268件中 31 - 40件表示
  • Nuclear War Now! Productions

    Nuclear War Now! Productionsから見た生物工学生物工学

    2001年、コニシは、カナダのブラックメタル・バンドであるブラスフェミーのライヴをMDレコーダーで録音した。コニシはバンドから許可を取り付け、この録音をレコードとして発売するために、Nuclear war now! Productions を設立した。これ以降、コニシは、バイオテクノロジー技術者としての本業のかたわら、このレーベルを経営している。このレーベルが焦点をあてているのは、ブラックメタルやデスメタルといったジャンルのあまり知られていないバンドの作品を世に出すことであり、また、解散したアーティストらの廃盤になっているシングル盤やアルバムを再リリースすることである。取り上げる作品の選択はオーナーであるコニシの音楽の好みで決まり、商業的にはヨーロッパ市場に焦点が当てられている。2009年と2010年には、ベルリンで3日間にわたって Nuclear war now! Festival が開催され、2012年にも再び開催されることになった。Nuclear war now! Productions は、ギリシャの Kyrck Productions のような小レーベルの作品も扱っており、また、多数のファンジンも扱っており、(ノルウェーのメタル・ファンジン)『Slayer』の最終号は Nuclear war now! Productions が販売を一手に引き受けた.。Nuclear War Now! Productions フレッシュアイペディアより)

  • 岸本正壽

    岸本正壽から見た生物工学生物工学

    1991年(平成3年)6月に代表取締役専務となり、株価が底を打ったと考えて同年秋から特定金銭信託の運用を増やしたが、見込みが外れて株価の下落が続き数十億円以上の含み損が発生したと見られている。1993年(平成5年)6月29日に下山の後を受けて代表取締役社長に就任した。1996年にデジタルカメラ事業に参入し、レンズ技術を活かしやすい高画質路線が功を奏して2年間で初期投資分を回収するなど事業立ち上げに成功している。1999年には、成長の予想されていたバイオテクノロジー事業への参入を決めた。岸本正壽 フレッシュアイペディアより)

  • 人間強化

    人間強化から見た生物工学生物工学

    人間強化技術 (human enhancement technologies, HET) は、単に病気や障害に対処するために使うものから、人間の能力や特性を強化するために使うものまである。HETを先端技術とほぼ同義と見なす向きもある。また、人体への遺伝子工学適用と同義と見る向きもある。一般的には、ナノテクノロジー、生物工学、情報技術、認知科学を集約してヒトの能力を向上させることを指すのに使われている。人間強化 フレッシュアイペディアより)

  • 生化学

    生化学から見た生物工学生物工学

    生物物理学、細胞生物学、分子生物学、などとも関連は深く、また応用化学としては生理学、生物工学、免疫学、遺伝学などとも連携して研究される為に、生化学とそれらの学問分野との境界は曖昧である。原理や方法は医学、薬学、農学などで実利的な応用にも役立ち、医学との連携では医化学や臨床化学というジャンルで呼ばれる場合もある。しかし、現在の生物学の研究は複数のジャンルの手法を駆使して行われることがほとんどであり、その境界は曖昧なものとなっており、寧ろ複合化が進んでいると言える。生化学 フレッシュアイペディアより)

  • 未来ドロボウ

    未来ドロボウから見た生物工学生物工学

    「未来ドロボウ」(みらいドロボウ)は、藤子・F・不二雄(発表時は藤子不二雄名義)の漫画短編。バイオテクノロジーと脳科学をテーマとしたSF短編。未来ドロボウ フレッシュアイペディアより)

  • アプタマー

    アプタマーから見た生物工学生物工学

    核酸アプタマーの人工的創製は生物学や生物工学の分野に大きな影響を与えたが、自然界に存在するアプタマーの概念については、2002年にロナルド・ブレーカーがリボスイッチと呼ばれる分子認識を行う遺伝子調節因子を発見するまで存在しなかった。RNAによる新しい遺伝子調節機構の発見は、RNAワールド仮説の補強にも繋がった。アプタマー フレッシュアイペディアより)

  • マイクロ流体力学

    マイクロ流体力学から見た生物工学生物工学

    マイクロ流体力学 (Microfluidics) は、工学、物理学、化学、生化学、ナノテクノロジー、生物工学にまたがる学際的な分野であり、小体積の流体の多重化、自動化、などの実用的応用がある。マイクロ流体力学は1980年代初頭に出現し、インクジェットプリントヘッド、DNA チップ、技術、マイクロ推進技術、マイクロ熱工学技術の開発に応用されている。この分野では小さな、典型的にはミリメートル以下のスケールに幾何的に拘束された流体の振る舞いや精密な制御が取り扱われる。典型的には、マイクロとは次のような特徴を意味する。マイクロ流体力学 フレッシュアイペディアより)

  • ニュージェダイオーダーシリーズ

    ニュージェダイオーダーシリーズから見た生物工学生物工学

    新共和国と帝国が平和協定を締結し、平和と繁栄を謳歌していた銀河系。しかし突然別銀河からユージャン・ヴォングによる侵略が始まる。ユージャン・ヴォングの驚異的なバイオテクノロジーと勇猛の前に堕落した元老院と新共和国軍は各地で惨敗を重ね士気は暴落、新共和国を裏切りユージャン・ヴォングと結託する惑星も相次いだ。ルーク・スカイウォーカーを始めとするジェダイ・オーダーも奮闘するが、フォースを持たない彼等の存在とジェダイの教義の整合性を巡って半ば分裂状態になる。圧倒的な武力には敵わず遂に首都惑星コルサントが陥落し、新共和国は崩壊した。そして残党は共に敵の脅威に脅かされていた帝国やヘイピーズ・コンソーティアムなど銀河系の各勢力を統合し、新たなに銀河連合自由同盟を結成。邪悪な侵略者に決死の戦いを挑むのであった…。ニュージェダイオーダーシリーズ フレッシュアイペディアより)

  • 創薬

    創薬から見た生物工学生物工学

    創薬(そうやく、drug discovery)とは医学、生物工学および薬学において薬剤を発見したり設計したりするプロセスのことである。創薬 フレッシュアイペディアより)

  • 滅菌

    滅菌から見た生物工学生物工学

    主に医療分野や細胞レベル以下を扱う実験生物学で重視される。ただし、医療現場では消毒のために増殖能力を喪失させる不活化が主目的であるのに対し、分子生物学や生物工学などではDNAやRNAなどの分子構造までも破壊し尽くすことが求められる。医療の歴史においては、フランスの生化学者ルイ・パスツールにより微生物の自然発生が否定され、イギリスの外科医ジョセフ・リスターが手術などの後に、傷口から化膿してくるのは侵入した微生物が原因であると分析した。ここから、外科手術にあたって煮沸以外の方法で手や手術器具を消毒する研究が行われ、フェノールやヨードチンキなどの消毒剤が考案された。滅菌 フレッシュアイペディアより)

268件中 31 - 40件表示

「バイオテクノロジー」のニューストピックワード