138件中 71 - 80件表示
  • シェーン・バティエ

    シェーン・バティエから見たバスケットボール世界選手権FIBAバスケットボール・ワールドカップ

    また、この年の夏に日本で開催された世界選手権にはアメリカ代表として来日。そうそうたる面々が顔を揃えた代表の中では知名度の低い選手ではあったが、大学時代の恩師である代表ヘッドコーチのマイク・シャシェフスキーからの信任は厚く、アメリカの銅メダル獲得に貢献した。シェーン・バティエ フレッシュアイペディアより)

  • マイク・シャシェフスキー

    マイク・シャシェフスキーから見たFIBAバスケットボール・ワールドカップFIBAバスケットボール・ワールドカップ

    1992年にはバルセロナオリンピックに出場した「ドリームチーム」でアシスタントコーチを務めた。このチームのメンバーに選ばれたクリスチャン・レイトナーはデューク大学でシャシェフスキーの教え子だった。2006年には男子米国代表チーム監督としてFIBAのバスケットボール世界選手権に臨み、3位の結果だった。2008年北京オリンピックでは八試合全てに勝ち、金メダル獲得した。さらに、2010年トルコで行われた世界選手権では、ケビン・デュラントなど若手を主体とした代表チームを16年ぶりの優勝に導いた。2012年ロンドン五輪でもアメリカ代表を率いて、決勝戦で前回と同様の相手スペインを下し、チームをオリンピック連覇に導いた。2014年スペインで行われた世界選手権では、教え子だったカイリー・アービングのMVPの活躍もあり二連覇に導いた。2016年リオデジャネイロ五輪でオリンピック三連覇に導いた。マイク・シャシェフスキー フレッシュアイペディアより)

  • マイク・シャシェフスキー

    マイク・シャシェフスキーから見たバスケットボール世界選手権FIBAバスケットボール・ワールドカップ

    1992年にはバルセロナオリンピックに出場した「ドリームチーム」でアシスタントコーチを務めた。このチームのメンバーに選ばれたクリスチャン・レイトナーはデューク大学でシャシェフスキーの教え子だった。2006年には男子米国代表チーム監督としてFIBAのバスケットボール世界選手権に臨み、3位の結果だった。2008年北京オリンピックでは八試合全てに勝ち、金メダル獲得した。さらに、2010年トルコで行われた世界選手権では、ケビン・デュラントなど若手を主体とした代表チームを16年ぶりの優勝に導いた。2012年ロンドン五輪でもアメリカ代表を率いて、決勝戦で前回と同様の相手スペインを下し、チームをオリンピック連覇に導いた。2014年スペインで行われた世界選手権では、教え子だったカイリー・アービングのMVPの活躍もあり二連覇に導いた。2016年リオデジャネイロ五輪でオリンピック三連覇に導いた。マイク・シャシェフスキー フレッシュアイペディアより)

  • 年間王者

    年間王者から見たFIBAバスケットボール・ワールドカップFIBAバスケットボール・ワールドカップ

    世界レベルで年間王者を決定する大会はなく、4年に1度FIBAバスケットボール・ワールドカップ(旧FIBA世界選手権)とFIBA女子バスケットボール・ワールドカップ(旧世界選手権)が開催されている。年間王者 フレッシュアイペディアより)

  • 2019年FIBAバスケットボール・ワールドカップ

    2019年FIBAバスケットボール・ワールドカップから見たFIBAバスケットボール・ワールドカップFIBAバスケットボール・ワールドカップ

    2019年FIBAバスケットボール・ワールドカップ(FIBA Basketball World Cup 2019)は2019年に中国で開催される予定の第18回FIBAバスケットボール・ワールドカップである。当初予定だった2018年より1年遅らせて2019年の開催となり、1967年大会以来FIFAワールドカップと別の年に開催されることになった。また、出場枠もそれまでの24から32に増加される。2019年FIBAバスケットボール・ワールドカップ フレッシュアイペディアより)

  • フェリペ・レジェス

    フェリペ・レジェスから見たバスケットボール世界選手権FIBAバスケットボール・ワールドカップ

    2001年8月17日の対イスラエル戦でスペイン代表デビュー。2002年・2006年世界選手権及び2004年アテネ五輪・2008年北京五輪にも出場。フェリペ・レジェス フレッシュアイペディアより)

  • カルロス・ヒメネス

    カルロス・ヒメネスから見たバスケットボール世界選手権FIBAバスケットボール・ワールドカップ

    スペイン代表としても長きに渡って活躍し、世界選手権においてはスペイン代表として唯一1998年から3大会連続で出場を果たし、2006年世界選手権では優勝に貢献した。五輪にも2000年、2004年の2大会連続で出場した。カルロス・ヒメネス フレッシュアイペディアより)

  • レジー・ミラー

    レジー・ミラーから見たバスケットボール世界選手権FIBAバスケットボール・ワールドカップ

    1994年、全米代表としてドリームチームIIに参加、バスケットボール世界選手権に参加して優勝。1996年にアトランタオリンピックの全米代表チームの一員として金メダルを獲得。2002年にも全米代表としてバスケットボール世界選手権に参加するが敗れ、これはNBA選手が参加するようになってから全米代表が初めて優勝できなかった大会となった。レジー・ミラー フレッシュアイペディアより)

  • ネナド・クリスティッチ

    ネナド・クリスティッチから見たバスケットボール世界選手権FIBAバスケットボール・ワールドカップ

    2006-2007シーズンは夏に行われた世界選手権の母国代表を辞退して臨み、更なる活躍を見せて平均得点はチーム2位を記録した。しかし12月22日のロサンゼルス・レイカーズ戦で左膝前十字じん帯断裂という大怪我を負い、その後のシーズンを棒に振る事態となった。ネナド・クリスティッチ フレッシュアイペディアより)

  • プレドラグ・ストヤコヴィッチ

    プレドラグ・ストヤコヴィッチから見たバスケットボール世界選手権FIBAバスケットボール・ワールドカップ

    2002年にはアメリカ合衆国のインディアナ州インディアナポリスで開催されたバスケットボール世界選手権に出場。強豪アメリカを破るなど、ヨーロッパ選手権に引き続いて優勝した。2002-03シーズンもストヤコビッチはオールスターゲームに出場。本戦の前日に行われる3Pシュートコンテストでは2年連続優勝を果たした。続く2シーズン、2004-05シーズンまで、ストヤコビッチはキングスの中心選手として活躍。しかしながらチーム成績は年々下降を辿り、キングスはメンバーの再編が迫られることになった。プレドラグ・ストヤコヴィッチ フレッシュアイペディアより)

138件中 71 - 80件表示