128件中 61 - 70件表示
  • プロリーグ構想 (バスケットボール)

    プロリーグ構想 (バスケットボール)から見たバスケットボール世界選手権FIBAバスケットボール・ワールドカップ

    2004年10月12日、日本バスケットボール協会理事会は、新潟とさいたまからの脱退届けを改めて認めない代わりに、2006年度にさいたま市で開く世界バスケット選手権の大会終了後に現在のJBLスーパーリーグのプロリーグ化の実現を推進する計画を明らかにし、その具体的な指針を2005年3月までに示すと発表した。プロリーグ構想 (バスケットボール) フレッシュアイペディアより)

  • プレドラグ・ストヤコヴィッチ

    プレドラグ・ストヤコヴィッチから見たバスケットボール世界選手権FIBAバスケットボール・ワールドカップ

    2002年にはアメリカ合衆国のインディアナ州インディアナポリスで開催されたバスケットボール世界選手権に出場。強豪アメリカを破るなど、ヨーロッパ選手権に引き続いて優勝した。2002-03シーズンもストヤコビッチはオールスターゲームに出場。本戦の前日に行われる3Pシュートコンテストでは2年連続優勝を果たした。続く2シーズン、2004-05シーズンまで、ストヤコビッチはキングスの中心選手として活躍。しかしながらチーム成績は年々下降を辿り、キングスはメンバーの再編が迫られることになった。プレドラグ・ストヤコヴィッチ フレッシュアイペディアより)

  • トニー・クーコッチ

    トニー・クーコッチから見たバスケットボール世界選手権FIBAバスケットボール・ワールドカップ

    トニー・クーコッチ(Toni Kukoč, 1968年9月18日 - )は、クロアチア・スプリト出身の元バスケットボール選手。ユーロリーグの最優秀選手として活躍したのち、アメリカに渡りNBAのシカゴ・ブルズなどでプレー。長身ながらもアウトサイドシュートやパスを得意とし、主にスモールフォワードとしてプレイした。ヨーロッパ出身選手として最も早くNBAで活躍した選手の1人である。1988年のソウルオリンピックではユーゴスラビア代表として、1992年のバルセロナオリンピックではクロアチア代表として銀メダルを獲得した。また、1990年のバスケットボール世界選手権でもユーゴ代表として優勝している。トニー・クーコッチ フレッシュアイペディアより)

  • ギルバート・アリーナス

    ギルバート・アリーナスから見たバスケットボール世界選手権FIBAバスケットボール・ワールドカップ

    翌2005-06シーズンにはさらに成績を伸ばし、リーグ4位となる29.3得点を記録、オールNBAサードチームに選出され、オールスターには怪我のジャーメイン・オニールの代役として初出場した。3ポイントシュートコンテストにも欠場したフェニックス・サンズのラジャ・ベルの代役で出場した。プレーオフの1回戦ではレブロン・ジェームズ率いるクリーブランド・キャバリアーズと対戦。2勝4敗でチームは敗退したが、アリーナスは平均34点を記録。シーズン最後のゲームとなった第6戦のオーバータイム(延長戦)の終盤、アリーナスはフリースローを打つチャンスを得た。このとき、レブロン・ジェームズに「君がこのフリースローを両方はずしたらゲームは終わりだ。」と耳元で囁かれ、実際に2本外してしまう。シーズン終了後、バスケットボール世界選手権アメリカ代表チーム候補としてキャンプに参加したが、代表の12人には残れなかった。ギルバート・アリーナス フレッシュアイペディアより)

  • カルロス・ヒメネス

    カルロス・ヒメネスから見たバスケットボール世界選手権FIBAバスケットボール・ワールドカップ

    スペイン代表としても長きに渡って活躍し、世界選手権においてはスペイン代表として唯一1998年から3大会連続で出場を果たし、2006年世界選手権では優勝に貢献した。五輪にも2000年、2004年の2大会連続で出場した。カルロス・ヒメネス フレッシュアイペディアより)

  • カーメロ・アンソニー

    カーメロ・アンソニーから見たバスケットボール世界選手権FIBAバスケットボール・ワールドカップ

    オフには世界選手権にアメリカ代表として出場。主に得点面で大きく活躍し、2006-07シーズンはその勢いを維持したまま突入。シーズン序盤にはアレックス・イングリッシュの持つ6試合連続30得点以上達成というチーム記録に並ぶなどし、得点王レースではコービー・ブライアントとトップ争いを演じた。しかし12月16日のニューヨーク・ニックス戦での乱闘騒ぎでマーディー・コリンズを殴ったカーメロは15試合の出場停止処分を受ける羽目になった。しかしその間ナゲッツはアンドレ・ミラーらとの交換で大物選手のアレン・アイバーソンの獲得に成功。当時得点王ランキング1位と2位につけていたカーメロとアイバーソンのデュオは、リーグ最強のスコアリングデュオとして大きな注目を集めるようになった。カーメロ個人はアイバーソンと得点機会を分け合うことになったため、得点王レースではブライアントに破れ2位に終わったが、28.9得点6.0リバウンドの好記録を残し、2年連続でオールNBA3rdチームに選ばれた。2月2日にはチームメイトのJ.R.スミスが運転する車が事故に遭い、その車にカーメロも同乗していたが(車はカーメロ所有のもの)、3日後の試合では31得点10リバウンド10アシストをあげてキャリア初のトリプル・ダブルを達成し、事故の影響を微塵も見せなかった。待たされたオールスターゲームにも、故障者の代理という形ではあるが、ようやく初出場を果たしており、20得点9リバウンドをあげている(ナゲッツにとっては2001年のアントニオ・マクダイス以来のオールスター選手)。カーメロの活躍やアイバーソンの移籍と大きな話題が続いたが、ナゲッツ自体はカーメロの出場停止処分や前年に引き続き故障者の続出で45勝37敗の平凡な成績に終わり、プレーオフではまたしても1回戦でスパーズの前に敗退した。カーメロ・アンソニー フレッシュアイペディアより)

  • NBAエリート

    NBAエリートから見たバスケットボール世界選手権FIBAバスケットボール・ワールドカップ

    カバープレイヤーはギルバート・アリーナス。フリースタイルスーパースターを廃止。能力や状況に応じて自動的にスーパープレーが発動されるようになった。また、選手ごとにシュートのエリア別の得意不得意が設定された。FIBAバスケットボール世界選手権モードを新たに搭載した。NBAエリート フレッシュアイペディアより)

  • コバトン

    コバトンから見たバスケットボール世界選手権FIBAバスケットボール・ワールドカップ

    埼玉県のPR書類にはコバトンが多く存在し、クールビズ、ウォームビズ、2006年にさいたまスーパーアリーナで行われたバスケットボール世界選手権の県内PRにも一役かっていた。2005年から2006年3月までの埼玉県広報紙「彩の国だより」では、コバトンとじゃんけんをするコーナーが存在した。埼玉県内の学校給食では、牛乳のパッケージにコバトンを模したものや、コバトンパンなどが存在する。自治体レベルでも、所沢市の施設やポスター、秩父市の和同開珎を模した商品券などにコバトンが描かれている。コバトン フレッシュアイペディアより)

  • 許載

    許載から見たバスケットボール世界選手権FIBAバスケットボール・ワールドカップ

    1990年 バスケットボール世界選手権で史上最多の62得点を記録した。許載 フレッシュアイペディアより)

  • 諸山文彦

    諸山文彦から見たバスケットボール世界選手権FIBAバスケットボール・ワールドカップ

    全日本でも東京五輪を始め、1963年と1967年の世界選手権などに出場。諸山文彦 フレッシュアイペディアより)

128件中 61 - 70件表示