301件中 61 - 70件表示
  • ケンドル (オイル)

    ケンドル (オイル)から見たハーレーダビットソンハーレーダビッドソン

    アメリカ本国では二輪専用ケンドールGT-1が販売されているが、日本には正規、並行輸入双方ともラインナップされていない。よって正規輸入元のイワサキも、並行輸入業者もJASO規格表示のない四輪用ケンドールGT-1をバイクにも推奨している。そのため摩擦特性と粘度選定には注意が必要である。(並行業者のWEBでは「0W-20に20W-50を使うことも、20W-50指定に0W-20を使うことも可能」と記されているため、特に注意が必要である。イワサキはBMWの二輪車とハーレーダビットソンといった湿式クラッチではない車種をWEBで使用例に挙げている。)極端に指定粘度が異なるオイルを充填した場合、例えば0W-20指定車に20W-50のような高粘度オイルを用いた場合は省燃費性が悪化したりパワーがロスするだけでなく、始動性不良やドライスタートのダメージ、そしてオイルポンプに負担を与えたり、VVTやHLAの機能を損なう恐れがある。逆に20W-50指定に0W-20のような低粘度オイルを用いた場合は、過度のオイル消費や音・振動の増大だけにとどまらす、シリンダーの圧縮の低下、そして過度の摩耗が進行する。特に2輪車ではエンジンオイルがギヤオイルを兼ねる車種が多いが、高温側が20番ではギヤオイルとしては粘度が低すぎて摩耗が懸念される。四輪車用としても0W-20のオイルでは欧州車のロングドレイン油が要求する、ACEA規格のHTHS粘度を満たすことが難しい。)ケンドル (オイル) フレッシュアイペディアより)

  • メーベルの身替り運転

    メーベルの身替り運転から見たハーレーダビッドソンハーレーダビッドソン

    チャップリンが明確な悪役を演じた数少ない作品。この作品に登場するオートバイも、当時ハーレーダビッドソン(1903年創業)など企業が乱立し、一時代を築こうとしていた「新しい小道具」であった。メーベルの身替り運転 フレッシュアイペディアより)

  • モト・モリーニ

    モト・モリーニから見たハーレーダビッドソンハーレーダビッドソン

    1981年11月、ミラン・ショーで500ccターボが発表された。84hp/8300rpmを発生するエンジンは量産されなかったが、耐久モデルとして『Camel 500』が、さらに1983年には『Kanguro 350』が発売された。1986年にはクルーズ仕様の『Excalibur』が350ccと500cc二つのタイプで発売された。ハーレーダビッドソンはモト・モリーニのV型エンジンに興味を持ち、小排気量モデルでの使用を検討したが、この計画はモト・モリーニの財政問題が浮かび上がったために頓挫した。モト・モリーニ フレッシュアイペディアより)

  • DOHC

    DOHCから見たハーレーダビッドソンハーレーダビッドソン

    例外的にハーレーダビッドソンは自社のカムシャフトが2本のV型2気筒OHVエンジンをTWINCAMと称している。これは自社の従来のエンジンのカムシャフトが1本だったことから、それらと区別するためである。DOHC フレッシュアイペディアより)

  • ハスクバーナ・モーターサイクル

    ハスクバーナ・モーターサイクルから見たハーレーダビッドソンハーレーダビッドソン

    数多くのオートバイメーカーと同様、ハスクバーナも19世紀後半に自転車製造を始めている。1903年にはオートバイ製造に転業している。最初のオートバイであるヒュースキーは輸入されたエンジンを使用した。1918年にはそれまで自社工場での製造が開始された。その頃、スウェーデン陸軍と契約を取り付け、クロスカントリーや長距離オートバイレースイベントにも参加していった。1920年には自社のエンジン工場を新設し、最初のエンジンは、ハーレーダビッドソンやインディアンと同様の550cc4ストローク50度サイドバルブVツインエンジンを設計した。一度、第二次世界大戦前にマン島TTレースのような公道レースで使用するストリート用オートバイを製造した。そしてモトクロスやエンデューロの世界選手権で優勝したことで知られることとなった。1930年には、350ccから500ccクラスのロードレース世界選手権に参戦し、1939年にはスウェーデンでも大きなオートバイメーカーとなっていた。多くのレース用バイクは1931年にFolke Mannerstedtによって設計された50度Vツイン試作型が基本となった。サイドバルブは多くのバイクでナトリウム冷却が使われていたとき、一度に一風変わったアルミニウムシリンダーが使われた。ハスクバーナのチームは1931年のスウェーデングランプリでRagnar SundqvistとGunnar Kalenの1-2フィニッシュでノートンのチームを下した。この来年度の成功はハスクバーナのチームで参加するStanley WoodsとErnie NottはGPトラックに完全に傾倒するようになっていった。その年、Nottは350ccジュニアTTにおいて3位でゴールし、WoodsはシニアTTにおいてゴール目前の8マイルでガス欠となった。1935年には会社側がサポートから撤退したが新しいバイクが作られたもののレースには不参加となり、しばらくの間は2ストローク2速コミューターバイクの製造に力を入れるようになった。その年、Stanley Woodsは、279ポンドの負荷をかけた500ccハスクバーナ製のオートバイでスウェーデングランプリを優勝した。ハスクバーナ・モーターサイクル フレッシュアイペディアより)

  • 吉宗 (パチスロ)

    吉宗 (パチスロ)から見たハーレーダビッドソンハーレーダビッドソン

    バイク:追っかけ演出で、吉宗がハーレーダビッドソンに乗っている。比較的発生しやすい。復活演出の中で唯一の確定パータン。追っかけに失敗し逃走されてからの復活が多いが、追っかけ途中またはいきなりハーレーに乗る確定演出もある。吉宗 (パチスロ) フレッシュアイペディアより)

  • 堀光一路

    堀光一路から見たハーレーダビッドソンハーレーダビッドソン

    中古車販売の仕事を経て1978年にバイクのカスタムペイントショップを開業する。その後移転した際に店名を「フリーダム ヴィンテージサイクルス」と改め、現在は1936年から1948年までの希少性の高いヴィンテージハーレーダビッドソンのカスタマイズやレストアも行っている。また、自身もそれらのヴィンテージ・ハーレーダビッドソンに跨り、レースに参戦している。堀光一路 フレッシュアイペディアより)

  • 1977年のロードレース世界選手権

    1977年のロードレース世界選手権から見たハーレーダビッドソンハーレーダビッドソン

    250ccクラスは前年までのハーレーダビッドソンワークス勢対市販ヤマハ勢という図式に、小排気量クラスで活躍していたモルビデリとグランプリ復帰を果たした日本のカワサキが加わっての争いとなった。ハーレーはこの年も速さを発揮してディフェンディングチャンピオンのウォルター・ヴィラが3勝、新たにチームに加わったフランコ・ウンチーニも2勝を挙げた。ニューカマーのカワサキもドイツGPで清原明彦が自身とKR250にとっての初グランプリでポールポジションを獲るという印象的なデビューを飾り、ミック・グラントはダッチTTで初勝利を挙げるとスウェーデンGPでも2勝目を挙げ、参戦初年度からトップを争える力があることを証明した。しかしハーレーやカワサキはトラブルも多く、ヴィラ、ウンチーニ、グラントらはそれぞれ2勝以上を挙げた反面、半数近いレースでノーポイントに終わった。その一方、モルビデリのマリオ・レガは全12戦中10戦でポイントを獲得するという安定した成績を残し、勝利数こそヴィラやウンチーニより少ない1勝のみに終わったものの全レースのリザルトが選手権のポイント対象となるというポイントシステム変更の恩恵もあって初めてとなるタイトルを獲得した。1977年のロードレース世界選手権 フレッシュアイペディアより)

  • レイクウッド (コロラド州)

    レイクウッド (コロラド州)から見たハーレー・ダビッドソンハーレーダビッドソン

    ハーレー・ダビッドソンのディーラー、コルファックス・アベニュー。1950年代初期からあった映画館に入っている。レイクウッド (コロラド州) フレッシュアイペディアより)

  • 荒木 恵

    荒木恵から見たハーレーダビッドソンハーレーダビッドソン

    ハーレーダビッドソンFXDを所有しており、年数回ツーリングを楽しむ他、ハーレー関連のイベントにも多数出演している。荒木恵 フレッシュアイペディアより)

301件中 61 - 70件表示