128件中 41 - 50件表示
  • ファディ・エル・ハティブ

    ファディ・エル・ハティブから見たバスケットボール世界選手権FIBAバスケットボール・ワールドカップ

    レバノン代表でも長きに渡り主力として活躍。2002年と2006年の世界選手権にも出場。2006年大会では平均得点18.8を記録した。ファディ・エル・ハティブ フレッシュアイペディアより)

  • マイク・シャシェフスキー

    マイク・シャシェフスキーから見たバスケットボール世界選手権FIBAバスケットボール・ワールドカップ

    1992年にはバルセロナオリンピックに出場したドリームチームでアシスタントコーチを務めた。このチームのメンバーに選ばれたクリスチャン・レイトナーはデューク大学でシャシェフスキーの教え子だった。2006年には男子米国代表チーム監督としてFIBAのバスケットボール世界選手権に臨み、3位の結果だった。2008年北京オリンピックでは八試合全てに勝ち、金メダル獲得した。さらに、2010年トルコで行われた世界選手権では、ケビン・デュラントなど若手を主体とした代表チームを16年ぶりの優勝に導いた。2012年ロンドン五輪でもアメリカ代表を率いて、決勝戦で前回と同様の相手スペインを下し、チームをオリンピック連覇に導いた。マイク・シャシェフスキー フレッシュアイペディアより)

  • ユーロリーグ

    ユーロリーグから見たバスケットボール世界選手権FIBAバスケットボール・ワールドカップ

    近年はユーロリーグで活躍した選手がNBAに移籍するケースが増えている。これはNBAの国際化に伴っているものであり、アメリカのみならず、日本でも非常にレベルの高い大会として認知されている。特に日本ではバスケットボール世界選手権が開催されたこともあり、ユーロリーグで活躍する有能な選手が広く知られる結果にもなった。ユーロリーグ フレッシュアイペディアより)

  • ファブリシオ・オベルト

    ファブリシオ・オベルトから見たバスケットボール世界選手権FIBAバスケットボール・ワールドカップ

    1995年に代表入り。2002年の世界選手権(インディアナポリス)での銀メダル、2004年のアテネオリンピックでの金メダルに貢献する。2006年日本開催の世界選手権にも来日し、NBA選手を中心に構成されるアルゼンチン代表の先発センターを務める。2008年の北京オリンピックでも銅メダルを獲得した。ファブリシオ・オベルト フレッシュアイペディアより)

  • ドワイト・ハワード

    ドワイト・ハワードから見たバスケットボール世界選手権FIBAバスケットボール・ワールドカップ

    2006年のバスケットボール世界選手権アメリカ代表としてプレー。3位となった。ドワイト・ハワード フレッシュアイペディアより)

  • 南アメリカのスポーツ

    南アメリカのスポーツから見たバスケットボール世界選手権FIBAバスケットボール・ワールドカップ

    バレーボールはブラジル、アルゼンチン、ベネズエラなどで盛んである。とくにブラジルは数々の国際大会で優勝する屈指の強国で、男女ともFIVBランキング1位を維持している。バスケットボールはアルゼンチンで特に一般的なスポーツである。2004年の夏季オリンピックで男子アルゼンチン代表は金メダルを獲得しており、バスケットボール世界選手権では1950年に優勝している。バスケットボールはブラジルでもポピュラーなスポーツで、世界選手権で男子は2度、女子は1度優勝したことがあり、ベネズエラとウルグアイでも盛んにプレーされている。野球はベネズエラではサッカーを押し退けて最も人気のあるスポーツである。ベネズエラはメジャーリーグに選手を何人も送り込んでおり、ワールドベースボールクラシックに出場した南米の唯一の国でもある。コロンビアなどの他の国でも、野球は徐々に人気を得ている。ラグビー(ラグビーユニオン)はアルゼンチンを中心に南米でポピュラーになりつつある競技である。アルゼンチン代表は2007年のラグビーワールドカップで第3位という好成績を収めた。ウルグアイ、パラグアイ、コロンビア、ブラジル、チリ、ベネズエラ、ペルーにもラグビー協会がある。南アメリカのスポーツ フレッシュアイペディアより)

  • ルーク・リドナー

    ルーク・リドナーから見たバスケットボール世界選手権FIBAバスケットボール・ワールドカップ

    2006年には、世界選手権の選考に残った。ルーク・リドナー フレッシュアイペディアより)

  • カルロス・デルフィーノ

    カルロス・デルフィーノから見たバスケットボール世界選手権FIBAバスケットボール・ワールドカップ

    カデットチームのメンバーとして1997年と1998年に南米選手権を制覇。2001年に埼玉県で開催されたヤングメン世界選手権で来日、銅メダル獲得に貢献する。そして2004年のアテネオリンピックでの金メダルに貢献する。2006年の日本開催の世界選手権にも来日し、NBA選手を中心に構成されるアルゼンチン代表ではジノビリのバックアップとして活躍、特にトルコ戦とアメリカ戦では高い運動能力を披露し、アルゼンチンがエマニュエル・ジノビリだけのチームでは無い事を証明した。カルロス・デルフィーノ フレッシュアイペディアより)

  • ショーン・ケンプ

    ショーン・ケンプから見たバスケットボール世界選手権FIBAバスケットボール・ワールドカップ

    オールスター戦には1993年から1998年まで6年連続で出場。そのうち94年以降は先発だった。1994年にはドリームチームIIのメンバーとしてバスケットボール世界選手権に出場し、優勝に貢献した。生涯を通じての出場試合数は1,051、通算得点は 15,347、通算リバウンド数は8,834。ショーン・ケンプ フレッシュアイペディアより)

  • パーフェクト・チョイス

    パーフェクト・チョイスから見たバスケットボール世界選手権FIBAバスケットボール・ワールドカップ

    バスケットボール世界選手権日本大会(2006年 「世界№1バスケ」というテーマ)パーフェクト・チョイス フレッシュアイペディアより)

128件中 41 - 50件表示