1 2 3 4 次へ
40件中 31 - 40件表示
  • ハーレーダビッドソン

    ハーレーダビッドソンから見た道路交通法

    日本市場では、二輪市場全体が縮小する中、2001年には日本メーカーを抑え750cc超の大型二輪シェア首位を獲得した。1996年の大型自動二輪車免許創設による自動車教習所での免許取得制度確立や、 2005年からの道路交通法改正による自動二輪車の高速道路二人乗り解禁には、ハーレーなど日本国外メーカーの強い要望が背景にあったとされる。ハーレーダビッドソン フレッシュアイペディアより)

  • ハーレーダビッドソン

    ハーレーダビッドソンから見たロードホッパー

    ロードホッパー - ハーレーダビッドソン社供給のエボリューションエンジンを使用したラインナップを持つコンプリートカスタムマシン。株式会社プロト製。ハーレーダビッドソン フレッシュアイペディアより)

  • ハーレーダビッドソン

    ハーレーダビッドソンから見た燃料噴射装置

    1999年にエボリューション1340ccから現行エンジン、ツインカム88・1450ccへ移行が始まり、2000年にはソフテイル系にツインカム88B(バランサー)が積まれ、2007年にはそれらのエンジンを1584ccにボアアップ(ストローク)させた。ツインカム96(キュービックインチ)の登場である。その大排気化に伴い排ガス規制の適合が問題となっていた。 2001年からはマフラーに触媒技術が導入され、2007年には新車販売される全モデルがインジェクション化している。また、触媒機構が従来の酸化触媒から、より環境性能の高い三元触媒に変更された。ハーレーダビッドソン フレッシュアイペディアより)

  • ハーレーダビッドソン

    ハーレーダビッドソンから見たオートバイ

    ハーレーダビッドソン () は、ウィスコンシン州ミルウォーキー市に本部を置くアメリカ合衆国のオートバイ製造会社である。通称ハーレー。ハーレーダビッドソン フレッシュアイペディアより)

  • ハーレーダビッドソン

    ハーレーダビッドソンから見たサイドバルブ

    1912年に、日本陸軍が初めて輸入を行ない、後にサイドカーを中心として軍用車両として用いられた。一時期は日本で「陸王」の名でサイドバルブエンジン搭載の車両がライセンス生産・販売されたこともあったが、製造メーカーが倒産した後は、再び代理店による輸入販売のみとなり、現在は、1989年に日本法人のハーレーダビッドソンジャパンが設立され、正規販売を行なっている。ハーレーダビッドソン フレッシュアイペディアより)

  • ハーレーダビッドソン

    ハーレーダビッドソンから見た宮城県

    東日本大震災による津波で、6500キロメートル離れた宮城県山元町からカナダのグレアム島まで流されたコンテナ内部から、ハーレーダビッドソンが発見された。ハーレーダビッドソン社は無償で修理し、所有者へ送ることを発表している。ハーレーダビッドソン フレッシュアイペディアより)

  • ハーレーダビッドソン

    ハーレーダビッドソンから見たハーレーダビッドソン・スポーツスター

    スポーツスター - 現在の最小排気量である883ccと1202ccの2車種。XR1200は欧州市場の要望により製作された最新スポーツモデル。ハーレーダビッドソン フレッシュアイペディアより)

  • ハーレーダビッドソン

    ハーレーダビッドソンから見たハーレーダビッドソン・ダイナ

    ダイナ - ソフテイルと似た車体を持つが、エンジンはフレームにラバーマウントされるためバランサーなし。ハーレーダビッドソン フレッシュアイペディアより)

  • ハーレーダビッドソン

    ハーレーダビッドソンから見たハーレーダビッドソン・CVO

    CVO - 少量生産として発売されている最新モデル。ハーレーダビッドソン フレッシュアイペディアより)

  • ハーレーダビッドソン

    ハーレーダビッドソンから見たハーレーダビッドソン・ツーリング

    ツーリング - 大型フェアリング(その形態から「やっこ型」と呼ばれる)を被せ、パニアケースやトップケースなどロングツーリングに対応するための重装備を持つ、ハーレーのイメージリーダーといえるシリーズ。ハーレーダビッドソン フレッシュアイペディアより)

1 2 3 4 次へ
40件中 31 - 40件表示

「ハーレーダビッドソン」のニューストピックワード