルーニャとギリシャのパナシナイコスFCに競り負けグループ3位で敗退した。ハンブルガーSV フレッシュアイペディアより)

  • ハンブルガーSV

    ハンブルガーSVから見たフラムFC

    2008年、オランダのマルティン・ヨルが監督に就任。2008?09シーズンのDFBポカールとUEFAカップ 2008-09はともに準決勝進出を果たすが、いずれもヴェルダー・ブレーメンに敗れ決勝進出を逃した。2009年、ヨルの後任としてブルーノ・ラッバディアが監督に就任。UEFAカップから改編されたUEFAヨーロッパリーグ 2009-10では準決勝進出を果たすが、イングランドのフラムFCに敗れた。ハンブルガーSV フレッシュアイペディアより)

  • ハンブルガーSV

    ハンブルガーSVから見たヘルタ・ベルリン

    ドイツ・サッカー選手権では1921-22シーズンに初の決勝進出を果たし1.FCニュルンベルクとの対戦となり再試合に持ち込まれたが2試合とも決着がつかずドイツサッカー連盟 (DFB) はハンブルガーSVを勝者と定めたが、クラブはこのタイトルを返上した。翌1922-23シーズンに2大会連続で決勝進出をするとウニオン・オーバーシェーネヴァイデを3-0で下し初タイトルを獲得、1927-28シーズンにはヘルタ・ベルリンを5-2で下し2度目のタイトルを獲得した。ハンブルガーSV フレッシュアイペディアより)

  • ハンブルガーSV

    ハンブルガーSVから見たACミラン

    1953年、後にドイツ代表となるウーヴェ・ゼーラーが入団。1955-56シーズンのDFBポカールでは決勝戦でカールスルーエSCに敗れ準優勝に終わったが、1959?60シーズンのドイツ選手権では決勝で1.FCケルンを3-2と下し32年ぶり3度目のタイトルを獲得。ゼーラーは1960年から選定の始まった年間最優秀選手賞の最初の受賞者となった。1962?63シーズンのDFBポカールでは決勝戦でボルシア・ドルトムントを3-0と下して初優勝を果たすと、国際舞台においてもUEFAカップウィナーズカップ 1967-68ではフランスのオリンピック・リヨンやウェールズのカーディフ・シティFCなどを下して決勝進出、決勝戦ではイタリアのACミランに敗れたものの準優勝の結果を残した。ゼーラーは1964年と1970年にも年間最優秀選手賞を受賞し人気選手となったが、一方で国内リーグでは1963年に発足したブンデスリーガの創設メンバーとなったものの、ゼーラーの現役時代にはリーグタイトルを獲得することは出来なかった。ハンブルガーSV フレッシュアイペディアより)

  • ハンブルガーSV

    ハンブルガーSVから見たSpVggグロイター・フュルト

    2013-14シーズンも引き続きフィンクが指揮を執ったがシーズン最中に解任され、オランダのベルト・ファン・マルワイクが監督に就任したがチーム状態を立て直すことは出来ず2014年2月に解任。後任にが就任すると最終的に16位となり、SpVggグロイター・フュルトとの入れ替え戦の末にかろうじて残留を決めた。ハンブルガーSV フレッシュアイペディアより)

  • ハンブルガーSV

    ハンブルガーSVから見たレアル・マドリード

    UEFAチャンピオンズカップ 1979-80では準決勝でスペインのレアル・マドリードを下し決勝進出を果たすが、決勝ではブライアン・クラフの率いるイングランドのノッティンガム・フォレストFCに0-1で敗退。ハンブルガーSV フレッシュアイペディアより)

  • ハンブルガーSV

    ハンブルガーSVから見たオリンピック・リヨン

    1953年、後にドイツ代表となるウーヴェ・ゼーラーが入団。1955-56シーズンのDFBポカールでは決勝戦でカールスルーエSCに敗れ準優勝に終わったが、1959?60シーズンのドイツ選手権では決勝で1.FCケルンを3-2と下し32年ぶり3度目のタイトルを獲得。ゼーラーは1960年から選定の始まった年間最優秀選手賞の最初の受賞者となった。1962?63シーズンのDFBポカールでは決勝戦でボルシア・ドルトムントを3-0と下して初優勝を果たすと、国際舞台においてもUEFAカップウィナーズカップ 1967-68ではフランスのオリンピック・リヨンやウェールズのカーディフ・シティFCなどを下して決勝進出、決勝戦ではイタリアのACミランに敗れたものの準優勝の結果を残した。ゼーラーは1964年と1970年にも年間最優秀選手賞を受賞し人気選手となったが、一方で国内リーグでは1963年に発足したブンデスリーガの創設メンバーとなったものの、ゼーラーの現役時代にはリーグタイトルを獲得することは出来なかった。ハンブルガーSV フレッシュアイペディアより)

  • ハンブルガーSV

    ハンブルガーSVから見たヴェルダー・ブレーメン

    2008年、オランダのマルティン・ヨルが監督に就任。2008?09シーズンのDFBポカールとUEFAカップ 2008-09はともに準決勝進出を果たすが、いずれもヴェルダー・ブレーメンに敗れ決勝進出を逃した。2009年、ヨルの後任としてブルーノ・ラッバディアが監督に就任。UEFAカップから改編されたUEFAヨーロッパリーグ 2009-10では準決勝進出を果たすが、イングランドのフラムFCに敗れた。ハンブルガーSV フレッシュアイペディアより)

  • ハンブルガーSV

    ハンブルガーSVから見たSSラツィオ

    ハッペルの退任を経て1990年代に入ると下位に低迷するようになり、1990?91シーズンに在籍したトーマス・ドルが当時の記録となる1600万ドイツマルクの移籍金でイタリアのSSラツィオへ移籍したことや、クラブOBのマガトの監督復帰やゼーラーの会長就任などが明るい話題となった。ハンブルガーSV フレッシュアイペディアより)

  • ハンブルガーSV

    ハンブルガーSVから見たIFKヨーテボリ

    1981年7月、 オーストリアのエルンスト・ハッペルが監督に就任。UEFAカップ1981-82では決勝戦でスウェーデンのIFKヨーテボリに敗れタイトルを逃したが、1981-82シーズンのブンデスリーガでは36試合無敗記録を作り、1978-79シーズン以来2度目のタイトルを獲得。27得点をあげたルベッシュが得点王となった。翌1982-83にはUEFAチャンピオンズカップ 1982-83に出場しソ連のディナモ・キエフやスペインのレアル・ソシエダを下して決勝戦へ進出すると、決勝ではイタリアのユヴェントスFCをマガトの決勝点で1-0と下し初優勝を収めた。またブンデスリーガにおいても連覇を成し遂げるなど、クラブの歴史上において最も成功した瞬間を祝った。その後、1986-87シーズンのブンデスリーガでは2位となり、DFBポカール決勝ではシュトゥットガルター・キッカーズを3-1と下して3度目のタイトルを獲得したが、ハッペルは1987年6月限りで退任した。ハンブルガーSV フレッシュアイペディアより)

87件中 31 - 40件表示

「ハンブルガーSV」のニューストピックワード