253件中 71 - 80件表示
  • チャレンジ三宅島モーターサイクルフェスティバル

    チャレンジ三宅島モーターサイクルフェスティバルから見たハーレーダビッドソンハーレーダビッドソン

    国内オートバイ・メーカーの協力は得られなかったものの、ハーレーダビッドソン、BMW、トライアンフなど海外メーカー数社の協賛を得た。後援はマン島TTレース。この関係でマン島TTレースのトップ・ライダー、イアン・ロッカーがTourist Proに参加した。チャレンジ三宅島モーターサイクルフェスティバル フレッシュアイペディアより)

  • 片山敬済

    片山敬済から見たハーレーダビットソンハーレーダビッドソン

    はケニー・ロバーツもWGPに初参戦したシーズンである。片山と同じ250ccクラスに出場した。このシーズンはイタリアのアエルマッキのエンジンを搭載したハーレーダビットソンのワークス・マシンが速く、ウォルター・ビラが世界チャンピオンとなった。のちのWGP500ccクラスチャンピオンのフランコ・ウンチーニもアエルマッキのハーレーダビットソンに乗っていた時期もあった。片山敬済 フレッシュアイペディアより)

  • ロードレース世界選手権の沿革

    ロードレース世界選手権の沿革から見たハーレーダビッドソンハーレーダビッドソン

    ヤマハが4クラス(500cc、350cc、250cc、125cc)でメーカーチャンピオンを獲得する。500ccクラスでは、フィル・リード(MVアグスタ)が世界チャンピオンに、フランコ・ボネラ(MVアグスタ)がランキング2位になる。またランキングトップ10のうち6台がヤマハ、2台がスズキのマシンであった。350ccクラスは、ジャコモ・アゴスチーニ(ヤマハ)が世界チャンピオンになり、ランキング10位のうち9台をヤマハが占める。残りの1台はウォルター・ビラが駆るハーレーダビッドソン(アエルマッキ)。250ccクラスは、ウォルター・ビラ(ハーレーダビッドソン/アエルマッキ)が世界チャンピオンに、ミッシェル・ルジェリエ(ハーレーダッビソン/アエルマッキ)がランキング9位になる。ランキングトップ10の残りの8台はヤマハが占める。125ccクラスは、ケント・アンダーソン(ヤマハ)が世界チャンピオンになる。ランキング2位と6位もヤマハが獲得する。50ccクラスは、クライドラーがライダー選手権とメーカー選手権を獲得する。ロードレース世界選手権の沿革 フレッシュアイペディアより)

  • 西山徹 (ファッション)

    西山徹 (ファッション)から見たハーレーダビッドソンハーレーダビッドソン

    愛車はポルシェ・カイエン。オートバイは滝沢に譲ってもらった79年式ハーレーダビッドソン。他ベスパも所有。西山徹 (ファッション) フレッシュアイペディアより)

  • ハーレーダビッドソン・VRSC

    ハーレーダビッドソン・VRSCから見たハーレーダビッドソンハーレーダビッドソン

    ハーレーダビッドソン・VRSCとは、アメリカ合衆国のオートバイ製造会社ハーレーダビッドソン初の水冷エンジンを搭載したオートバイのシリーズ名である。ハーレーラインナップの中でVRSCファミリーと呼ばれる、同社製の水冷エンジンを搭載している。ハーレーダビッドソン・VRSC フレッシュアイペディアより)

  • トムセン 陽子

    トムセン陽子から見たハーレーダビッドソンハーレーダビッドソン

    トムセン 陽子(トムセン ようこ、10月13日 - )は、日本のラジオパーソナリティ。兵庫県神戸市出身。日本語、英語、ドイツ語を操るトライリンガル。FM BIRD所属。愛称はトミー。ハーレーダビッドソンに乗っている。父親はドイツ菓子マイスター。トムセン陽子 フレッシュアイペディアより)

  • ワークブーツ

    ワークブーツから見たハーレーダビッドソンハーレーダビッドソン

    ハーレーダビッドソン(Harley-Davidson)ワークブーツ フレッシュアイペディアより)

  • ケル・キャラザース

    ケル・キャラザースから見たハーレーダビッドソンハーレーダビッドソン

    キャラザースの指導を得てロバーツは1973年、1974年と2年連続でAMAグランドナショナルチャンピオンとなった。この時はダートトラックだけはハーレーダビッドソンのマシンの方が速かったのだが、ヤマハはハーレーと争う道を選ばず、やがてロードレース世界選手権を戦うためにロバーツとキャラザースをヨーロッパに送り込んだ。そしてロバーツはから3年連続で500ccクラスワールドタイトルを獲得したのである。ケル・キャラザース フレッシュアイペディアより)

  • V型2気筒

    V型2気筒から見たハーレーダビッドソンハーレーダビッドソン

    振動バランスが良いのはクランクピンを共有する90°V型2気筒エンジンである。この形式は理論上一次振動を0にすることが出来る。一方、これより小さいバンク角もしばしば用いられる。バンク角を小さくすることでエンジンをコンパクトにすることが出来る。90°よりも小さいバンク角を採用した場合、振動は大きくなるが、ホンダのように52°ながらクランクピンを共有せずウェブを介してクランクピンに位相を付けた「位相クランク」で振動を小さくしている例もある。他にも90°以外のバンク角を採用した例としては、スズキの75°やアプリリアの60°などがあるが、最も有名な例としてはハーレーダビッドソンの45°が挙げられる。V型2気筒 フレッシュアイペディアより)

  • 大西正昭

    大西正昭から見たハーレーダビッドソンハーレーダビッドソン

    他、ハーレーダビッドソンでのキャンプツーリングで北海道の土地と自然をモチーフとした愛と生命、出会った土地の子供や動植物を天使と妖精に重ねた絵画、写真(デジタル写真含む)、詩がポストカードなど土産品などとして販売され作家として他方面でも活躍。これら作品は『心象』と『象徴』の2観点からの表現方法。インターネット時代を逆行した宝探し感覚での販売方法提案が長期旅行者からマニア受けされる。作家としては変名 masa の名義。この中には焼き鏝絵などの工芸品もある。大西正昭 フレッシュアイペディアより)

253件中 71 - 80件表示

「ハーレーダビッドソン」のニューストピックワード