128件中 81 - 90件表示
  • ティム・ハーダウェイ

    ティム・ハーダウェイから見たバスケットボール世界選手権FIBAバスケットボール・ワールドカップ

    ハーダウェイは1994年のバスケットボール世界選手権大会にドリームチームIIのメンバーに選出されたが、故障で出場は出来なかった(ケビン・ジョンソンが代役に選ばれた)。2000年のシドニーオリンピックでも米国代表チームに選出され、こちらは金メダルを獲得した。ティム・ハーダウェイ フレッシュアイペディアより)

  • ネナド・クリスティッチ

    ネナド・クリスティッチから見たバスケットボール世界選手権FIBAバスケットボール・ワールドカップ

    2006-2007シーズンは夏に行われた世界選手権の母国代表を辞退して臨み、更なる活躍を見せて平均得点はチーム2位を記録した。しかし12月22日のロサンゼルス・レイカーズ戦で左膝前十字じん帯断裂という大怪我を負い、その後のシーズンを棒に振る事態となった。ネナド・クリスティッチ フレッシュアイペディアより)

  • ミカエル・ジェラバル

    ミカエル・ジェラバルから見たバスケットボール世界選手権FIBAバスケットボール・ワールドカップ

    2006年に日本で行なわれた2006年バスケットボール世界選手権でもフランス代表としてプレイ、トニー・パーカーを怪我で欠いたが、ファイナルラウンドに進んでダーク・ノビツキー率いるドイツに終了間際逆転し1点差勝利するなどして5位になった。ミカエル・ジェラバル フレッシュアイペディアより)

  • バンカーズ・ライフ・フィールドハウス

    バンカーズ・ライフ・フィールドハウスから見たバスケットボール世界選手権FIBAバスケットボール・ワールドカップ

    バンカーズ・ライフ・フィールドハウス(Bankers Life Fieldhouse)は、アメリカ合衆国インディアナ州インディアナポリスにある18,345人収容のスポーツアリーナ。NBAのインディアナ・ペイサーズとWNBAのインディアナ・フィーバーの本拠地であり、大規模なコンサートやサーカスも開催される。2002年には、FIBAバスケットボール世界選手権がRCAドームとともに開かれた。バンカーズ・ライフ・フィールドハウス フレッシュアイペディアより)

  • バスケットボールギリシャ代表

    バスケットボールギリシャ代表から見たバスケットボール世界選手権FIBAバスケットボール・ワールドカップ

    1995年のヤングメン世界選手権で初優勝し、2度のユーロバスケットの優勝を誇っている。世界選手権では1986年から1998年と、2006年の5度出場している。バスケットボールギリシャ代表 フレッシュアイペディアより)

  • バスケットボールロシア代表

    バスケットボールロシア代表から見たバスケットボール世界選手権FIBAバスケットボール・ワールドカップ

    その後、1947年のユーロバスケットで初優勝を果たし、ヘルシンキ五輪も初出場で銀メダルを獲得する。以来ソ連としてはボイコットにより不参加となったロス五輪を除き五輪全大会でメダルを獲得しており、特にミュンヘン五輪ではバスケが正式種目となって以来連覇を続けてた米国を決勝で退け金メダルを獲得し、1988年も優勝した。世界選手権でも優勝3度、ユーロバスケットに至っては14回優勝と世界屈指のバスケット大国としてその名を轟かせていた。バスケットボールロシア代表 フレッシュアイペディアより)

  • カール・ヘレラ

    カール・ヘレラから見たバスケットボール世界選手権FIBAバスケットボール・ワールドカップ

    ベネズエラ代表としてバルセロナオリンピックと2度のバスケットボール世界選手権を経験している。カール・ヘレラ フレッシュアイペディアより)

  • バスケットボールブラジル代表

    バスケットボールブラジル代表から見たバスケットボール世界選手権FIBAバスケットボール・ワールドカップ

    1922年発足。世界選手権で2度優勝したが、オリンピックでは銅メダルが最高であり、シドニー、アテネでは本大会を逃している。バスケットボールブラジル代表 フレッシュアイペディアより)

  • クリス・ポール

    クリス・ポールから見たバスケットボール世界選手権FIBAバスケットボール・ワールドカップ

    2006年に日本で開催された世界選手権にアメリカ代表として出場し、ポールは9試合中6試合に先発出場し、通算44アシスト17スティール9ターンオーバーを記録する。代表は順調に勝ち進み、準決勝でギリシャと対戦。ポールはギリシャの201cmの長身ポイントガード、セオドロス・パパルーカスとのミスマッチに苦しみ、チームも敗戦。銅メダルに終わった。クリス・ポール フレッシュアイペディアより)

  • ニュージーランド

    ニュージーランドから見たバスケットボール世界選手権FIBAバスケットボール・ワールドカップ

    ニュージーランド人初のNBA選手となったショーン・マークスが有名。国内にはNBLと呼ばれるプロバスケットボールリーグを持つ。代表はこれまでにオリンピック出場2回、世界選手権出場3回を誇る。2000年シドニーオリンピックではアフリカ王者のアンゴラ相手に1勝をおさめた。2002年世界選手権では、大方の予想を大きく上回る4位入賞と大健闘。これには世界中のバスケットボール関係者が驚かされ、「大会最大の番狂わせ」と言われた。この大会ベスト5に選ばれたペロ・キャメロンは唯一の非NBA選手だった。2004年アテネオリンピックでは、再び1勝を挙げるのみに終わるが、2002年世界選手権優勝国だったセルビア&モンテネグロ相手に90vs87で破り再び世界を驚かせた。2006年世界選手権では、地元日本に最大18点差つけられるも逆転勝利。パナマ戦にも勝利しベスト16入りした。代表チームのニックネームは「トール・ブラックス (Tall Blacks) 」。ラグビー代表同様、試合前にはハカを踊る。ニュージーランド フレッシュアイペディアより)

128件中 81 - 90件表示