61件中 41 - 50件表示
  • ハーレーダビッドソン

    ハーレーダビッドソンから見たV型2気筒

    ハーレーダビッドソン社製オートバイ最大の特徴は、大排気量空冷OHV、V型ツインエンジンがもたらす独特の鼓動感と外観であり、これに魅せられた多くのファンがいる。駆動はクランク運動をプライマリーケース内でチェインからベルトに変換され後輪へと伝えるベルトドライブである。国産メーカーの“アメリカン”と呼ばれるカテゴリーのほとんどは、OHC、V型ツインエンジンで、ドライブ以外の特徴を真似たスタイルとなっている。2001年、アメリカ本社最高経営責任者兼会長のブルーステイン氏は、「高級なハーレーからポピュラーなハーレーへ、誰でも乗れるハーレーを目指す」との考えを示している。ハーレーダビッドソン フレッシュアイペディアより)

  • ハーレーダビッドソン

    ハーレーダビッドソンから見た仮面ライダースーパー1

    仮面ライダースーパー1 - 所有マシン・Vジェットのベースマシンハーレーダビッドソン フレッシュアイペディアより)

  • ハーレーダビッドソン

    ハーレーダビッドソンから見たOHV

    ハーレーダビッドソン社製オートバイ最大の特徴は、大排気量空冷OHV、V型ツインエンジンがもたらす独特の鼓動感と外観であり、これに魅せられた多くのファンがいる。駆動はクランク運動をプライマリーケース内でチェインからベルトに変換され後輪へと伝えるベルトドライブである。国産メーカーの“アメリカン”と呼ばれるカテゴリーのほとんどは、OHC、V型ツインエンジンで、ドライブ以外の特徴を真似たスタイルとなっている。2001年、アメリカ本社最高経営責任者兼会長のブルーステイン氏は、「高級なハーレーからポピュラーなハーレーへ、誰でも乗れるハーレーを目指す」との考えを示している。ハーレーダビッドソン フレッシュアイペディアより)

  • ハーレーダビッドソン

    ハーレーダビッドソンから見たサイドカー

    1912年に、日本陸軍が初めて輸入を行ない、後にサイドカーを中心として軍用車両として用いられた。一時期は国内で「陸王」の名でサイドバルブエンジン搭載の車両がライセンス生産・販売されたこともあったが、製造メーカーが倒産した後は、再び代理店による輸入販売のみとなり、現在は、1989年に日本法人のハーレーダビッドソンジャパン(株)が設立され、正規販売を行なっている。ハーレーダビッドソン フレッシュアイペディアより)

  • ハーレーダビッドソン

    ハーレーダビッドソンから見たフリーウェイ

    かつてハーレー社は小型スクーターなども製造していたが、日本のオートバイメーカーとの競合で採算の取れない車種は廃止するなど規模の縮小を行い、現在では「アメリカのフリーウェイで長距離を走る」ために設計された車種が中心となっている。そのため、山間部やサーキットではその能力を発揮できないことになる。アメリカでは警察の交通取締り用としてFLHTPが使用されていた(近年はカワサキ、BMWなど外国車を使用している)。ハーレーダビッドソン フレッシュアイペディアより)

  • ハーレーダビッドソン

    ハーレーダビッドソンから見たクルーザー (オートバイ)

    ハーレーダビッドソン社製オートバイ最大の特徴は、大排気量空冷OHV、V型ツインエンジンがもたらす独特の鼓動感と外観であり、これに魅せられた多くのファンがいる。駆動はクランク運動をプライマリーケース内でチェインからベルトに変換され後輪へと伝えるベルトドライブである。国産メーカーの“アメリカン”と呼ばれるカテゴリーのほとんどは、OHC、V型ツインエンジンで、ドライブ以外の特徴を真似たスタイルとなっている。2001年、アメリカ本社最高経営責任者兼会長のブルーステイン氏は、「高級なハーレーからポピュラーなハーレーへ、誰でも乗れるハーレーを目指す」との考えを示している。ハーレーダビッドソン フレッシュアイペディアより)

  • ハーレーダビッドソン

    ハーレーダビッドソンから見た大型自動二輪車

    日本市場では、二輪市場全体が縮小する中、2001年には国内メーカーを抑え750cc超の大型車シェア首位を獲得した。1996年の大型自動二輪車免許創設による自動車教習所での免許取得制度確立や、 2005年からの道路交通法改正による自動二輪車の高速道路二人乗り解禁には、ハーレー等外国メーカーの強い要望が背景にあったとされる。ハーレーダビッドソン フレッシュアイペディアより)

  • ハーレーダビッドソン

    ハーレーダビッドソンから見た大日本帝国陸軍

    1912年に、日本陸軍が初めて輸入を行ない、後にサイドカーを中心として軍用車両として用いられた。一時期は国内で「陸王」の名でサイドバルブエンジン搭載の車両がライセンス生産・販売されたこともあったが、製造メーカーが倒産した後は、再び代理店による輸入販売のみとなり、現在は、1989年に日本法人のハーレーダビッドソンジャパン(株)が設立され、正規販売を行なっている。ハーレーダビッドソン フレッシュアイペディアより)

  • ハーレーダビッドソン

    ハーレーダビッドソンから見た日本

    かつてハーレー社は小型スクーターなども製造していたが、日本のオートバイメーカーとの競合で採算の取れない車種は廃止するなど規模の縮小を行い、現在では「アメリカのフリーウェイで長距離を走る」ために設計された車種が中心となっている。そのため、山間部やサーキットではその能力を発揮できないことになる。アメリカでは警察の交通取締り用としてFLHTPが使用されていた(近年はカワサキ、BMWなど外国車を使用している)。ハーレーダビッドソン フレッシュアイペディアより)

  • ハーレーダビッドソン

    ハーレーダビッドソンから見た空冷エンジン

    ハーレーダビッドソン社製オートバイ最大の特徴は、大排気量空冷OHV、V型ツインエンジンがもたらす独特の鼓動感と外観であり、これに魅せられた多くのファンがいる。駆動はクランク運動をプライマリーケース内でチェインからベルトに変換され後輪へと伝えるベルトドライブである。国産メーカーの“アメリカン”と呼ばれるカテゴリーのほとんどは、OHC、V型ツインエンジンで、ドライブ以外の特徴を真似たスタイルとなっている。2001年、アメリカ本社最高経営責任者兼会長のブルーステイン氏は、「高級なハーレーからポピュラーなハーレーへ、誰でも乗れるハーレーを目指す」との考えを示している。ハーレーダビッドソン フレッシュアイペディアより)

61件中 41 - 50件表示

「ハーレーダビッドソン」のニューストピックワード

おすすめ画像

おすすめ動画