70件中 41 - 50件表示
  • 日産ディーゼル・スペースランナーJP

    日産ディーゼル・スペースランナーJPから見た日本のバス日本のバス

    1992年、在来からの中型車JM系のシャーシ(車台)及びボディを延長し、日本初の中型断面10.5m級ボディを持つ路線型低床バスとして誕生した。当初はベースモデルの関係からボディメーカーは西日本車体工業(西工)のみとされ、床構造はワンステップタイプであった。日産ディーゼル・スペースランナーJP フレッシュアイペディアより)

  • 関鉄観光バス

    関鉄観光バスから見た日本のバス日本のバス

    関鉄観光バス株式会社(かんてつかんこうバス、)は、日本の茨城県と千葉県で貸切バス・乗合バス事業を営む関東鉄道(関鉄)グループのバス事業者である。旅行新聞新社主催の第16回「プロが選ぶ優良観光バス30選」(2007年(平成19年)1月)入選。関鉄観光バス フレッシュアイペディアより)

  • 能登島交通

    能登島交通から見た日本のバス日本のバス

    能登島交通株式会社(のとじまこうつう)は、石川県七尾市能登島に本社を置くバス事業者である。能登島交通 フレッシュアイペディアより)

  • 田鶴浜交通

    田鶴浜交通から見た日本のバス日本のバス

    株式会社田鶴浜交通(たつるはまこうつう)は、石川県七尾市田鶴浜に本社を置くバス事業者である。社団法人日本バス協会の会員にはなっていない。田鶴浜交通 フレッシュアイペディアより)

  • 千葉内陸バス

    千葉内陸バスから見たバス事業者日本のバス

    千葉内陸バス株式会社(ちばないりくバス)は京成電鉄の子会社であるバス事業者で、1975年12月3日に設立された。千葉内陸バス フレッシュアイペディアより)

  • 無料送迎バス

    無料送迎バスから見た日本のバス日本のバス

    一方、上記のような形態には多種の問題もある(運行中の事故やトラブル発生時の利用者との取り決めが定かでない、など)ことから、無料送迎を希望する施設が自ら(あるいは関連会社や施設が委託したバス会社)が運行を行う形で、特定旅客自動車運送事業として専用の無料送迎バスを運行している事例も多い。このような場合は旅客自動車運送事業となるため使用する車両は事業用自動車(緑ナンバー)となり、運行には国土交通省(地方運輸局)の許可が必要になるとともに、運転にも第二種免許が必要となる。無料送迎バス フレッシュアイペディアより)

  • 松戸新京成バス

    松戸新京成バスから見たバス事業者日本のバス

    松戸新京成バス(まつどしんけいせいバス)は、千葉県松戸市を中心に営業エリアをもつ、新京成電鉄(京成グループ)系列のバス事業者である。松戸新京成バス フレッシュアイペディアより)

  • 日野・レインボー

    日野・レインボーから見たバス事業者日本のバス

    初期モデルは、昭和54年排出ガス規制(規制記号:K-)適合車で、全長によってK-RJ170AAもしくはK-RJ172AAが存在した。エンジンは、RL系の最終モデルに搭載された、EH700型(直6、170ps)が引き続き採用された。方向幕は、前面に大型を搭載する場合は、その部分が隆起していた。冷房装置は、直結式が選ばれる場合は、前方屋根上にエバポレーターが搭載され、独特の外観となった。なお、事業者によっては独立機関式(サブエンジン式)も選ばれた(近畿日本鉄道など)。また、リアコンビランプは当初は規格型ではなく、縦3連式であった。日野・レインボー フレッシュアイペディアより)

  • バス代行

    バス代行から見た日本のバス日本のバス

    一般的に沿線のバス事業者が担当することになっている。JRバス各社は主要業務の一つにこの列車代行輸送がある。車庫が鉄道路線とかなり離れていても代行する場合があるのは、このためである。JRバス、鉄道事業者系列のバス事業者、鉄道事業者と代行輸送契約しているバス事業者が所有する車両の方向幕には「列車代行」の表示が用意されている。バス代行 フレッシュアイペディアより)

  • 吉田初三郎

    吉田初三郎から見た日本のバス日本のバス

    大正から昭和にかけて日本の観光ブームによって初三郎の鳥瞰図の人気は高まり、大正名所図絵社(のち観光社と改称)を設立する。その顧客は国内の交通行政を所轄し、観光事業にも強い影響力を持っていた鉄道省を筆頭に、鉄道会社やバス会社、船会社といった各地の交通事業者、旅館やホテル、地方自治体、それに新聞社などであった。吉田初三郎 フレッシュアイペディアより)

70件中 41 - 50件表示

「バスツアー」のニューストピックワード