138件中 31 - 40件表示
  • 1963年バスケットボール世界選手権

    1963年バスケットボール世界選手権から見たFIBAバスケットボール・ワールドカップFIBAバスケットボール・ワールドカップ

    1963年バスケットボール世界選手権(FIBA World Championship 1963)は、1963年5月12日から5月25日まで、ブラジルのリオデジャネイロで開催されたバスケットボールの国際大会である。1963年バスケットボール世界選手権 フレッシュアイペディアより)

  • 1954年バスケットボール世界選手権

    1954年バスケットボール世界選手権から見たFIBAバスケットボール・ワールドカップFIBAバスケットボール・ワールドカップ

    1954年バスケットボール世界選手権(FIBA World Championship 1954)は、1954年に、ブラジルのリオデジャネイロで開催されたバスケットボールの国際大会である。1954年バスケットボール世界選手権 フレッシュアイペディアより)

  • ルーベン・ウォルコウスキー

    ルーベン・ウォルコウスキーから見たバスケットボール世界選手権FIBAバスケットボール・ワールドカップ

    また、1998・2002・2006年の世界選手権に3大会連続で出場。2002年には銀メダルを獲得した。ルーベン・ウォルコウスキー フレッシュアイペディアより)

  • 1967年バスケットボール世界選手権

    1967年バスケットボール世界選手権から見たFIBAバスケットボール・ワールドカップFIBAバスケットボール・ワールドカップ

    1967年バスケットボール世界選手権(FIBA World Championship 1967)は、1967年5月27日から6月11日まで、ウルグアイのモンテビデオで開催されたバスケットボールの国際大会である。今大会より優勝国にネイスミス・トロフィーが贈呈されている。1967年バスケットボール世界選手権 フレッシュアイペディアより)

  • 1950年バスケットボール世界選手権

    1950年バスケットボール世界選手権から見たFIBAバスケットボール・ワールドカップFIBAバスケットボール・ワールドカップ

    1950年バスケットボール世界選手権は、国際バスケットボール連盟主催により、アルゼンチン・ブエノスアイレスで開催されたバスケットボールの国際大会である。1950年バスケットボール世界選手権 フレッシュアイペディアより)

  • ショーン・マークス

    ショーン・マークスから見たバスケットボール世界選手権FIBAバスケットボール・ワールドカップ

    高校時代までオークランドで暮らした後、1995年にアメリカ合衆国のカリフォルニア大学バークレー校に入学し、政治学を専攻した。大学には4年間在籍し、1998年のNBAドラフトではニューヨーク・ニックスより全体44位指名を受けた。その後、トロント・ラプターズへトレードされてプロキャリアがスタートした。ニュージーランド代表にも選出され、2000年のシドニーオリンピック、2002年のバスケットボール世界選手権、2004年のアテネオリンピックに出場した。ショーン・マークス フレッシュアイペディアより)

  • ファブリシオ・オベルト

    ファブリシオ・オベルトから見たバスケットボール世界選手権FIBAバスケットボール・ワールドカップ

    1995年に代表入り。2002年の世界選手権(インディアナポリス)での銀メダル、2004年のアテネオリンピックでの金メダルに貢献する。2006年日本開催の世界選手権にも来日し、NBA選手を中心に構成されるアルゼンチン代表の先発センターを務める。2008年の北京オリンピックでも銅メダルを獲得した。ファブリシオ・オベルト フレッシュアイペディアより)

  • ギルバート・アリーナス

    ギルバート・アリーナスから見たバスケットボール世界選手権FIBAバスケットボール・ワールドカップ

    翌2005-06シーズンにはさらに成績を伸ばし、リーグ4位となる29.3得点を記録、オールNBAサードチームに選出され、オールスターには怪我のジャーメイン・オニールの代役として初出場した。3ポイントシュートコンテストにも欠場したフェニックス・サンズのラジャ・ベルの代役で出場した。プレーオフの1回戦ではレブロン・ジェームズ率いるクリーブランド・キャバリアーズと対戦。2勝4敗でチームは敗退したが、アリーナスは平均34点を記録。シーズン最後のゲームとなった第6戦のオーバータイム(延長戦)の終盤、アリーナスはフリースローを打つチャンスを得た。このとき、レブロンに「君がこのフリースローを両方はずしたらゲームは終わりだ」と耳元で囁かれ、実際に2本外してしまう。シーズン終了後、バスケットボール世界選手権アメリカ代表チーム候補としてキャンプに参加したが、代表の12人には残れなかった。ギルバート・アリーナス フレッシュアイペディアより)

  • プエルトリコのスポーツ

    プエルトリコのスポーツから見たバスケットボール世界選手権FIBAバスケットボール・ワールドカップ

    プエルトリコ代表はこれまでにオリンピック出場9回、世界選手権出場11回を誇る南北アメリカ大陸の強豪として有名。2004年のアテネオリンピックではアメリカ合衆国のドリームチームを倒した最初のチームとなり、アメリカの五輪での連勝記録を24で止めた。デンバー・ナゲッツのカーメロ・アンソニー(父親がプエルトリコ人)はプエルトリコ代表としてプレイしたかったが、しかし彼は島に3年以上いなければならないという代表チームの規則のためにできなかった。アンソニーはプエルトリコの遺産を誇り、右手の利き腕にプエルトリコの国旗(:en:Flag of Puerto Rico)の刺青を入れた。1980年、1989年、1995年にはプエルトリコ代表は、FIBAアメリカ選手権で金メダルを取った。プエルトリコのスポーツ フレッシュアイペディアより)

  • ミカエル・ジェラバル

    ミカエル・ジェラバルから見たバスケットボール世界選手権FIBAバスケットボール・ワールドカップ

    2006年に日本で行われた2006年バスケットボール世界選手権でもフランス代表としてプレイ、トニー・パーカーを怪我で欠いたが、ファイナルラウンドに進んでダーク・ノビツキー率いるドイツに終了間際逆転し1点差勝利するなどして5位になった。ミカエル・ジェラバル フレッシュアイペディアより)

138件中 31 - 40件表示