138件中 51 - 60件表示
  • カール・ヘレラ

    カール・ヘレラから見たFIBAバスケットボール・ワールドカップFIBAバスケットボール・ワールドカップ

    ベネズエラ代表としてバルセロナオリンピックと2度のバスケットボール世界選手権を経験している。カール・ヘレラ フレッシュアイペディアより)

  • アンドレ・ミラー

    アンドレ・ミラーから見たバスケットボール世界選手権FIBAバスケットボール・ワールドカップ

    2002年、バスケットボール世界選手権のアメリカ代表に選出。9試合に出場し、10.7得点、4.1アシストを記録した。アンドレ・ミラー フレッシュアイペディアより)

  • ルイス・スコラ

    ルイス・スコラから見たバスケットボール世界選手権FIBAバスケットボール・ワールドカップ

    アルゼンチン代表として2002・2006年の世界選手権に出場。2002年は銀メダルを獲得。ルイス・スコラ フレッシュアイペディアより)

  • ドミニク・ウィルキンス

    ドミニク・ウィルキンスから見たバスケットボール世界選手権FIBAバスケットボール・ワールドカップ

    バスケットボール世界選手権優勝(1994年)ドリームチームIIのメンバーだった。ドミニク・ウィルキンス フレッシュアイペディアより)

  • カーク・ハインリック

    カーク・ハインリックから見たバスケットボール世界選手権FIBAバスケットボール・ワールドカップ

    2006年に日本で行なわれたバスケットボール世界選手権のアメリカ代表となり、何試合かは先発出場も果たし、銅メダルを獲得した。カーク・ハインリック フレッシュアイペディアより)

  • ジェイソン・キッド

    ジェイソン・キッドから見たバスケットボール世界選手権FIBAバスケットボール・ワールドカップ

    キッドが次にアメリカ代表に参加したのは1999年のオリンピック予選(バスケットボールアメリカ選手権)で、キッドは7.4得点4.4リバウンド6.8アシスト2.7スティールを記録し、代表チームの優勝に大きく貢献した。チームキャプテンの一人として臨んだ本番のシドニーオリンピックでは、6.0得点5.3リバウンド4.4アシスト、3P成功率は50.0%を記録し、見事に金メダルを獲得した。キッドは2002年のバスケットボール世界選手権の代表にも選ばれたが、怪我のため出場を辞退した。2003年のオリンピック予選には無事出場したが、2004年のアテネオリンピックは再び怪我で代表を辞退せざるを得なかった。この時、アメリカ代表はオリンピックにNBA選手を送り出して以来、初めて金メダルを逃している。ジェイソン・キッド フレッシュアイペディアより)

  • バスケットボールチャイニーズタイペイ代表

    バスケットボールチャイニーズタイペイ代表から見たバスケットボール世界選手権FIBAバスケットボール・ワールドカップ

    国共内戦を経て1949年に中華民国政府が台湾に移った後も、そのまま引き続き中華民国(中国)の名義で活動する。この時期、国際オリンピック委員会は台湾の中華民国と、大陸本土の中華人民共和国の二つのオリンピック委員会の加盟を承認し、国際バスケットボール連盟(FIBA)もそれを倣って両方を承認していた。(その後、中華人民共和国はこれを不服として1958年にFIBAを脱退。)中華民国代表チームは1954年に世界選手権に初出場して5位となると、1956年のメルボルンオリンピックにも出場。1959年にはチリで開催された世界選手権でアルゼンチンとアラブ首長国連邦に勝利して予選リーグを突破して4位になった。その後、1970年代に国際連合が大陸本土を支配している中華人民共和国が「中国」であると決定して、中華人民共和国が国際社会に復帰すると、逆にそれまで「中国」を代表する立場であった中華民国はFIBAでの地位を失い、中国名義のままでの国際試合に参加することができなくなった。1977年、FIBA事務総長のウィリアム・ジョーンズの配慮により台湾開催の国際大会、ウィリアム・ジョーンズカップが創設された。バスケットボールチャイニーズタイペイ代表 フレッシュアイペディアより)

  • バスケットボールカタール代表

    バスケットボールカタール代表から見たバスケットボール世界選手権FIBAバスケットボール・ワールドカップ

    2003年のアジア選手権で3位に入る。2004年に行われたスタンコビッチカップで優勝を決め、翌2005年に自国で開催されたアジア選手権も3位となり世界選手権初出場を決める。しかし本大会では最下位に終わる。バスケットボールカタール代表 フレッシュアイペディアより)

  • ワイルドカード (スポーツ)

    ワイルドカード (スポーツ)から見たFIBAバスケットボール・ワールドカップFIBAバスケットボール・ワールドカップ

    2014年までのバスケットボールワールドカップ(旧世界選手権)での出場枠は、開催国と各大陸予選を勝ち抜いたチームの他、国際バスケットボール連盟から数チームの推薦があり、この推薦枠をワイルドカードと呼んでいた。ワイルドカード (スポーツ) フレッシュアイペディアより)

  • バスケットボールスロベニア代表

    バスケットボールスロベニア代表から見たバスケットボール世界選手権FIBAバスケットボール・ワールドカップ

    1991年にスロベニアがユーゴスラビアから独立したことに伴い発足。以来、ユーロバスケットに毎回出場している。2005年のユーロバスケットで6位に入賞し、世界選手権に初出場。初めての世界大会は12位で終える。バスケットボールスロベニア代表 フレッシュアイペディアより)

138件中 51 - 60件表示