前へ 1 2 3 4 5 6 7
70件中 1 - 10件表示
  • ETC割引制度

    ETC割引制度から見た日本のバス日本のバス

    今のところ、バスを対象にしたものしかない。後述のようにエコカーを対象とした割引の導入案もあったが、実施に至っていない。ETC割引制度 フレッシュアイペディアより)

  • 大和観光自動車

    大和観光自動車から見た日本のバス日本のバス

    大和観光自動車株式会社(だいわかんこうじどうしゃ)は、埼玉県さいたま市北区に本社を置くバス事業者である。大和観光自動車 フレッシュアイペディアより)

  • 柏競馬場

    柏競馬場から見た日本のバス日本のバス

    1933年、総武鉄道野田線(現在の東武野田線)の柏〜豊四季間に「柏競馬場前駅」が開設され、常磐線柏駅からの徒歩や乗合自動車に限られていたアクセスが改善された。柏競馬場 フレッシュアイペディアより)

  • 友井タクシー

    友井タクシーから見たバス事業者日本のバス

    友井タクシー有限会社(ともいタクシー)は、栃木県小山市に本社を置くバス事業者・タクシー事業者である。貸切バス・タクシー事業のほか、路線バスの運行受託も行っている。社団法人日本バス協会の会員にはなっていない。友井タクシー フレッシュアイペディアより)

  • 大連公交客運集団有限公司

    大連公交客運集団有限公司から見たバス事業者日本のバス

    大連公交客運集団有限公司(だいれんこうこうきゃくうんしゅうだん)は中華人民共和国遼寧省大連市内に路線を展開してバス事業・鉄軌道事業などを行うバス事業者・鉄道事業者である。大連公交客運集団有限公司 フレッシュアイペディアより)

  • 南九州バスネットワーク

    南九州バスネットワークから見たバス事業者日本のバス

    南九州バスネットワーク(みなみきゅうしゅうバスネットワーク)は、鹿児島県に存在していたバス事業者である。本社は鹿児島県鹿児島市山下町9番5号に置いていた。南九州バスネットワーク フレッシュアイペディアより)

  • 足尾銅山馬車鉄道

    足尾銅山馬車鉄道から見た日本のバス日本のバス

    1895年(明治28年)9月に開業。1925年(大正14年)にガソリン機関車を導入し、動力が馬からガソリン機関車に変わる。小瀧(小滝)- 赤倉(あかくら)間の約20kmの「トロ道」と呼ばれた区間を10 - 15km/hで走る。この区間の列車本数は1日15本。ガソリン機関車が客車を牽引して走り、「ガソリンカー」とも、また、時間が正確なことから「定時」、機関車の外観から「ひょっとこ」とも呼ばれて親しまれた。1953年(昭和28年)に輸送手段がトラックやバスに取って変わり、本鉄道は廃線となる。足尾銅山馬車鉄道 フレッシュアイペディアより)

  • 三交南紀交通

    三交南紀交通から見たバス事業者日本のバス

    三交南紀交通(さんこうなんきこうつう)とは、三重県熊野市山崎町に本社を持つ一般乗合旅客自動車運送事業及び一般貸切旅客自動車運送事業を営む三重交通グループホールディングス傘下のバス事業者である。三交南紀交通 フレッシュアイペディアより)

  • 公共車両優先システム

    公共車両優先システムから見たバス事業者日本のバス

    光ビーコン等を用いない従来のバス感応信号制御は1970年代から全国に導入されているが(ニューヨークでは「オプティカム」という名前のシステムが使用され、パトカーに導入されていた)、PTPSとしては1995年に札幌市に導入されたのが始まりであり、その高い効果とバス事業者の要望から全国へ導入されるに至っている。公共車両優先システム フレッシュアイペディアより)

  • 飯島興業 (バス事業者)

    飯島興業 (バス事業者)から見たバス事業者日本のバス

    飯島興業株式会社(いいじまこうぎょう)は、埼玉県吉川市に本社を置くバス事業者である。飯島興業 (バス事業者) フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7
70件中 1 - 10件表示

「バスツアー」のニューストピックワード