301件中 21 - 30件表示
  • ガールズ、ガールズ、ガールズ

    ガールズ、ガールズ、ガールズから見たハーレー・ダビッドソンハーレーダビッドソン

    ライブでは「ワイルド・サイド」でトミー・リーのドラムセットが360度回転、「ガールズ、ガールズ、ガールズ」ではメンバーがハーレー・ダビッドソンにまたがって登場するシーンが定番になった。ガールズ、ガールズ、ガールズ フレッシュアイペディアより)

  • 殺人機械

    殺人機械から見たハーレーダビッドソンハーレーダビッドソン

    音楽的には、重厚さが増した一方で「テイク・オン・ザ・ワールド」等のポップな楽曲も収録され、音楽評論家のスティーヴ・ヒューイはallmusic.comにおいて「『ステンド・クラス』のプログレッシブな複雑さと『ブリティッシュ・スティール』のスタジアム・ロック路線の過渡期の作品」と評している。この頃より、バンドのステージ衣装はレザー・ジャケットが中心となり、ロブ・ハルフォードはステージでハーレーダビッドソンを乗り回す演出を始めた。殺人機械 フレッシュアイペディアより)

  • ケル・キャラザース

    ケル・キャラザースから見たハーレーダビッドソンハーレーダビッドソン

    キャラザースの指導を得てロバーツは1973年、1974年と2年連続でAMAグランドナショナルチャンピオンとなった。この時はダートトラックだけはハーレーダビッドソンのマシンの方が速かったのだが、ヤマハはハーレーと争う道を選ばず、やがてロードレース世界選手権を戦うためにロバーツとキャラザースをヨーロッパに送り込んだ。そしてロバーツはから3年連続で500ccクラスワールドタイトルを獲得したのである。ケル・キャラザース フレッシュアイペディアより)

  • ウィリアム・シルヴェスター・ハーレー

    ウィリアム・シルヴェスター・ハーレーから見たハーレーダビッドソンハーレーダビッドソン

    ウィリアム・シルヴェスター・ハーレー(英語:William Sylvester Harley、1880年12月29日 - 1943年9月18日)は、アメリカミルウォーキー出身の機械工学者。1903年に同国出身のらと共にオートバイ製造会社であるハーレーダビッドソンの創設者として名高い。ウィリアム・シルヴェスター・ハーレー フレッシュアイペディアより)

  • 1974年のロードレース世界選手権

    1974年のロードレース世界選手権から見たハーレーダビッドソンハーレーダビッドソン

    この年、250ccクラスを席巻するヤマハの市販マシンの前に立ち塞がったのは、このクラスに唯一ワークスチームを送り込んだハーレーダビッドソンだった。ただし、このマシンはハーレーの名を冠してはいたものの中身はハーレーに吸収されたイタリアのアエルマッキ製のものである。このマシンに乗るウォルター・ヴィラはイタリアGPでグランプリ初勝利を挙げるとその後もシーズンを通して好調さを維持し、4勝を挙げてディーター・ブラウンやパトリック・ポンスといった強豪プライベーターたちを押さえてタイトルを獲得した。1974年のロードレース世界選手権 フレッシュアイペディアより)

  • 1975年のロードレース世界選手権

    1975年のロードレース世界選手権から見たハーレーダビッドソンハーレーダビッドソン

    開幕戦のフランスGPではヤマハに乗るジョニー・チェコットが350ccとのダブルウィンというセンセーショナルなグランプリデビューを飾ったが、ハーレーダビッドソンワークスで前年度チャンピオンのウォルター・ヴィラは第2戦から3連勝でシーズンの主導権を握った。チェコットはベルギーで2勝目を挙げ、ヴィラのチームメイトであるミシェル・ルージュリーもフィンランドでグランプリ初勝利を挙げるなどヴィラとタイトル争いができるほどまでに力を付けてきていたが、スウェーデンまでの8戦で5勝を挙げたヴィラが彼らを振り切ってタイトルを守った。1975年のロードレース世界選手権 フレッシュアイペディアより)

  • グレアム島

    グレアム島から見たハーレーダビッドソンハーレーダビッドソン

    東日本大震災による津波で、6500キロメートル離れた宮城県山元町から流されたコンテナ内部から、ハーレーダビッドソンが発見されたのは、ブリティッシュコロンビア州にある同名のグラハム島。グレアム島 フレッシュアイペディアより)

  • スコット・ラッセル

    スコット・ラッセルから見たハーレーダビッドソンハーレーダビッドソン

    ラッセルは1999年、2000年とAMAスーパーバイクでハーレーダビッドソンのマシンを駆ったが、成功は収められなかった。2001年の開幕戦デイトナ200、ラッセルはHMC・ドゥカティチームからエントリーした。ドゥカティは "ミスター・デイトナ" が同社にデイトナ200初優勝をもたらしてくれることを期待していたが、スタートでラッセルのマシンはエンジンストールを起こし、コースサイドにマシンを避けようとしていた時に後続車が追突。結局ラッセルはこのときに負った重傷が原因で、トップレーサーとしてのキャリアを終えることになった。スコット・ラッセル フレッシュアイペディアより)

  • 健太やります!

    健太やります!から見たハーレーダビッドソンハーレーダビッドソン

    女子バレー部・辻監督の要請を受け男子バレー部のコーチを買って出た男。13年前に坂見台を卒業したということなので推定年齢は31?32歳。バレーの戦術、理論、適材適所を見抜く慧眼は確かなものがある。とりわけ健太のレシーブが誠陵に勝つための絶対必要条件と見抜き、実際に健太のレシーブが幾度となくピンチを救った。皮肉屋で自己本位のスパルタを厭わないやり方に前田らが反発したが、着実に坂見台の実力を強化させた。本業はフリーカメラマンだが、仕事そっちのけでコーチに邁進するなど、バレーにかける熱意、情熱も人一倍強い。当初は「根性」を否定し、感情でやるバレーはまた感情で墓穴を掘るという信条のもと、完璧に理論的・技巧的なバレーを基本としていたが、坂見台の「根性バレー」を少しずつ認めるようになっていく。その結果「根性」と理論・技巧がうまく融合した新たな坂見台スタイルが確立されていく。元々はバレー部のOBで、現役時代に廃部寸前のバレー部を救うも誠陵に1点も取れずに負け、更なるチーム強化を図ったがあまりに厳しすぎる練習に他のメンバー(東海高校監督の巻田は同期)がついてこられず、チームを空中分解させてしまった苦い過去を持つ。最終的に自分たちが全く及ばなかった誠陵に拮抗する実力を付けた健太、前田らを見て「(一緒にプレーしたかったが)早く生まれすぎた」と彼ながらの讃辞を送っている。大型バイクを所持しており、初登場時には爆音を鳴らしバレー部のグラウンドコートに乗り付けた。一児のパパで子煩悩な一面も見せる。健太やります! フレッシュアイペディアより)

  • Colors of Life

    Colors of Lifeから見たハーレーダビッドソンハーレーダビッドソン

    ロック界を席巻するミュージシャンとハーレーダビッドソンを多用したインディーズムービー。上映場所は全国30ヶ所を超え、その後発売されたDVDもインディーズとしては、異例の好セールスを記録中。2003年製作、アップリンクファクトリーよりDVD発売。Colors of Life フレッシュアイペディアより)

301件中 21 - 30件表示

「ハーレーダビッドソン」のニューストピックワード