253件中 81 - 90件表示
  • up to you

    up to youから見たハーレーダビッドソンハーレーダビッドソン

    ショベルヘッドとは、ハーレーダビッドソンのエンジンの一つ。「1979年製のバイク」の意。up to you フレッシュアイペディアより)

  • 1974年のロードレース世界選手権

    1974年のロードレース世界選手権から見たハーレーダビッドソンハーレーダビッドソン

    この年、250ccクラスを席巻するヤマハの市販マシンの前に立ち塞がったのは、このクラスに唯一ワークスチームを送り込んだハーレーダビッドソンだった。ただし、このマシンはハーレーの名を冠してはいたものの中身はハーレーに吸収されたイタリアのアエルマッキ製のものである。このマシンに乗るウォルター・ヴィラはイタリアGPでグランプリ初勝利を挙げるとその後もシーズンを通して好調さを維持し、4勝を挙げてディーター・ブラウンやパトリック・ポンスといった強豪プライベーターたちを押さえてタイトルを獲得した。1974年のロードレース世界選手権 フレッシュアイペディアより)

  • 1975年のロードレース世界選手権

    1975年のロードレース世界選手権から見たハーレーダビッドソンハーレーダビッドソン

    開幕戦のフランスGPではヤマハに乗るジョニー・チェコットが350ccとのダブルウィンというセンセーショナルなグランプリデビューを飾ったが、ハーレーダビッドソンワークスで前年度チャンピオンのウォルター・ヴィラは第2戦から3連勝でシーズンの主導権を握った。チェコットはベルギーで2勝目を挙げ、ヴィラのチームメイトであるミシェル・ルージュリーもフィンランドでグランプリ初勝利を挙げるなどヴィラとタイトル争いができるほどまでに力を付けてきていたが、スウェーデンまでの8戦で5勝を挙げたヴィラが彼らを振り切ってタイトルを守った。1975年のロードレース世界選手権 フレッシュアイペディアより)

  • チャップス

    チャップスから見たハーレーダビッドソンハーレーダビッドソン

    また、近年ではハーレーダビッドソン等のオートバイに乗るライダー達がレザージャケットと共に装着することも多い。チャップス フレッシュアイペディアより)

  • ケンドル (オイル)

    ケンドル (オイル)から見たハーレーダビットソンハーレーダビッドソン

    アメリカ本国では二輪専用ケンドールGT-1が販売されているが、日本には正規、並行輸入双方ともラインナップされていない。よって正規輸入元のイワサキも、並行輸入業者もJASO規格表示のない四輪用ケンドールGT-1をバイクにも推奨している。そのため摩擦特性と粘度選定には注意が必要である。(並行業者のWEBでは「0W-20に20W-50を使うことも、20W-50指定に0W-20を使うことも可能」と記されているため、特に注意が必要である。イワサキはBMWの二輪車とハーレーダビットソンといった湿式クラッチではない車種をWEBで使用例に挙げている。)極端に指定粘度が異なるオイルを充填した場合、例えば0W-20指定車に20W-50のような高粘度オイルを用いた場合は省燃費性が悪化したりパワーがロスするだけでなく、始動性不良やドライスタートのダメージ、そしてオイルポンプに負担を与えたり、VVTやHLAの機能を損なう恐れがある。逆に20W-50指定に0W-20のような低粘度オイルを用いた場合は、過度のオイル消費や音・振動の増大だけにとどまらす、シリンダーの圧縮の低下、そして過度の摩耗が進行する。特に2輪車ではエンジンオイルがギヤオイルを兼ねる車種が多いが、高温側が20番ではギヤオイルとしては粘度が低すぎて摩耗が懸念される。四輪車用としても0W-20のオイルでは欧州車のロングドレイン油が要求する、ACEA規格のHTHS粘度を満たすことが難しい。)ケンドル (オイル) フレッシュアイペディアより)

  • 団塊ボーイズ

    団塊ボーイズから見たハーレーダビッドソンハーレーダビッドソン

    オハイオ州シンシナティに住む4人の中年男。立派な仕事と家庭を持ちながらもストレスを溜め込む歯科医ダグ、小説家の夢を持ち妻の尻に敷かれる配管工ボビー、恋愛とは無縁のパソコンおたくダドリー、自己破産した挙句妻にも逃げられた元実業家ウディ。大学の同級生だった彼らは、いつも愛車のハーレーダビッドソンを乗り回していた。団塊ボーイズ フレッシュアイペディアより)

  • デュアン・オールマン

    デュアン・オールマンから見たハーレー・ダヴィッドソンハーレーダビッドソン

    『フィルモア・イースト・ライヴ』が夏に発売され、バンドに初めての成功がもたらされたわずか数ヶ月後の10月29日、メイコンでの休暇中にデュアンはハーレー・ダヴィッドソンのバイクを運転中、目の前で急停止したトラックをよけようとして衝突、バイクから投げ出された。その後病院に運ばれたものの内臓損傷により数時間後に死亡した。25歳の誕生日を数週間前にしての事故であった。デュアン・オールマン フレッシュアイペディアより)

  • グレアム島

    グレアム島から見たハーレーダビッドソンハーレーダビッドソン

    東日本大震災による津波で、6500キロメートル離れた宮城県山元町から流されたコンテナ内部から、ハーレーダビッドソンが発見されたのは、ブリティッシュコロンビア州にある同名のグラハム島。グレアム島 フレッシュアイペディアより)

  • 1977年のロードレース世界選手権

    1977年のロードレース世界選手権から見たハーレーダビッドソンハーレーダビッドソン

    250ccクラスは前年までのハーレーダビッドソンワークス勢対市販ヤマハ勢という図式に、小排気量クラスで活躍していたモルビデリとグランプリ復帰を果たした日本のカワサキが加わっての争いとなった。ハーレーはこの年も速さを発揮してディフェンディングチャンピオンのウォルター・ヴィラが3勝、新たにチームに加わったフランコ・ウンチーニも2勝を挙げた。ニューカマーのカワサキもドイツGPで清原明彦が自身とKR250にとっての初グランプリでポールポジションを獲るという印象的なデビューを飾り、ミック・グラントはダッチTTで初勝利を挙げるとスウェーデンGPでも2勝目を挙げ、参戦初年度からトップを争える力があることを証明した。しかしハーレーやカワサキはトラブルも多く、ヴィラ、ウンチーニ、グラントらはそれぞれ2勝以上を挙げた反面、半数近いレースでノーポイントに終わった。その一方、モルビデリのマリオ・レガは全12戦中10戦でポイントを獲得するという安定した成績を残し、勝利数こそヴィラやウンチーニより少ない1勝のみに終わったものの全レースのリザルトが選手権のポイント対象となるというポイントシステム変更の恩恵もあって初めてとなるタイトルを獲得した。1977年のロードレース世界選手権 フレッシュアイペディアより)

  • バトルフィールド1942 シークレット・ウェポン

    バトルフィールド1942 シークレット・ウェポンから見たハーレーダビッドソンハーレーダビッドソン

    XA42サイドカー付ハーレーダビッドソンバトルフィールド1942 シークレット・ウェポン フレッシュアイペディアより)

253件中 81 - 90件表示

「ハーレーダビッドソン」のニューストピックワード