301件中 91 - 100件表示
  • ミルウォーキー

    ミルウォーキーから見たハーレーダビッドソンハーレーダビッドソン

    ミルウォーキーは機械、印刷、食品、醸造などの工業が盛んである。有名な企業としては、大型二輪車の大手、ハーレーダビッドソンの本社がある。シカゴに近いが、独自の都市圏を形成している。ミルウォーキー フレッシュアイペディアより)

  • 古澤恵

    古澤恵から見たハーレーダビッドソンハーレーダビッドソン

    趣味はオートバイでのツーリング、キャンプ、料理。バイク歴は20歳のときからで、現在の愛車はハーレーダビッドソンとホンダ・CRM250AR、ヤマハ・YZF-R1。以前はカワサキ・バルカンにも乗っていた。古澤恵 フレッシュアイペディアより)

  • ケーユーホールディングス

    ケーユーホールディングスから見たハーレーダビッドソンハーレーダビッドソン

    株式会社RSケーユー(ハーレーダビッドソン正規ディーラー)ケーユーホールディングス フレッシュアイペディアより)

  • 瞳のカトブレパス

    瞳のカトブレパスから見たハーレーダビッドソンハーレーダビッドソン

    普通自動車免許と大型自動二輪免許を持ち、ハーレー・ダビッドソンと蕎麦をこよなく愛する。嫌いなものは甘いもの、人を待つこと、ニンジン。瞳のカトブレパス フレッシュアイペディアより)

  • 菅野麻友

    菅野麻友から見たハーレーダビッドソンハーレーダビッドソン

    大阪モーターショー(2013年12月 ハーレーダビッドソンブース)菅野麻友 フレッシュアイペディアより)

  • ヨーク (ペンシルベニア州)

    ヨーク (ペンシルベニア州)から見たハーレーダビッドソンハーレーダビッドソン

    今日のヨークはウエイトトレーニングやボディビルなどに使用されるバーベルの生産では中心地である。合衆国重量挙げ殿堂が市中にある。自動二輪車を製造するハーレーダビッドソンの工場がヨークにあり、同社の従業員のほぼ半数がここで雇用されている。ヨーク (ペンシルベニア州) フレッシュアイペディアより)

  • 子育てプレイ

    子育てプレイから見たハーレーダビッドソンハーレーダビッドソン

    47歳→48歳。瑠衣の父親。アリの執事のふりをしているが、実はアリの祖父で父親探しを手伝っている。執事姿の時はアリが選んだかつらを付けている。大塚と敵対する暴走族の元ヘッドで、ハーレーを乗り回す。オープニングタイトルのナレーションも担当。子育てプレイ フレッシュアイペディアより)

  • レンツォ・パゾリーニ

    レンツォ・パゾリーニから見たハーレーダビッドソンハーレーダビッドソン

    レギュレーション変更によってからはロードレース世界選手権の250ccクラスは2気筒以下に制限されることになり、ベネリは350ccクラスに集中することを決定した。1970年はベネリで350ccクラスを走ったパゾリーニだったが、アゴスチーニとキャラザースに次ぐランキング3位に終わると、シーズンオフにハーレーダビッドソンに吸収されたばかりのアエルマッキに移籍した。レンツォ・パゾリーニ フレッシュアイペディアより)

  • IMZ・ウラル

    IMZ・ウラルから見たハーレーダビッドソンハーレーダビッドソン

    当時、ナチス・ドイツと対峙していた、スターリン率いるソビエト連邦は、ドイツの電撃作戦を目の当たりにし、自国の機甲軍団装備の劣勢を悟っていた。特に当時のソ連では軽車両のエンジン設計技術でドイツよりも数段劣っており、ドイツ機甲師団のような戦車などの大型戦闘車両に随伴できる軽車両は非常に少なかった。特に1939年第一次ソ・フィン戦争(冬戦争)によって、その機動力の強化を痛感し、斥候任務や士官移動用に性能の良いオートバイを求めるようになった。そして当時連合国で同盟国であったアメリカ合衆国・ハーレーダビッドソンがR71を解析したXA型バイク1を少数製造したが、ハーレー社がV型エンジン開発に力を注いだため、水平型エンジンバイクの支援を待ち望んだソ連はそれをあきらめ、独自開発を行う事になった。しかし前記のとおり、当時のソ連の軽車両エンジンは旧式で、オートバイ用エンジンもその例に漏れず、TIZ-AM-600型やPMZ-A-750型、ИЖ(IZH・現イズマッシュ。カラシニコフ小銃のメーカー)シリーズというソ連独自のオートバイも存在したが、時の時流のオートバイ設計に比べれば全くの旧式で、後継バイクの開発に苦慮していたが、スウェーデン人内通者によってBMW-R71型の設計図と車両本体がソ連にもたらされ、この車両と設計図を解析し、BMW-R71のまったくのコピーともいえるIMZ-M72を製造することになる。元々BMW-R71自体の基本設計が非常に優秀で、それをコピーしたIMZ-M72も非常に使い勝手がよく、大戦を通じてソ連軍の主力バイク。特にサイドカーとして製造された。大戦後、ソ連は当時のドイツ軍のオートバイ製造関連施設や資料、技術を接収することができ、完全な形で当時のドイツの主力車種、BMW-R75等のBMWシリーズ製造技術を入手することになる。このドイツの関連施設の接収と技術の吸収において、特に側車側の車輪も駆動させるBMW-R75型独特の2輪駆動型サイドカーの製造技術が、現在の形の「ウラル」そして、ウラルの対抗車種「ドニエプル」製造の基礎になるのである(2輪駆動機構のシステムでは、ウラルよりもドニエプルの方が、R75型に近い設計と言われている)IMZ・ウラル フレッシュアイペディアより)

  • 小泉エリ

    小泉エリから見たハーレーダビッドソンハーレーダビッドソン

    24歳のときに大型自動二輪免許を取得。父親は反対していたが、一緒に行った教習所で触発されてしまい、結局、先に申し込んだのは父親の方だった。最初にホンダ・シャドウ750ccを買ったものの、父親が買ったハーレーが羨ましくなり、わずか3か月で売却。その後、ハーレーの2008年式FLSTN・ソフテイルデラックス1600ccを購入した。小泉エリ フレッシュアイペディアより)

301件中 91 - 100件表示