バスツアー ニュース&Wiki etc.

日本のバス(にほんのバス)は、日本におけるバス事情について述べる。なお、本項においては、旅客自動車運送事業としてのバスを述べる。バス車両の分類、構造、技術に関しては日本のバス車両を参考にされたい。 (出典:Wikipedia)

つながり調べ

関連のありそうなワードから見た「日本のバス」のつながり調べ

  • 中古車

    中古車から見た日本のバス

    日本の地方(大都市以外)のバス会社では経営が苦しいために新車の購入がままならず、20年以上も使い続けているバス会社も多いために、大都市で10年程度使用した規制不適合の中古バスを譲り受けて入れ替える場合が多い。規制対象となるのはトラック/バンやバス、ディーゼルエンジン搭載乗用車であり、また、2005年に石原慎太郎東京都知事が「規制対象のディーゼル車を地方で再利用しているのは、公害問題も地方に移転しているようなものだ」と問題点を指摘し、都営バスのように地方バス会社への中古車売却を認めなくなったケースも出た。このため、中古バス市場で車両価格が急騰し、それまで老朽化した旧型車両を 整備状態の良い都営バスの中古車を購入し置き換え続けることで苦しい経営を続けてきた地方の一般路線バス事業者は中古車両の購入が困難になったが(その後、都営バスでは2008年度よりKC-代車に対して条件付きで譲渡を再開した)、石原都知事の辞任後、都議会の平成25年予算特別委員会で、今後廃車する車両がすべて排出ガス規制に適合することから、基本的に中古車両として売却し有効活用を図るとしている。(中古車 フレッシュアイペディアより)

  • 南海バス

    南海バスから見た日本のバス

    営業エリアは大阪府南部で路線バス、特定輸送事業を担う。路線バスは主に大和川以南の南海電鉄、阪堺電気軌道、泉北高速鉄道、JR阪和線、大阪メトロ御堂筋線、近鉄南大阪線の沿線を走るが、大阪メトロ四つ橋線住之江公園駅への乗入れ路線もある。一部路線では深夜バスも運行している。かつては大阪市営地下鉄(当時)御堂筋線あびこ駅や近鉄長野線富田林駅、喜志駅にも乗り入れていた。(南海バス フレッシュアイペディアより)

「日本のバス」から見た関連のありそうなワードのつながり調べ

「バスツアー」のニューストピックワード