138件中 41 - 50件表示
  • ファン・イグナシオ・サンチェス

    ファン・イグナシオ・サンチェスから見たバスケットボール世界選手権FIBAバスケットボール・ワールドカップ

    A代表には1998年に初選出され、1998・2002・2006年の世界選手権に出場。2002年には銀メダルを獲得。ファン・イグナシオ・サンチェス フレッシュアイペディアより)

  • ドラジェン・ペトロヴィッチ

    ドラジェン・ペトロヴィッチから見たバスケットボール世界選手権FIBAバスケットボール・ワールドカップ

    ドラジェン・ペトロヴィッチ(Dražen Petrović 1964年10月22日-1993年6月7日)は、クロアチアのバスケットボール選手。ポジションはシューティングガード。ユーゴスラビア代表、クロアチア代表の中心選手としてオリンピック、世界選手権などで何度もメダルを獲得した。またNBAで最初に成功を修めたヨーロッパ出身選手の1人と考えられている。兄のアレクサンダル・ペトロヴィッチもバスケットボール選手でロサンゼルスオリンピック、1986年バスケットボール世界選手権では共にユーゴスラビア代表として銅メダルを獲得している。ドラジェン・ペトロヴィッチ フレッシュアイペディアより)

  • カーク・ペニー

    カーク・ペニーから見たバスケットボール世界選手権FIBAバスケットボール・ワールドカップ

    バスケットボール世界選手権でも2002年大会で平均16.9得点、3ポイントシュートを45.5%成功させて、4位となる原動力になった。また2006年大会では一時18点差をつけられていた、グループラウンドの日本戦で、決勝点となる3ポイントシュートを成功させた。カーク・ペニー フレッシュアイペディアより)

  • カルロス・デルフィーノ

    カルロス・デルフィーノから見たバスケットボール世界選手権FIBAバスケットボール・ワールドカップ

    カデットチームのメンバーとして1997年と1998年に南米選手権を制覇。2001年に埼玉県で開催されたヤングメン世界選手権で来日、銅メダル獲得に貢献する。そして2004年のアテネオリンピックでの金メダルに貢献する。2006年の日本開催の世界選手権にも来日し、NBA選手を中心に構成されるアルゼンチン代表ではジノビリのバックアップとして活躍、特にトルコ戦とアメリカ戦では高い運動能力を披露し、アルゼンチンがマヌ・ジノビリだけのチームでは無い事を証明した。また、2016年のリオデジャネイロオリンピックでは、無所属の状態ながら出場している。カルロス・デルフィーノ フレッシュアイペディアより)

  • バスケットボールスペイン代表

    バスケットボールスペイン代表から見たバスケットボール世界選手権FIBAバスケットボール・ワールドカップ

    1935年のユーロバスケットの決勝でラトビアに敗れたものの、銀メダルを獲得した。そして、2006年の世界選手権では準決勝でエースのパウ・ガソルが負傷し決勝戦を欠場したものの悲願の初優勝を成し遂げた。バスケットボールスペイン代表 フレッシュアイペディアより)

  • 南アメリカのスポーツ

    南アメリカのスポーツから見たバスケットボール世界選手権FIBAバスケットボール・ワールドカップ

    バレーボールはブラジル、アルゼンチン、ベネズエラなどで盛んである。とくにブラジルは数々の国際大会で優勝する屈指の強国で、男女ともFIVBランキング1位を維持している。バスケットボールはアルゼンチンで特に一般的なスポーツである。2004年の夏季オリンピックで男子アルゼンチン代表は金メダルを獲得しており、バスケットボール世界選手権では1950年に優勝している。バスケットボールはブラジルでもポピュラーなスポーツで、世界選手権で男子は2度、女子は1度優勝したことがあり、ベネズエラとウルグアイでも盛んにプレーされている。野球はベネズエラではサッカーを押し退けて最も人気のあるスポーツである。ベネズエラはメジャーリーグに選手を何人も送り込んでおり、2009年まではワールドベースボールクラシックに出場した南米の唯一の国でもあった。2013年にはブラジルが、2017年にはコロンビアが予選を突破して出場している。ラグビー(ラグビーユニオン)はアルゼンチンを中心に南米でポピュラーになりつつある競技である。アルゼンチン代表は2007年のラグビーワールドカップで第3位という好成績を収めた。ウルグアイ、パラグアイ、コロンビア、ブラジル、チリ、ベネズエラ、ペルーにもラグビー協会がある。南アメリカのスポーツ フレッシュアイペディアより)

  • ホセ・オルティス

    ホセ・オルティスから見たバスケットボール世界選手権FIBAバスケットボール・ワールドカップ

    プエルトリコ代表としてもオリンピック、世界選手権などの国際大会で活躍。ホセ・オルティス フレッシュアイペディアより)

  • トニー・クーコッチ

    トニー・クーコッチから見たバスケットボール世界選手権FIBAバスケットボール・ワールドカップ

    トニー・クーコッチ(Toni Kukoč, 1968年9月18日 - )は、クロアチア・スプリト出身の元バスケットボール選手。ユーロリーグの最優秀選手として活躍したのち、アメリカに渡りNBAのシカゴ・ブルズなどでプレー。長身ながらもアウトサイドシュートやパスを得意とし、主にスモールフォワードとしてプレイした。ヨーロッパ出身選手として最も早くNBAで活躍した選手の1人である。1988年のソウルオリンピックではユーゴスラビア代表として、1992年のバルセロナオリンピックではクロアチア代表として銀メダルを獲得した。また、1990年のバスケットボール世界選手権でもユーゴ代表として優勝している。トニー・クーコッチ フレッシュアイペディアより)

  • アンドレス・ノシオーニ

    アンドレス・ノシオーニから見たバスケットボール世界選手権FIBAバスケットボール・ワールドカップ

    2002年、アメリカのインディアナで行われたバスケットボール世界選手権でノシオーニのいたアルゼンチン代表はアメリカ合衆国を破る最初のチームとなった。チームは決勝で惜しくもユーゴスラビアに敗れ銀メダルを獲得した。アンドレス・ノシオーニ フレッシュアイペディアより)

  • ジェームズ・ネイスミス

    ジェームズ・ネイスミスから見たFIBAバスケットボール・ワールドカップFIBAバスケットボール・ワールドカップ

    1967年から、バスケットボール世界選手権(現:FIBAバスケットボール・ワールドカップ)優勝国に「ネイスミス・トロフィー」(Naismith Trophy)が授与されている。ジェームズ・ネイスミス フレッシュアイペディアより)

138件中 41 - 50件表示