前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
253件中 1 - 10件表示
  • オートバイ用エンジン

    オートバイ用エンジンから見たハーレー・ダビッドソンハーレーダビッドソン

    オートバイのメーカーによっては、ある特定のエンジン形式に特化した商品構成を持ち、そのメーカーの伝統性をアピールする手段とされることも多い。アメリカのハーレー・ダビッドソンによる横置きの狭角V型2気筒エンジン、イタリアのモト・グッツィによる縦置き90度V型2気筒エンジンなどが代表的な例である。オートバイ用エンジン フレッシュアイペディアより)

  • 疾風伝説 特攻の拓

    疾風伝説 特攻の拓から見たハーレーダビッドソンハーレーダビッドソン

    愛車はノートンタイプのタンク、シングルシートとハーレーダビッドソン用も製造している部品メーカー ルシファーズ・ハンマーのピストンとシリンダーを執事の桧原に組ませた"悪魔の鉄槌(ルシファーズ・ハンマー)"と呼ばれるヤマハ・SR。疾風伝説 特攻の拓 フレッシュアイペディアより)

  • 陸王

    陸王から見たハーレーダビッドソンハーレーダビッドソン

    生産された車両は主としてアメリカのハーレーダビッドソンを源流としていた。陸王の生産に携わった企業は、幾度の買収や倒産を経たため数社に跨っている。陸王 フレッシュアイペディアより)

  • 1976年のロードレース世界選手権

    1976年のロードレース世界選手権から見たハーレーダビッドソンハーレーダビッドソン

    350ccはクラス唯一のワークスであるハーレーダビッドソンのウォルター・ヴィラをプライベーターのヤマハ勢が包囲するという構図となった。開幕戦はヴィラが制したが、第2戦・第3戦は前年のチャンピオンのジョニー・チェコットが連勝してポイント争いをリードした。シーズン中盤はジャコモ・アゴスチーニがダッチTTでMVアグスタに350ccクラス最後の勝利をもたらすなど混戦が続いたが、後半戦になるとヴィラがフィンランドからドイツまで3連勝を飾り、チェコットを振り切ってタイトルを獲得した。1976年のロードレース世界選手権 フレッシュアイペディアより)

  • 甲本ヒロト

    甲本ヒロトから見たハーレーダビッドソンハーレーダビッドソン

    自らカスタムする程のバイク好き(ハーレー・トライアンフ乗り)。アニメ・特撮戦隊ヒーローモノも好む。アニメでは、「タイムボカンシリーズ」や「ドラえもん」、「いなかっぺ大将」を好む。『キン肉マン』も大好きで、「キン肉マン77の謎」の投稿超人コーナーに甲本が考案した超人「クアドロフェニア(名前はザ・フーのアルバム『四重人格(Quadrophenia)』から)」が掲載される。甲本ヒロト フレッシュアイペディアより)

  • 吉村秀雄

    吉村秀雄から見たハーレーダビッドソンハーレーダビッドソン

    航空機関士として入社後は福岡から沖縄、台湾、北京、上海などを飛び回っていた吉村であったが、1941年12月8日の真珠湾攻撃を境に大日本航空は海軍徴用隊、陸軍徴用隊、大日本航空残留組に三分割され、吉村は日本でしばらく経験をつんだ後、海軍徴用隊として1942年7月にはシンガポールへ派遣されることとなった。シンガポールは比較的安定していたため、現地ではギターを弾いたり、ダンスホールに通う、ハーレーダビッドソンを乗り回すなど余裕のある生活が可能であったが、1943年2月6日、バンコクからサイゴンへの道中、前線であったクェゼリン島で弟、清之が戦死したという一報が吉村のもとに届いた。この頃から不安や恐怖を忘れるために、吉村はたびたび深酒をするようになった。1945年、戦況は悪化の一途をたどり、シンガポールにも危険が及んだため吉村は台北へと移動することとなった。ある夜、海軍参謀に呼び出された吉村は特攻機の夜間飛行を先導するという特殊任務を課せられた。銀河に搭乗し予科練を出たばかりの若者16名あまりを死地へ送り出し、弟や予科練時代の旧友の死を受け、吉村は毎晩酒に溺れるような生活を続けた。その結果、胃腫瘍で大量に吐血し、急遽胃の切除手術を受けることとなった。酒におぼれていた吉村には麻酔が効きにくくなっていたため、ベットに手足を縛りつけた状態で手術は行われ、胃の3分の2を切除することになった。予科練第八期生219名中、189名は戦死。こうして終戦を迎えた。吉村秀雄 フレッシュアイペディアより)

  • キアヌ・リーブス

    キアヌ・リーブスから見たハーレーダビッドソンハーレーダビッドソン

    大変なバイク好きで、ノートン製のバイク2台の他ハーレー・ダヴィッドソン、オフロード用のバイクなど複数台のバイクを所有しており、現在でもバイクに乗る姿が目撃されている。一方で転倒、事故も数回起こしており、特に『マトリックス』のクランクイン前に首や脊椎を痛める大事故を起こし、手術が必要なほどの重傷を負った。術後、首にギプスをしたまま映画のアクションシーンの訓練をしている姿が『マトリックス』の特典映像にも見られた。車は黒いポルシェを所有しているが、友人と出かける時に乗る程度で埃をかぶっていることが多いらしい。『マトリックス』シリーズが完結したあと、「映画の成功は特殊効果チームのおかげ」と言い、映画に関わったクリエーター達全員にハーレー・ダヴィッドソンをプレゼントしたという逸話もある。キアヌ・リーブス フレッシュアイペディアより)

  • ZZトップ

    ZZトップから見たハーレーダビッドソンハーレーダビッドソン

    Hogzzilla(ホジラ)はZZトップが所有するハーレーダビッドソン社製のオートバイを改造した改造バイクである。全く同じ仕様のものが2台作成された。同時期に製作されたCadzzilla(キャジラ) (1949年製キャディラックの改造車)と、カラーリングや各パーツの形状が全く同じで、流線的なボディもよく似ている。名前の由来は、ハーレーとゴジラを掛け合わせたものである。ちなみに、上記Cadzzillaの名前はキャディラックとゴジラを掛け合わせたもの。ZZトップ フレッシュアイペディアより)

  • OHV

    OHVから見たハーレーダビッドソンハーレーダビッドソン

    オートバイにおいてはハーレーダビッドソンが1936年のナックルヘッドエンジン以来、伝統的にOHV形式の空冷V型2気筒エンジンを搭載し続けている事が広く知られている。ハーレーのエンジンは典型的な低回転高トルク型の設計で、当時の競合他社の車両も概ねハーレーと同様の状況であった。OHV フレッシュアイペディアより)

  • 徳永暁人

    徳永暁人から見たハーレーダビッドソンハーレーダビッドソン

    ボーカリスト、ベーシスト、作曲家、編曲家(アレンジャー)、作詞家、マニピュレーターとして、ロック、ポップスを主体に、時にはクラシック調を含む「ドラゴンボール」などの映画、テレビの劇伴音楽まで幅広い領域の音楽を制作・発表している。B'zのサポートベーシスト、アレンジャー、ZARDや倉木麻衣等の作・編曲者としても知られている。1990年代は東京(ビーイング)、2000年頃から大阪(GIZA studio)を拠点として活動している。現在はロックバンド「doa」のリーダー、徳永暁人個人としてのライブ、様々なアーティスト等への楽曲提供、若手ミュージシャンの育成など、幅広い活動を行っている。趣味は、バイク、アウトドア。徳永暁人 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
253件中 1 - 10件表示

「ハーレーダビッドソン」のニューストピックワード