138件中 91 - 100件表示
  • 許載

    許載から見たバスケットボール世界選手権FIBAバスケットボール・ワールドカップ

    1990年 バスケットボール世界選手権で史上最多の62得点を記録した。許載 フレッシュアイペディアより)

  • 冬季オリンピック

    冬季オリンピックから見たFIBAバスケットボール・ワールドカップFIBAバスケットボール・ワールドカップ

    冬季オリンピック(冬季オリンピック、仏:Jeux olympiques d'hiver、英:Winter Olympic Games)は、近代オリンピックの一種で、4年に1度、冬期に行われる。1924年に開催された第1回大会のシャモニーオリンピックから1992年に開催された第16回大会の1992年アルベールビルオリンピックまでは夏季オリンピックと同じ年に開催していたが、1994年リレハンメルオリンピック以降、夏季オリンピック開催年の中間となる年(4で割れない偶数年、FIFAワールドカップ、バスケットボール、バレーボール、ハンドボールなどの世界選手権と同年)に開催されるように改正された。随って、リレハンメルオリンピックは例外的に前大会の2年後に行なわれた唯一の大会である。日本語での正式名称はオリンピック冬季競技大会。冬季オリンピック フレッシュアイペディアより)

  • デヤン・ボディロガ

    デヤン・ボディロガから見たバスケットボール世界選手権FIBAバスケットボール・ワールドカップ

    ユーゴスラビア代表としてもユーロバスケ3度優勝、さらにアトランタ五輪で銀メダル、世界選手権では1998年・2002年で連覇に貢献し、1998年には大会MVPを受賞した。デヤン・ボディロガ フレッシュアイペディアより)

  • NBAライブ

    NBAライブから見たバスケットボール世界選手権FIBAバスケットボール・ワールドカップ

    カバープレイヤーはギルバート・アリーナス。フリースタイルスーパースターを廃止。能力や状況に応じて自動的にスーパープレーが発動されるようになった。また、選手ごとにシュートのエリア別の得意不得意が設定された。FIBAバスケットボール世界選手権モードを新たに搭載した。NBAライブ フレッシュアイペディアより)

  • FIBAアジアチャレンジ

    FIBAアジアチャレンジから見たFIBAバスケットボール・ワールドカップFIBAバスケットボール・ワールドカップ

    アジア勢のレベルアップを目的として、2004年に新設された大会である。当初の大会名はFIBAアジアスタンコビッチカップ(FIBA-Asia Stanković Cup)で、アジア勢の低迷を気にかけていた当時の国際バスケットボール連盟(FIBA)事務総長・ボリスラヴ・スタンコビッチに由来する。なお、スタンコビッチの名を冠した大会としては他に「スタンコビッチ・コンチネンタル・チャンピオンズカップ」がある。優勝チームには開催翌年のアジアカップ(ワールドカップやオリンピックの予選を兼ねる)の出場権が、2位?5位のチームが所属するサブゾーンにはそれぞれ出場枠が与えられる(アジア選手権開催地除く)。FIBAアジアチャレンジ フレッシュアイペディアより)

  • ネイスミス・トロフィー

    ネイスミス・トロフィーから見たFIBAバスケットボール・ワールドカップFIBAバスケットボール・ワールドカップ

    ネイスミス・トロフィー(Naismith Trophy)は、男子バスケットボールの国際大会であるFIBAバスケットボール・ワールドカップの優勝国に贈られるトロフィーである。トロフィーはバスケットボール発案者ジェームズ・ネイスミスに因む。ネイスミス・トロフィー フレッシュアイペディアより)

  • 1974年バスケットボール世界選手権

    1974年バスケットボール世界選手権から見たFIBAバスケットボール・ワールドカップFIBAバスケットボール・ワールドカップ

    1974年FIBAバスケットボール世界選手権は、1974年7月3日から14日までプエルトリコのサンフアンで行われた第7回バスケットボール世界選手権1974年バスケットボール世界選手権 フレッシュアイペディアより)

  • クリス・ポール

    クリス・ポールから見たバスケットボール世界選手権FIBAバスケットボール・ワールドカップ

    2006年に日本で開催された世界選手権にアメリカ代表として出場し、ポールは9試合中6試合に先発出場し、通算44アシスト17スティール9ターンオーバーを記録する。代表は順調に勝ち進み、準決勝でギリシャと対戦。ポールはギリシャの201cmの長身ポイントガード、セオドロス・パパルーカスとのミスマッチに苦しみ、チームも敗戦。銅メダルに終わった。クリス・ポール フレッシュアイペディアより)

  • アンドリュー・ボーガット

    アンドリュー・ボーガットから見たバスケットボール世界選手権FIBAバスケットボール・ワールドカップ

    2006年に日本で開催されたバスケットボール世界選手権にもオーストラリア代表として参加。6試合で12.8得点、6.2リバウンドを記録。ベスト8決定戦では、アメリカ代表を相手に20得点し大敗したチームの中で一人気を吐いた。アンドリュー・ボーガット フレッシュアイペディアより)

  • 日本プロバスケットボールリーグ

    日本プロバスケットボールリーグから見たバスケットボール世界選手権FIBAバスケットボール・ワールドカップ

    このリーグ統合問題を含むJBA内部の自主改革協議のため、bjリーグからはコミッショナーの河内がJBA理事に就任して会合に参加したが、各方面からの反発により協議は進展しなかったため、結局FIBAが設定した期限の2014年10月末までに問題を解決することはできず、11月26日にJBAはFIBAからFIBA会員資格停止を受けた。これによりカテゴリーを問わず日本のチームは夏季オリンピックや世界選手権やそれらに付随する予選会などを含むすべての国際大会に出場できない事態となった。日本プロバスケットボールリーグ フレッシュアイペディアより)

138件中 91 - 100件表示