前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
128件中 1 - 10件表示
  • バスケットボール男子アメリカ合衆国代表

    バスケットボール男子アメリカ合衆国代表から見たバスケットボール世界選手権FIBAバスケットボール・ワールドカップ

    1998年には、NBAの各チームオーナー側と選手側との間で労使問題が発生した。6月にその年のシーズンが終了して間もなく、チーム側が選手たちをあらゆる施設に立ち入らせない処置を取るロックアウトが発動する事態となった。両者の対立は翌年2月まで解消せず、その間選手組合の代表らを除き選手たちはNBAと一切接触を持つことができなかった。したがって、この年の7月末からギリシャのアテネで開催されたFIBA世界選手権に米国はNBA選手(ドラフト指名選手を含む)を送ることができなかった。NBAスター選手が参加しなかったこの年の米国代表は、一般的にはドリームチームとは呼ばれていない。バスケットボール男子アメリカ合衆国代表 フレッシュアイペディアより)

  • オーストラリア

    オーストラリアから見たバスケットボール世界選手権FIBAバスケットボール・ワールドカップ

    外国人としては史上2人目のNBAドラフト1巡目1位指名選手となったアンドリュー・ボーガットが最も有名。国内にはNBLと呼ばれるプロバスケットボールリーグを持つ。男子代表はこれまでにオリンピック出場11回、世界選手権出場9回を誇る。1996年アトランタオリンピック、2000年シドニーオリンピックと2大会連続で4位になるなど、オセアニアの王者としてだけでなく、世界的にも強豪である。その後の2004年アテネオリンピックや2008年北京オリンピック、世界選手権には出場し続けるものの、成績はやや不振気味。現在若手への世代交代の最中でアンドリュー・ボーガットを中心とした新たなチーム作りをしている。このボーガットを中心に、近年NBAにドラフト指名される選手が複数出てきており、復活の兆しが見えている。男子代表チームのニックネームは「Boomers」。ニュージーランド代表とは熾烈なライバル関係にある。オーストラリア フレッシュアイペディアより)

  • バスケットボール欧州選手権

    バスケットボール欧州選手権から見たバスケットボール世界選手権FIBAバスケットボール・ワールドカップ

    1935年に第1回大会が開催された伝統ある大会である。(オリンピックは翌年のベルリンオリンピックから正式種目。世界選手権は1950年から)バスケットボール欧州選手権 フレッシュアイペディアより)

  • リーグ戦

    リーグ戦から見たバスケットボール世界選手権FIBAバスケットボール・ワールドカップ

    バスケットボール世界選手権ではかつて、得点合計÷失点合計 といった指標も用いられていた。リーグ戦 フレッシュアイペディアより)

  • 国際バスケットボール連盟

    国際バスケットボール連盟から見たFIBAバスケットボール・ワールドカップFIBAバスケットボール・ワールドカップ

    FIBAの主催する最も大きな大会は1950年以来開催している4年に1度のバスケットボール世界選手権の開催である。2006年は8月に日本の埼玉県さいたま市を中心会場とし、札幌、仙台、浜松、広島を加えた5都市で開催された。1953年からは女子バスケットボール世界選手権も開催されている。国際バスケットボール連盟 フレッシュアイペディアより)

  • 姚明

    姚明から見たバスケットボール世界選手権FIBAバスケットボール・ワールドカップ

    2004年のアテネ五輪では、1試合平均得点20.7点、1試合平均リバウンド9.3回を挙げ、中国代表をベスト8に導くとともに大会ベスト5(センター部門第1位)に選出された。また2006年のバスケットボール世界選手権においては、大会最高の一試合平均25.3得点を挙げて平均最多得点(得点王)となり、チームもベスト16に進出した。なおその前の2002年におけるバスケットボール世界選手権においても、大会ベスト5(センター部門第1位)に選出されている。2008年の北京オリンピックで中国を率いて、再び世界のベスト8に進出した。また、2003年には、ローレウス世界スポーツ賞における男子年間最優秀成長選手に選出された。姚明 フレッシュアイペディアより)

  • アルゼンチンのスポーツ

    アルゼンチンのスポーツから見たバスケットボール世界選手権FIBAバスケットボール・ワールドカップ

    国内にはLNBと呼ばれるプロバスケットボールリーグがある。多くの有名選手が10代をこのリーグで育ち、20才以降にスペインリーグやセリエAなどの欧州の名門リーグへ移籍し、そしてNBAへと渡っていく。代表はこれまでにオリンピック出場5回、世界選手権出場11回を誇る。2004年アテネ五輪で1992年にアメリカがドリームチームを結成して以来初めてアメリカ以外の国で金メダルを獲得。2008年北京五輪ではエースのジノビリを怪我で欠くも、見事銅メダルを獲得し2大会連続で表彰台に立った。世界選手権では記念すべき第一回大会に開催国として出場し、見事優勝した。2002年にはジノビリらの活躍で銀メダルを獲得。アルゼンチンのスポーツ フレッシュアイペディアより)

  • 奈良節雄

    奈良節雄から見たバスケットボール世界選手権FIBAバスケットボール・ワールドカップ

    卒業後、日本鉱業に入社。ローマ、東京五輪にも出場。東京五輪では主将を務めた。世界選手権も1963年に出場した。奈良節雄 フレッシュアイペディアより)

  • 宮武庸介

    宮武庸介から見たバスケットボール世界選手権FIBAバスケットボール・ワールドカップ

    世界選手権でも2002年・2006年の2大会連続で審判に選ばれる。2002年大会では準決勝、2006年大会では5位決定戦を担当。宮武庸介 フレッシュアイペディアより)

  • マーク・プライス

    マーク・プライスから見たバスケットボール世界選手権FIBAバスケットボール・ワールドカップ

    1994年に行われたバスケットボール世界選手権ではドリームチームIIの一員に選ばれて金メダルを獲得している。マーク・プライス フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
128件中 1 - 10件表示