126件中 21 - 30件表示
  • 日本のバス

    日本のバスから見た国土交通省

    日本のバスとは、道路運送法の旅客自動車運送事業として行われており、国土交通省自動車交通局の管轄を受けているものを指す。なお、これらバスに関しては道路運送法の第2章の旅客自動車輸送に該で定義されている。以下に道路運送法で該当する部分を記述する。日本のバス フレッシュアイペディアより)

  • 日本のバス

    日本のバスから見た旅行会社

    1990年代以降、貸切バス業者が旅行会社と組んで大都市間を結ぶ会員制ツアーバスが増えている。これは路線バスではないが、都市間を結ぶツアーを片道でも乗車可能にして企画した旅行商品であり、不特定多数の乗り合いによる移動という点で路線バス(高速バス)と類似した効果を発揮している。利用経路によっては高速路線バスより設備が劣る(その代り代金が安い)車両から路線車両をはるかに凌ぐ好居住性を誇る車両を選択できることや、路線バスと比較すると低運賃であり、競合することが多くなっている。これらツアーバスの台頭の背景には、観光バスを利用した団体旅行(社内旅行、慰安旅行など)が減少したことによる、貸切バス事業者の稼働率を高める意図があるものと推察される。日本のバス フレッシュアイペディアより)

  • 日本のバス

    日本のバスから見たタクシー

    ※(ハ)はタクシーについての定義。日本のバス フレッシュアイペディアより)

  • 日本のバス

    日本のバスから見た都営バス

    地方公営企業法に定義された地方公営企業(交通局)によって運行が行われているものを指す。なお、地方公営企業でない自治体運営のバスはここには該当しない。「市民の足」という前程なので路線バスが主体で、それに貸切バスが加わる程度だが、長崎県のみ設立目的が観光輸送だったため長距離高速バスを運行している。多くは市町村が運行しているが、長崎県(長崎県営バス)と東京都(都営バス)は都道府県が運行する珍しい形態である。詳しくは公営バスを参照されたい。日本のバス フレッシュアイペディアより)

  • 日本のバス

    日本のバスから見たバリアフリー

    交通空白地帯の住民の足を確保するために、自治体が主体となって企画し、主に民間事業者に運行委託する形態のバスである。(自治体バス参照。)比較的安価な運賃設定、狭隘区間を含む自由な路線設定、短い間隔の停留所設定、バリアフリーで小型の車両を利用することなどが特徴とされる。最近では東京都武蔵野市の「ムーバス」が代表例、かつ成功例としても有名である。日本のバス フレッシュアイペディアより)

  • 日本のバス

    日本のバスから見た過疎化

    しかし、1960年代後半ごろから次第にその状況は一変する。その主要因は自動車交通(自家用自動車、狭義のモータリゼーション)の発展とそれに伴う都市部の渋滞慢性化による遅延多発と、地方における過疎化である。これに伴い、実に多くの地域でバス事業者の再編やバス事業の撤退が見られる。再編の具体例として、1970年に宮城中央バス、宮城バス、仙南交通が合併して誕生した宮城交通、1976年には事業者の倒産が相次いだ岩手県における岩手県南バス、岩手中央バス、花巻バスが合併して誕生した岩手県交通があげられる。日本のバス フレッシュアイペディアより)

  • 日本のバス

    日本のバスから見た道北バス

    大手私鉄の東京急行電鉄、近畿日本鉄道、京阪神急行電鉄の再分割は有名であるが、地方のバス会社でも、道北バス、信南交通、徳島西部交通などで実施されている。一方、統合路線の返還事例もあり、例えば、南部鉄道(現:南部バス)は、八戸市に統合した路線を返還、神奈川中央交通は江ノ島電気鉄道に2路線の返還を実施している。また、これとは別に、戦時中にバス事業だけを統合された鉄軌道事業者が、戦後、新規に再開する例(相模鉄道、上田丸子電鉄(現在の上田交通)、岡山電気軌道)も相次いだ。日本のバス フレッシュアイペディアより)

  • 日本のバス

    日本のバスから見た上田交通

    大手私鉄の東京急行電鉄、近畿日本鉄道、京阪神急行電鉄の再分割は有名であるが、地方のバス会社でも、道北バス、信南交通、徳島西部交通などで実施されている。一方、統合路線の返還事例もあり、例えば、南部鉄道(現:南部バス)は、八戸市に統合した路線を返還、神奈川中央交通は江ノ島電気鉄道に2路線の返還を実施している。また、これとは別に、戦時中にバス事業だけを統合された鉄軌道事業者が、戦後、新規に再開する例(相模鉄道、上田丸子電鉄(現在の上田交通)、岡山電気軌道)も相次いだ。日本のバス フレッシュアイペディアより)

  • 日本のバス

    日本のバスから見た函館バス

    事例としては、経営合理化による一部分社の際に、地元自治体に資本参加を求めたケースがほとんどである。このケースに該当するのは、ふらのバス(もと旭川電気軌道)、東頸バス(もと頸城自動車)、仁多交通(現在の奥出雲交通、もと一畑電気鉄道)である。また、公営交通を民営に移管した場合などで、移管先のバス事業者に地方自治体が資本参加する形で発生するケースもある。この場合、函館市営バスを引き受けた函館バスのように既存事業者に地方自治体が資本参加して第三セクター化する例と、尾道市交通局を民営化したおのみちバスのように第三セクター会社を新設する例がある。日本のバス フレッシュアイペディアより)

  • 日本のバス

    日本のバスから見た茨城急行自動車

    このような中においても、山佐バス→広島郊外バス(現:広島交通)、広島帝産バス(現:広島バス)、東洋バス(千葉県)、内山自動車(現在の茨城急行自動車)などが新たにバス事業を開始することとなった。他に変わったところでは、大阪のタクシー事業者の沢タクシーが、鳥取県のバス事業者に進出した(現在の日本交通)。また、公営事業者も、尼崎市、伊丹市などが誕生し、それ以外にも実現しなかったものが多数あった。日本のバス フレッシュアイペディアより)

126件中 21 - 30件表示

「バスツアー」のニューストピックワード