126件中 71 - 80件表示
  • 日本のバス

    日本のバスから見た東海自動車

    バス会社同士の競合も激しさを増していった。そのために、1933年の自動車交通事業法が整備され、一路線一事業者の原則が作られた。これによりバス事業者の統合が進んで行くが、その方向を決定づけたのが、交通統合、ならびに戦時統合である。現在、国内で路線バスを運行する事業者の多くが、これにより誕生、または企業規模が大きくなったものである。その統合形態は一ブロック一事業者という前程であった。しかし、寄り合い世帯的な統合もあれば、実態は同一資本事業者の統合・再編という例もある。そもそも統合ブロックの分け方自体に、後者の意向が反映された事例も散見される。統合パターンとしては、鉄道事業者とバス事業者を地域毎に統一するというものが多かった。しかし、バス事業者のみで鉄道事業者との統合が行われなかった例、貨物自動車事業者との統合が行われた例もある。また、戦時統合以前にバス事業者の統廃合が進んでいたために、実質戦時統合を受けなかった例(静岡県:東海自動車、長野県:川中島自動車・長野電鉄)、戦時中バス事業を一旦全面休止にすることで統合を免れた例(熊本県:熊本電気鉄道)、合併協議が不調のまま戦後を迎え、統合を果たせなかった例(高知県 土佐交通、高知県交通)もある。一つの都市に歴史ある事業者が入り乱れている場合、こうした事情がある。なお、この件については、陸上交通事業調整法の項目が詳しい。日本のバス フレッシュアイペディアより)

  • 日本のバス

    日本のバスから見たJR

    日本国有鉄道自動車局が運行していたバス。鉄道の未成線部分に路線バスを走らせたのが始まりとされている。1987年の国鉄分割民営化により、JR各社に継承された。この時本州3社は当初から分社が望ましいとされていたため、1年後の1988年、東日本旅客鉄道から、ジェイアールバス東北、ジェイアールバス関東、東海旅客鉄道からジェイアール東海バス、西日本旅客鉄道から西日本ジェイアールバス、中国ジェイアールバスが分社された。日本のバス フレッシュアイペディアより)

  • 日本のバス

    日本のバスから見た岩手県交通

    しかし、1960年代後半ごろから次第にその状況は一変する。その主要因は自動車交通(自家用自動車、狭義のモータリゼーション)の発展とそれに伴う都市部の渋滞慢性化による遅延多発と、地方における過疎化である。これに伴い、実に多くの地域でバス事業者の再編やバス事業の撤退が見られる。再編の具体例として、1970年に宮城中央バス、宮城バス、仙南交通が合併して誕生した宮城交通、1976年には事業者の倒産が相次いだ岩手県における岩手県南バス、岩手中央バス、花巻バスが合併して誕生した岩手県交通があげられる。日本のバス フレッシュアイペディアより)

  • 日本のバス

    日本のバスから見た廃止代替バス

    いわゆる「貸切代替バス」で、適用する法から「21条バス」とも呼ばれる。詳しいことは、廃止代替バスを参照のこと。日本のバス フレッシュアイペディアより)

  • 日本のバス

    日本のバスから見た東京都

    駅やバスターミナルなどから運行し、観光地を順番に回るバスである。東京都内で運行されている「はとバス」が代表的なものである。見かけは観光バスに似ているが、決まった時間に決まった場所を回るため、法的には路線バスの一種とされている。日本のバス フレッシュアイペディアより)

  • 日本のバス

    日本のバスから見たモータリゼーション

    1923年(大正12年)9月1日に大正関東地震(関東大震災)が発生すると、被災地の東京府下は鉄道軌道が寸断され、人々の日常の足が奪われることとなった。応急的な処置として、被災した東京市電の代わりに東京市電気局がT型フォードを約800台輸入し、11人乗りに改造してバス事業を開始した。このバス事業は好評を持って迎えられ、応急的なつもりであったのが恒常的な運行へと変化し、「円太郎バス」との愛称も付けられた。この東京市での成功によって全国にバス事業が広まり、また、輸入トラックを利用した貨物輸送も始まって、旅客および物流におけるモータリゼーションが到来した。日本のバス フレッシュアイペディアより)

  • 日本のバス

    日本のバスから見た自治体バス

    交通空白地帯の住民の足を確保するために、自治体が主体となって企画し、主に民間事業者に運行委託する形態のバスである。(自治体バス参照。)比較的安価な運賃設定、狭隘区間を含む自由な路線設定、短い間隔の停留所設定、バリアフリーで小型の車両を利用することなどが特徴とされる。最近では東京都武蔵野市の「ムーバス」が代表例、かつ成功例としても有名である。日本のバス フレッシュアイペディアより)

  • 日本のバス

    日本のバスから見た鉄道駅

    都市内の輸送や住宅地・集落と最寄鉄道駅との輸送を担う。大都市部においては地下鉄網の拡充、郊外や地方においては自家用車の普及や過疎化などにより、利用客が減少し、路線の再編や地域ごとの分社化、さらには路線の廃止が行われている。日本のバス フレッシュアイペディアより)

  • 日本のバス

    日本のバスから見た公営バス

    (公営バスも参照)。その10年前の1993年度は民営348、公営50の、計398であった。10年で2割以上増加している。こうした事業者数の増加の背景には、各バス事業者が分社化を進めたことが背景にある。乗合バス事業者を資本金の額により分類すると、資本金5,000万円以下、資本金1億円以下、資本金5億円以下、資本金10億円以下、資本金10億円以上となる。これに対し、貸切バス事業者の場合、資本金5,000万円以下が87.1%と大半を占めており、乗合バス事業者よりも中小企業が多いことが分かる。日本のバス フレッシュアイペディアより)

  • 日本のバス

    日本のバスから見たフォード・モデルT

    1923年(大正12年)9月1日に大正関東地震(関東大震災)が発生すると、被災地の東京府下は鉄道軌道が寸断され、人々の日常の足が奪われることとなった。応急的な処置として、被災した東京市電の代わりに東京市電気局がT型フォードを約800台輸入し、11人乗りに改造してバス事業を開始した。このバス事業は好評を持って迎えられ、応急的なつもりであったのが恒常的な運行へと変化し、「円太郎バス」との愛称も付けられた。この東京市での成功によって全国にバス事業が広まり、また、輸入トラックを利用した貨物輸送も始まって、旅客および物流におけるモータリゼーションが到来した。日本のバス フレッシュアイペディアより)

126件中 71 - 80件表示

「バスツアー」のニューストピックワード