前へ 1 2
16件中 1 - 10件表示
  • FIBAバスケットボール・ワールドカップ

    FIBAバスケットボール・ワールドカップから見たWOWOW

    日本が出場した1998年大会はWOWOWで中継が行われた。FIBAバスケットボール・ワールドカップ フレッシュアイペディアより)

  • FIBAバスケットボール・ワールドカップ

    FIBAバスケットボール・ワールドカップから見たジェームズ・ネイスミス

    FIBAバスケットボール・ワールドカップ(FIBA Basketball World Cup)は、4年に一度、夏季オリンピックの中間年に開催されるFIBA(国際バスケットボール連盟)主催の公式戦の一つ。2010年まではバスケットボール世界選手権(FIBA World Championship)だった。サッカーのワールドカップと同じように開催国を毎回変えて実施される大会である。なお、優勝国にはジェームズ・ネイスミス・トロフィーが贈られる。FIBAバスケットボール・ワールドカップ フレッシュアイペディアより)

  • FIBAバスケットボール・ワールドカップ

    FIBAバスケットボール・ワールドカップから見たバスケットボールアジア選手権

    バスケットボールアジア選手権(W杯のアジア予選を兼ねる)FIBAバスケットボール・ワールドカップ フレッシュアイペディアより)

  • FIBAバスケットボール・ワールドカップ

    FIBAバスケットボール・ワールドカップから見た通信衛星

    また2006年日本大会は地上波にはTBSテレビからJNN系列独占放送で日本戦を、またCS衛星放送・スカイパーフェクTV!(パーフェクト・チョイスでの無料放送)では全試合を放映した。FIBAバスケットボール・ワールドカップ フレッシュアイペディアより)

  • FIBAバスケットボール・ワールドカップ

    FIBAバスケットボール・ワールドカップから見た国際サッカー連盟

    出場国の数は何度も変更が行われているが、現在世界選手権に出場できるのは全部で24ヶ国であり、オリンピック(12カ国)を規模で上回る。開催国と前回オリンピック優勝国が出場できるほか、各大陸における予選を勝ち抜いた上位チームが出場することができる。出場できるチームの数の各大陸の内訳はFIBAランキングを元に決定される。2006年大会は、FIFA加盟国(204ヶ国)を上回る212ヶ国が本大会及び予選に参加した。FIBAバスケットボール・ワールドカップ フレッシュアイペディアより)

  • FIBAバスケットボール・ワールドカップ

    FIBAバスケットボール・ワールドカップから見たFIFAワールドカップ

    FIBAバスケットボール・ワールドカップ(FIBA Basketball World Cup)は、4年に一度、夏季オリンピックの中間年に開催されるFIBA(国際バスケットボール連盟)主催の公式戦の一つ。2010年まではバスケットボール世界選手権(FIBA World Championship)だった。サッカーのワールドカップと同じように開催国を毎回変えて実施される大会である。なお、優勝国にはジェームズ・ネイスミス・トロフィーが贈られる。FIBAバスケットボール・ワールドカップ フレッシュアイペディアより)

  • FIBAバスケットボール・ワールドカップ

    FIBAバスケットボール・ワールドカップから見たパーフェクト・チョイス

    また2006年日本大会は地上波にはTBSテレビからJNN系列独占放送で日本戦を、またCS衛星放送・スカイパーフェクTV!(パーフェクト・チョイスでの無料放送)では全試合を放映した。FIBAバスケットボール・ワールドカップ フレッシュアイペディアより)

  • FIBAバスケットボール・ワールドカップ

    FIBAバスケットボール・ワールドカップから見たTBSテレビ

    また2006年日本大会は地上波にはTBSテレビからJNN系列独占放送で日本戦を、またCS衛星放送・スカイパーフェクTV!(パーフェクト・チョイスでの無料放送)では全試合を放映した。FIBAバスケットボール・ワールドカップ フレッシュアイペディアより)

  • FIBAバスケットボール・ワールドカップ

    FIBAバスケットボール・ワールドカップから見たJ SPORTS

    2010年トルコ大会は2011年までのFIBA主催試合中継権を獲得したJ SPORTSが中継。FIBAバスケットボール・ワールドカップ フレッシュアイペディアより)

  • FIBAバスケットボール・ワールドカップ

    FIBAバスケットボール・ワールドカップから見たオリンピックバスケットボール競技

    出場国の数は何度も変更が行われているが、現在世界選手権に出場できるのは全部で24ヶ国であり、オリンピック(12カ国)を規模で上回る。開催国と前回オリンピック優勝国が出場できるほか、各大陸における予選を勝ち抜いた上位チームが出場することができる。出場できるチームの数の各大陸の内訳はFIBAランキングを元に決定される。2006年大会は、FIFA加盟国(204ヶ国)を上回る212ヶ国が本大会及び予選に参加した。FIBAバスケットボール・ワールドカップ フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2
16件中 1 - 10件表示