128件中 21 - 30件表示
  • ショーン・マークス

    ショーン・マークスから見たバスケットボール世界選手権FIBAバスケットボール・ワールドカップ

    高校時代までオークランドで暮らした後、1995年にアメリカ合衆国のカリフォルニア大学バークレー校に入学し、政治学を専攻した。大学には4年間在籍し、1998年のNBAドラフトではニューヨーク・ニックスより全体44位指名を受けた。その後、トロント・ラプターズへトレードされてプロキャリアがスタートした。ニュージーランド代表にも選出され、2000年のシドニーオリンピック、2002年のバスケットボール世界選手権、2004年のアテネオリンピックに出場した。ショーン・マークス フレッシュアイペディアより)

  • ドミニク・ウィルキンス

    ドミニク・ウィルキンスから見たバスケットボール世界選手権FIBAバスケットボール・ワールドカップ

    バスケットボール世界選手権優勝(1994年)ドリームチームIIのメンバーだった。ドミニク・ウィルキンス フレッシュアイペディアより)

  • ファン・イグナシオ・サンチェス

    ファン・イグナシオ・サンチェスから見たバスケットボール世界選手権FIBAバスケットボール・ワールドカップ

    A代表には1998年に初選出され、1998・2002・2006年の世界選手権に出場。2002年には銀メダルを獲得。ファン・イグナシオ・サンチェス フレッシュアイペディアより)

  • イゴール・ラコセビッチ

    イゴール・ラコセビッチから見たバスケットボール世界選手権FIBAバスケットボール・ワールドカップ

    2002年と2006年の世界選手権にも出場。2002年大会ではユーゴスラビア代表として金メダル獲得に貢献した。イゴール・ラコセビッチ フレッシュアイペディアより)

  • シェーン・バティエ

    シェーン・バティエから見たバスケットボール世界選手権FIBAバスケットボール・ワールドカップ

    また、この年の夏に日本で開催された世界選手権にはアメリカ代表として来日。そうそうたる面々が顔を揃えた代表の中では知名度の低い選手ではあったが、大学時代の恩師である代表ヘッドコーチのマイク・シャシェフスキーからの信任は厚く、アメリカの銅メダル獲得に貢献した。シェーン・バティエ フレッシュアイペディアより)

  • ドラゼン・ペトロビッチ

    ドラゼン・ペトロビッチから見たバスケットボール世界選手権FIBAバスケットボール・ワールドカップ

    ドラジェン・ペトロヴィッチ(Dražen Petrović 1964年10月22日-1993年6月7日)は、クロアチアのバスケットボール選手。ポジションはシューティングガード。ユーゴスラビア代表、クロアチア代表の中心選手としてオリンピック、世界選手権などで何度もメダルを獲得した。またNBAで最初に成功を修めたヨーロッパ出身選手の1人と考えられている。兄のアレクサンダル・ペトロヴィッチもバスケットボール選手でロサンゼルスオリンピック、1986年バスケットボール世界選手権では共にユーゴスラビア代表として銅メダルを獲得している。ドラゼン・ペトロビッチ フレッシュアイペディアより)

  • ブラッド・ミラー

    ブラッド・ミラーから見たバスケットボール世界選手権FIBAバスケットボール・ワールドカップ

    ミラーは1998年のバスケットボール世界選手権でその年ロックアウトのためNBA選手が派遣されなかったときのアメリカ代表となり銅メダルを獲得した。また2006年に日本で行われた世界選手権でも再びアメリカ代表になった。チームは準決勝のギリシャとの悲しい敗戦の後、3位決定戦でアルゼンチンを破り銅メダルを獲得した。プレトーナメントでアメリカはミラーのようなシュート力のあるビッグマンを必要としていたが彼はトーナメントでほとんどプレイタイムを与えられずに終わった。彼は準決勝では全く出場できなかった。ブラッド・ミラー フレッシュアイペディアより)

  • フランスのスポーツ

    フランスのスポーツから見たバスケットボール世界選手権FIBAバスケットボール・ワールドカップ

    国内にはLNBと呼ばれるプロバスケットボールリーグがある。リーグ自体のレベルはスペインリーグやギリシャリーグよりは落ちると言われているが、国立体育・スポーツ研究センター(INSEP)の存在により選手個々の育成レベルは非常に高く、数多くのNBA選手(トニー・パーカー、ボリス・ディアウ、ミカエル・ピートラス、ニコラス・バトゥム、ロニー・トゥリアフ、ヨハン・ペトロ、アレクシス・アジンサ、ヤクーバ・ディアワラ、イアン・マヒンミ、ロドリグ・ボーボワ)を輩出している。代表はこれまでにオリンピック出場6回、世界選手権出場5回を誇る。2000年シドニー五輪では2度目の銀メダルを獲得。決勝戦でドリームチーム?と呼ばれたアメリカを後一歩の所まで追い詰め、それまでの「アメリカ圧勝」の図式を崩した。この苦戦を機に、「ドリームチーム」という名前は使用されなくなった。フランスのスポーツ フレッシュアイペディアより)

  • ルイス・スコラ

    ルイス・スコラから見たバスケットボール世界選手権FIBAバスケットボール・ワールドカップ

    アルゼンチン代表として2002・2006年の世界選手権に出場。2002年は銀メダルを獲得。ルイス・スコラ フレッシュアイペディアより)

  • バスケットボール女子ロシア代表

    バスケットボール女子ロシア代表から見たバスケットボール世界選手権FIBAバスケットボール・ワールドカップ

    五輪ではボイコットにより不参加となったロス五輪を除き全大会に出場し、金メダル3個含むメダル5個獲得している。世界選手権でも1959年大会以降ボイコットにより不参加だった1979年ソウル大会を除き6大会連続優勝を決め、出場した大会では1990年大会を除きすべて決勝に進出している。バスケットボール女子ロシア代表 フレッシュアイペディアより)

128件中 21 - 30件表示