1 2 3 4 5 6 7 次へ
69件中 61 - 69件表示
  • 食べ放題

    食べ放題から見たテーブル (家具)

    欧州の一部や北欧などでは「スモーガスボード(smorgasbord)」と呼ばれる種類の食べ放題がある。語源はスウェーデン語で「オープンサンドイッチ」を意味するスモーガス(smorgas)と、「テーブル」を意味するボード(bord)の合成語である。食べ放題 フレッシュアイペディアより)

  • 食べ放題

    食べ放題から見たホテル

    また、アメリカやヨーロッパのホテルでは高級化されたビュッフェ・レストランを設ける例が増加しているといわれ、日本のホテルではレストランでの朝食サービスなどに採用されている。食べ放題 フレッシュアイペディアより)

  • 食べ放題

    食べ放題から見たアメリカ英語

    } ブッフェイイギリス英語発音2: バッフェイアメリカ英語発音: バフェイ食べ放題 フレッシュアイペディアより)

  • 食べ放題

    食べ放題から見たコーラ (飲料)

    なお、北米地域のレストランやファストフード店においては、ソフトドリンクは飲み放題が標準である。コーヒーや紅茶、コーラなどのソーダ類は、特に但し書きのない限りお代わり自由となっている。食べ放題 フレッシュアイペディアより)

  • 食べ放題

    食べ放題から見た日比谷映画

    1957年(昭和32年)、翌年に落成する新館の目玉となるレストランを模索していた帝国ホテル社長の犬丸徹三は、旅先のデンマークでスモーガスボードに出会った。「好きなものを好きなだけ食べる」というスタイルに注目した犬丸は、当時パリのリッツ・ホテルで研修中で後に帝国ホテルコック長となる村上信夫に料理内容の研究を指示した。一方「スモーガスボード」が非常に言いにくく馴染みのない言葉であったため、新しいレストランの名称を社内公募した。その結果「北欧と言えばバイキング」という発想と、当時帝国ホテル脇の日比谷映画劇場で上映されていた『バイキング』(1958年)という映画の中の豪快な食事シーンが印象的だったことから、新店名を『バイキング』に決定し、1958年(昭和33年)8月1日、新しく開館した帝国ホテル第二新館に『インペリアルバイキング』をオープンした。このレストランは大変好評を博し、これを模倣した後発店が定額食べ放題のシステムを「バイキングスタイル」と表現したため、バイキングはビュッフェレストランの代名詞となった。食べ放題 フレッシュアイペディアより)

  • 食べ放題

    食べ放題から見た飲食店

    飲食店においては各種料理の中から任意に選択したメニューを希望するだけ食べることができるサービスの名称として用いられる。また、複数メニューではなく、食材単品、一品料理、スイーツなどを食べ放題の対象とした「一品食べ放題」もある。食べ放題 フレッシュアイペディアより)

  • 食べ放題

    食べ放題から見た飲料

    飲み放題(のみほうだい)は、清涼飲料水やアルコール飲料などの飲料を、一定料金にて指定された範囲から任意のものを選択して希望する量を飲むことが可能な形式。一般に飲み物は原価の安いものが多いので、店舗側にとって食べ放題よりも容易に実施でき、多数の店舗で見ることができる。インターネットカフェ、漫画喫茶、カラオケボックスなど飲食が主目的ではない業種においても実施されているケースもある。飲み放題もビュッフェ形式と注文形式に分かれる。食べ放題 フレッシュアイペディアより)

  • 食べ放題

    食べ放題から見たヨーロッパ

    また、アメリカやヨーロッパのホテルでは高級化されたビュッフェ・レストランを設ける例が増加しているといわれ、日本のホテルではレストランでの朝食サービスなどに採用されている。食べ放題 フレッシュアイペディアより)

  • 食べ放題

    食べ放題から見た北米

    なお、北米地域のレストランやファストフード店においては、ソフトドリンクは飲み放題が標準である。コーヒーや紅茶、コーラなどのソーダ類は、特に但し書きのない限りお代わり自由となっている。食べ放題 フレッシュアイペディアより)

1 2 3 4 5 6 7 次へ
69件中 61 - 69件表示

「バイキング」のニューストピックワード