253件中 31 - 40件表示
  • モト・モリーニ

    モト・モリーニから見たハーレーダビッドソンハーレーダビッドソン

    1981年11月、ミラン・ショーで500ccターボが発表された。84hp/8300rpmを発生するエンジンは量産されなかったが、耐久モデルとして『Camel 500』が、さらに1983年には『Kanguro 350』が発売された。1986年にはクルーズ仕様の『Excalibur』が350ccと500cc二つのタイプで発売された。ハーレーダビッドソンはモト・モリーニのV型エンジンに興味を持ち、小排気量モデルでの使用を検討したが、この計画はモト・モリーニの財政問題が浮かび上がったために頓挫した。モト・モリーニ フレッシュアイペディアより)

  • ロッカーアーム

    ロッカーアームから見たハーレーダビッドソンハーレーダビッドソン

    現在では省燃費・高回転を謳うエンジンの多くに採用されている技術だが、海外ではフォードV8やハーレーダビッドソン、ミニクーパーなどのOHVエンジン向けのアフターパーツとして販売されていることも多い。アフターパーツのローラーロッカーアームは、アーム重量を少しでも減らすためにアルミ合金などの軽量な材質を使用していることもあり、OHVエンジンを高回転・高出力型にチューニングする際には欠かせないパーツの一つともなっている。ロッカーアーム フレッシュアイペディアより)

  • パトリック・シモンズ

    パトリック・シモンズから見たハーレーダビッドソンハーレーダビッドソン

    妻クリス、3人の子供リンジー、ジョッシュ、パトリックJr.がいる。シモンズ夫妻は熱心なオートバイ愛好家であり、ハーレーダビッドソンに乗り、多くのバイク関連イベントに出没し、バイク関連記事の収集を楽しんでいる。またバイクのほかに乗馬、サーフィンなどを愛好する活動的な人物である。パトリック・シモンズ フレッシュアイペディアより)

  • LEVIN

    LEVINから見たハーレーダビッドソンハーレーダビッドソン

    バイクが好きで、ハーレーダビッドソンやビッグスクーターなど、色々なバイクに乗っている。LEVIN フレッシュアイペディアより)

  • 湘南鴨宮自動車学校

    湘南鴨宮自動車学校から見たハーレーダビッドソンハーレーダビッドソン

    大型二輪車:ハーレーダビッドソン883R (HD)湘南鴨宮自動車学校 フレッシュアイペディアより)

  • 浜野麻衣子

    浜野麻衣子から見たハーレーダビッドソンハーレーダビッドソン

    2007年、2008年には、アメリカ大陸をハーレーダビッドソン・スポーツスターと共に放浪していた。浜野麻衣子 フレッシュアイペディアより)

  • 競走車

    競走車から見たハーレーダビッドソンハーレーダビッドソン

    1950年(昭和25年)、オートレースが誕生した当初はシリンダー数(気筒)と排気量(容積)によるエンジンの級別区分以外には確たる基準が無く、級別は二輪車に関しては1級車から9級車までが存在するなど雑多を極めていた。ただ排気量などに制限はあったものの、実質的にはほぼ自由に選択できる状況であったため、次第に国産、外車を問わず30にも及ぶメーカーのオートバイが乱立するという状況になった。外車ではハーレーダビッドソンやノートン、トライアンフなどが、国産ではメグロなどが主に使用された。なお今日とは異なりハンドブレーキを装着したマシンも多く存在していた。競走車 フレッシュアイペディアより)

  • クラッチ

    クラッチから見たハーレー・ダビッドソンハーレーダビッドソン

    創成期には四輪に倣って手動レバーによる変速(ハンドシフト)・足踏み式のクラッチが一般的だった。このような足踏み式クラッチの場合、その動作形式によってロッカー・クラッチ (Rocker Clutch) とノンロッカー・クラッチ (Non-Rocker Clutch) に区分される。前者はクラッチのレリーズシャフトを中心に前後にペダルを有するシーソー式フットペダルの操作で動作するもので、ハーレー・ダビッドソンの場合、シーソーの後ろ側を踏み込むとクラッチが切れ、前側を踏み込むとクラッチが繋がり、一度クラッチを切ると前側シーソーを踏み込まない限りクラッチが繋がらない。後者はレリーズシャフトの前側または後ろ側のみにペダルを有するリターン式フットペダルの操作で動作するもので、クラッチ内部にリターンスプリングが設けられている為に、自動車と同じくペダルを踏んでいる間のみクラッチが切れている。クラッチ フレッシュアイペディアより)

  • 滝沢伸介

    滝沢伸介から見たハーレーダビッドソンハーレーダビッドソン

    車やオートバイに造詣が深く、特にヴィンテージのハーレーダビッドソンにおいてはコレクターとして有名であり、プライベートではハーレーでレースにも参加している。滝沢伸介 フレッシュアイペディアより)

  • マルコム・フォーブス

    マルコム・フォーブスから見たハーレーダビッドソンハーレーダビッドソン

    豪華なライフスタイルは伝説的で、ジェット機や複数の大型ヨットを所有していた。収集品としては膨大な美術品やハーレーダビッドソンのバイク、フランスの城、特別な形の熱気球などがある。豪勢な誕生日パーティーを開き、特にモロッコでの70歳記念パーティーは有名である。兄のブルースと父バーティーの仕事を手伝いながら、ニュージャージー州知事への立候補など政界進出も試みる。バーティーが死んで三年後の1957年まで雑誌に常勤で専念する。ブルースが1964年に死去すると、会社の全支配権を手に入れた。マルコム・フォーブス フレッシュアイペディアより)

253件中 31 - 40件表示

「ハーレーダビッドソン」のニューストピックワード