128件中 31 - 40件表示
  • アレクサンドル・ボルコフ (バスケットボール)

    アレクサンドル・ボルコフ (バスケットボール)から見たバスケットボール世界選手権FIBAバスケットボール・ワールドカップ

    1986年 バスケットボール世界選手権(スペイン)銀メダルアレクサンドル・ボルコフ (バスケットボール) フレッシュアイペディアより)

  • バスケットボール大韓民国代表

    バスケットボール大韓民国代表から見たバスケットボール世界選手権FIBAバスケットボール・ワールドカップ

    オリンピックは大韓民国成立直後の1948年ロンドンオリンピックで初出場。予選リーグを突破して8位になったのが現在に至るまでの最高成績である。以降オリンピック6回・世界選手権6回出場を果たしているが、近年は中国の台頭や中東勢の躍進により世界の舞台から遠ざかっている。バスケットボール大韓民国代表 フレッシュアイペディアより)

  • バスケットボールチャイニーズタイペイ代表

    バスケットボールチャイニーズタイペイ代表から見たバスケットボール世界選手権FIBAバスケットボール・ワールドカップ

    国共内戦を経て1949年に中華民国政府が台湾に移った後も、そのまま引き続き中華民国(中国)の名義で活動する。この時期、国際オリンピック委員会は台湾の中華民国と、大陸本土の中華人民共和国の二つのオリンピック委員会の加盟を承認し、国際バスケットボール連盟(FIBA)もそれを倣って両方を承認していた。(その後、中華人民共和国はこれを不服として1958年にFIBAを脱退。)中華民国代表チームは1954年に世界選手権に初出場して5位となると、1956年のメルボルンオリンピックにも出場。1959年にはチリで開催された世界選手権でアルゼンチンとアラブ首長国連邦に勝利して予選リーグを突破して4位になった。その後、1970年代に国際連合が大陸本土を支配している中華人民共和国が「中国」であると決定して、中華人民共和国が国際社会に復帰すると、逆にそれまで「中国」を代表する立場であった中華民国はFIBAでの地位を失い、中国名義のままでの国際試合に参加することができなくなった。1977年、FIBA事務総長のウィリアム・ジョーンズの配慮により台湾開催の国際大会、ウィリアム・ジョーンズカップが創設された。バスケットボールチャイニーズタイペイ代表 フレッシュアイペディアより)

  • バスケットボールフィリピン代表

    バスケットボールフィリピン代表から見たバスケットボール世界選手権FIBAバスケットボール・ワールドカップ

    アジアではいち早くプロリーグを立ち上げた事もあってか、アジア選手権では、第1回を始め通算5回(中国に次いで2位)の優勝を誇る。また、世界選手権でもアジア最高位となる3位に輝く。アジア選手権最後の優勝は1985年で、翌年の世界選手権予選も兼ねた大会であったが、エドゥサ革命のため世界選手権は辞退しており、1978年以来30年以上遠ざかっている。バスケットボールフィリピン代表 フレッシュアイペディアより)

  • FIBAアジアカップ

    FIBAアジアカップから見たバスケットボール世界選手権FIBAバスケットボール・ワールドカップ

    アジア勢のレベルアップを目的として、2004年に新設された大会である。当初の大会名はFIBAアジアスタンコビッチカップ(FIBA-Asia Stanković Cup)で、アジア勢の低迷を気にかけていた当時の国際バスケットボール連盟(FIBA)事務総長・ボリスラヴ・スタンコビッチに由来する。なお、スタンコビッチの名を冠した大会としては他に「スタンコビッチ・コンチネンタル・チャンピオンズカップ」がある。優勝チームには開催翌年のアジア選手権(世界選手権やオリンピックの予選を兼ねる)の出場権が、2位?5位のチームが所属するサブゾーンにはそれぞれ出場枠が与えられる(開催地除く)。FIBAアジアカップ フレッシュアイペディアより)

  • バスケットボール男子日本代表

    バスケットボール男子日本代表から見たバスケットボール世界選手権FIBAバスケットボール・ワールドカップ

    1936年、バスケットボールがオリンピック正式種目となったベルリン大会でオリンピックに初出場。戦後になってからも1956年のメルボルン大会から1968年メキシコシティ大会を除き毎回出場。バスケットボール世界選手権にも1963年大会で初出場、続く1967年大会にも連続出場するなど世界大会の常連であった。アジア選手権でも1965年と1971年に優勝するなどアジアの上位であったが、その後は国際大会に復帰した中国の台頭などもあり、1976年のモントリオールオリンピック出場を最後に世界規模の大会への出場から遠ざかる。バスケットボール男子日本代表 フレッシュアイペディアより)

  • バスケットボールカタール代表

    バスケットボールカタール代表から見たバスケットボール世界選手権FIBAバスケットボール・ワールドカップ

    2003年のアジア選手権で3位に入る。2004年に行われたスタンコビッチカップで優勝を決め、翌2005年に自国で開催されたアジア選手権も3位となり世界選手権初出場を決める。しかし本大会では最下位に終わる。バスケットボールカタール代表 フレッシュアイペディアより)

  • デリック・コールマン

    デリック・コールマンから見たバスケットボール世界選手権FIBAバスケットボール・ワールドカップ

    1994年、ドリームチームIIに選出され、バスケットボール世界選手権で優勝を果たした。デリック・コールマン フレッシュアイペディアより)

  • タイソン・チャンドラー

    タイソン・チャンドラーから見たバスケットボール世界選手権FIBAバスケットボール・ワールドカップ

    2010年8月、トルコで行われた世界選手権にてアメリカ代表として出場。ブルック・ロペスやロビン・ロペスなどのセンタープレイヤーが相次いで欠場する中、唯一のセンタープレイヤーとして金メダル獲得に貢献した。タイソン・チャンドラー フレッシュアイペディアより)

  • バスケットボールスロベニア代表

    バスケットボールスロベニア代表から見たバスケットボール世界選手権FIBAバスケットボール・ワールドカップ

    1991年にスロベニアがユーゴスラビアから独立したことに伴い発足。以来、ユーロバスケットに毎回出場している。2005年のユーロバスケットで6位に入賞し、世界選手権に初出場。初めての世界大会は12位で終える。バスケットボールスロベニア代表 フレッシュアイペディアより)

128件中 31 - 40件表示