253件中 61 - 70件表示
  • Colors of Life

    Colors of Lifeから見たハーレーダビッドソンハーレーダビッドソン

    ロック界を席巻するミュージシャンとハーレーダビッドソンを多用したインディーズムービー。上映場所は全国30ヶ所を超え、その後発売されたDVDもインディーズとしては、異例の好セールスを記録中。2003年製作、アップリンクファクトリーよりDVD発売。Colors of Life フレッシュアイペディアより)

  • Let'sダチ公

    Let'sダチ公から見たハーレーダビットソンハーレーダビッドソン

    海西高校草番。スキンヘッドに、前面から後頭部にかけて縞状に切り傷がある。左目に縦に切り傷があり、左眉が無い。漆黒のハーレーダビットソンに乗る。真っ黒なヘルメットとタイトなライダーズスーツを常時着用。Let'sダチ公 フレッシュアイペディアより)

  • IMZ・ウラル

    IMZ・ウラルから見たハーレーダビットソンハーレーダビッドソン

    当時、ナチス・ドイツと対峙していた、スターリン率いるソビエト連邦は、ドイツの電撃作戦を目の当たりにし、自国の機甲軍団装備の劣勢を悟っていた。特に当時のソ連では軽車両のエンジン設計技術でドイツよりも数段劣っており、ドイツ機甲師団のような戦車などの大型戦闘車両に随伴できる軽車両は非常に少なかった。特に1939年第一次ソ・フィン戦争(冬戦争)によって、その機動力の強化を痛感し、斥候任務や士官移動用に性能の良いオートバイを求めるようになった。そして当時連合国で同盟国であったアメリカ合衆国・ハーレーダビットソン社がR71を解析したXA型バイク1を少数製造したが、ハーレー社がV型エンジン開発に力を注いだため、水平型エンジンバイクの支援を待ち望んだソ連はそれをあきらめ、独自開発を行う事になった。しかし前記のとおり、当時のソ連の軽車両エンジンは旧式で、オートバイ用エンジンもその例に漏れず、TIZ-AM-600型やPMZ-A-750型、ИЖ(IZH・現イズマッシュ。カラシニコフ小銃のメーカー)シリーズというソ連独自のオートバイも存在したが、時の時流のオートバイ設計に比べれば全くの旧式で、後継バイクの開発に苦慮していたが、スウェーデン人内通者によってBMW-R71型の設計図と車両本体がソ連にもたらされ、この車両と設計図を解析し、BMW-R71のまったくのコピーともいえるIMZ-M72を製造することになる。元々BMW-R71自体の基本設計が非常に優秀で、それをコピーしたIMZ-M72も非常に使い勝手がよく、大戦を通じてソ連軍の主力バイク。特にサイドカーとして製造された。大戦後、ソ連は当時のドイツ軍のオートバイ製造関連施設や資料、技術を接収することができ、完全な形で当時のドイツの主力車種、BMW-R75等のBMWシリーズ製造技術を入手することになる。このドイツの関連施設の接収と技術の吸収において、特に側車側の車輪も駆動させるBMW-R75型独特の2輪駆動型サイドカーの製造技術が、現在の形の「ウラル」そして、ウラルの対抗車種「ドニエプル」製造の基礎になるのである(2輪駆動機構のシステムでは、ウラルよりもドニエプルの方が、R75型に近い設計と言われている)IMZ・ウラル フレッシュアイペディアより)

  • JOE BAR TEAM

    JOE BAR TEAMから見たハーレーダビッドソンハーレーダビッドソン

    バイクはダックス・ホンダとハーレーダビッドソンXLH883 スポーツスター。JOE BAR TEAM フレッシュアイペディアより)

  • 軽井沢シンドローム

    軽井沢シンドロームから見たハーレーダビッドソンハーレーダビッドソン

    ひょんな事から耕平たちと知り合い、耕平の愛人(二号)となる。ハーレーダビッドソンFLH80に乗っている美女で「ハーレー」と呼ばれたり「ノン」と呼ばれたりする。セカンドバイクはスズキ・カタナ(GSX1100S)。元看護婦で、何故か薬局で働いている。彼女も暴走族「蟻(アント)」の元リーダー(通称「黒の女王」)であった。実家は資産家である。耕平が結婚する前、耕平の子を身ごもったという疑いが出たとき、耕平は彼女と結婚する決意も固めた。耕平に子供が生まれたとき、警察官と暴走族という旧知である田口と一時いい関係になるが、結局耕平一筋であった。作中の女性では最もモテる。軽井沢シンドローム フレッシュアイペディアより)

  • ウォルター・ヴィラ

    ウォルター・ヴィラから見たハーレーダビッドソンハーレーダビッドソン

    1970年代初頭、ハーレーダビッドソンは125ccの軽量モデルから大排気量Vツインのモデルまでラインナップを充実させるため、経営に苦しんでいたイタリアのアエルマッキを買収した。最初にアエルマッキから引き継いだ4ストローク水平単気筒エンジンのモデルを発表し、次にオリジナルの2ストロークエンジンを開発したハーレーはレース活動にも力を入れるようになる。グランプリへの参戦に当たってハーレーが契約したのがヴィラであった。ヴィラはハーレーの期待に応えてマシン開発にも貢献し、自らグランプリで勝てるまでに育てたマシンでからまで3年連続250ccクラスチャンピオンに輝いた。更に1976年は350ccクラスとのダブルタイトルだった.。ウォルター・ヴィラ フレッシュアイペディアより)

  • ハーレーダビッドソン・ツーリング

    ハーレーダビッドソン・ツーリングから見たハーレーダビッドソンハーレーダビッドソン

    ハーレーダビッドソン・ツーリング (Harley-Davidson Touring ) とは、アメリカのオートバイメーカー・ブランドであるハーレーダビッドソンが製造しているオートバイシリーズ。ハーレーダビッドソン・ツーリング フレッシュアイペディアより)

  • フォード・Fシリーズ

    フォード・Fシリーズから見たハーレーダビッドソンハーレーダビッドソン

    大きく丸みを帯びたボディが特徴。当時は、この斬新なデザインが話題を呼んだ。1999年モデルで、F-250、F-350が、スーパーデューティーとして独立。以降は、一般的なF-150とは別設計になる。2001年モデルで、フレアーサイド仕様にF-150初のクルーキャブ仕様が登場。オートバイメーカーのハーレーダビッドソンや、テキサス州のキングランチ牧場とタイアップしたモデルなど多彩なモデルが登場し、11代目にも受け継がれている。その一方で衝突安全性が著しく低い事が実証されている。フォード・Fシリーズ フレッシュアイペディアより)

  • マナウスフリーゾーン

    マナウスフリーゾーンから見たハーレーダビットソンハーレーダビッドソン

    コカコーラ社、ペプシコーラ社、ジレット社(剃刀)、ハーレーダビットソン社、ゼロックス社マナウスフリーゾーン フレッシュアイペディアより)

  • フール・フォー・ザ・シティ

    フール・フォー・ザ・シティから見たハーレーダビッドソンハーレーダビッドソン

    スケープゴウトのリーダー。唯一、旧式バイク(現代の内燃機関式)に乗っており、しかも愛車は世界にただ1台残ったハーレーである。ラスやマコトとも親しい。フール・フォー・ザ・シティ フレッシュアイペディアより)

253件中 61 - 70件表示