前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
142件中 1 - 10件表示
  • エリザベス2世

    エリザベス2世から見たバッキンガム宮殿バッキンガム宮殿

    同年5月29日に、バッキンガム宮殿内のプライベート・チャペルで、のによって洗礼が施された。名前はそれぞれ母エリザベスと父方の曽祖母アレクサンドラ、同じく父方の祖母メアリーに因んで命名され、家族からは“リリベット”の愛称で呼ばれていた。ジョージ5世はエリザベスを溺愛しており、1929年に大病を患った際も、彼女が定期的に見舞いに訪れたことが、病の回復を早めるのに一役買ったと言われている。エリザベス2世 フレッシュアイペディアより)

  • アゴスティーノ・ステッファーニ

    アゴスティーノ・ステッファーニから見たバッキンガム宮殿バッキンガム宮殿

    1674年にミュンヘンに戻り、最初の作品《 Psalmodia vespertina》を出版(1世紀後にマルティーニ師の『対位法教程 Saggio dl contrapunto』において部分的に転載される)。1675年に宮廷オルガニストに任命され、年代は不明ながらも司祭へ叙階されてレプシング大修道院長の称号を得る。聖職者という地位は、舞台音楽への関心に妨げとなるものではなかった。ステッファーニは生涯のさまざまな時期に劇場のための音楽を作曲しており、それらの音楽は、間違いなく当時の劇音楽に強い影響力を及ぼしたのである。最初の歌劇《マルクス・アウレリウス帝 Marco Aurelio》は、1681年にミュンヘンでカーニバルのために作曲され、上演されたが、これは分かっている限り、唯一つの筆写譜がバッキンガム宮殿王立図書館に保存されている。本作に続いて、《ソロン Solone》(1685年)、《厚かましさと敬意 Audacia e rispetto》《恋の特権 Prerogative d'amore》《ローマ王セルウィウス・トゥリウス Servio Tullio》(1686年)、《アラリック Alarico》(1687年)、《ニオベ Niobe》(1688年)が産み出されたが、これらの作品の行方は杳としてつかめない。アゴスティーノ・ステッファーニ フレッシュアイペディアより)

  • 近衛兵 (イギリス)

    近衛兵 (イギリス)から見たバッキンガム宮殿バッキンガム宮殿

    現在でも、バッキンガム宮殿やウィンザー城等において英国陸軍の近衛兵が衛兵勤務に就いている。衛兵は直立不動の姿勢で警衛を行い、衛兵交代式は観光資源の一つとなっている。歩兵部隊の正装は赤い上着に熊の毛皮の帽子 (Bearskin) で有名であり、連隊によって制服のボタンの配列と帽子の飾りに差異がある。騎兵部隊はジャケットの色が連隊により異なる。近衛兵 (イギリス) フレッシュアイペディアより)

  • ロンドン

    ロンドンから見たバッキンガム宮殿バッキンガム宮殿

    1762年、ジョージ3世はバッキンガム・ハウスを手中に収め、以後75年間に渡って同邸宅は拡張を続けた。18世紀、ロンドンの犯罪率は高く、1750年にはロンドン最初の専業の警察としてが設立された。総計で200件以上の犯罪に死刑判決が下され、小規模な窃盗罪でも女性や子どもが絞首刑に処された。ロンドンで生まれた子どもの74%以上は5歳未満で死亡していた。 コーヒー・ハウスが意見を交わす社交場として流行したのに伴い、リテラシーの向上やニュースを世間一般に広める印刷技術が向上し、フリート・ストリートは報道機関の中心地となっていた。ロンドン フレッシュアイペディアより)

  • エリザベス・ボーズ=ライアン

    エリザベス・ボーズ=ライアンから見たバッキンガム宮殿バッキンガム宮殿

    1922年2月に、アルバートの妹メアリー王女とラッセルズ子爵(後に第6代ハーウッド伯ヘンリー・ラッセルズ (:en:Henry Lascelles, 6th Earl of Harewood))との結婚式が挙行され、エリザベスはメアリーの花嫁付添人 (:en:Bridesmaid) に選ばれている。結婚式の翌月にアルバートは再びエリザベスに求婚したが、このときもエリザベスはアルバートの申し出を断った。王族との結婚生活に不安を抱きつつも、エリザベスがアルバートの求婚を受け入れたのは1923年1月のことである。自由恋愛の末にエリザベスと結婚したアルバートは、エリザベスが貴族の娘だったにも関わらず、王室の近代化の現れであるとしてイギリス国民から歓迎された。それまでの王子は、伝統的に他国の王女との結婚が求められていたためである。アルバートとエリザベスは1923年4月26日にウェストミンスター寺院で結婚式を挙げた。ウェストミンスター寺院へ赴く途中でエリザベスは、第一次大戦で戦没した兄ファーガスを偲んで、路上にあった第一次世界大戦の戦没者を悼む無名戦士の墓 (:en:the Unknown Warrior) に、手に持っていたブーケを突然捧げた。これ以来、王族の結婚式では、結婚式後に花嫁がブーケを無名戦士の墓に捧げることが伝統となっている。王族の一員となったエリザベスは、ヨーク公夫人殿下 (Her Royal Highness The Duchess of York ) の称号で呼ばれることとなった。バッキンガム宮殿で催された、三代のイギリス国王に仕えた料理長ガブリエル・チュミ (:en:Gabriel Tschumi) が用意した結婚式後の会食を終えた後に、ヨーク公夫妻は新婚旅行先のサリー郊外のマナー・ハウス、ポレスデン・レイシー (:en:Polesden Lacey) に向かった。その後、夫妻はスコットランドへ渡ったが、この地でエリザベスは「無粋な」百日咳にかかってしまった。エリザベス・ボーズ=ライアン フレッシュアイペディアより)

  • ウォリス・シンプソン

    ウォリス・シンプソンから見たバッキンガム宮殿バッキンガム宮殿

    シンプソン夫妻を王太子エドワードに紹介したのは、当時の王太子の愛人であった、ファーネス子爵夫人テルマであった。1931年1月に、夫人の別荘で催されたパーティーにおいて二人は出会い、ウォリスは王太子に一目惚れし、同年6月にはバッキンガム宮殿で開かれた王太子の父ジョージ5世の謁見に夫妻揃って参内した。夫人がニューヨークに出かけた1933年の冬頃、ウォリスは王太子の新しい愛人となった。ウォリス・シンプソン フレッシュアイペディアより)

  • シティ・オブ・ウェストミンスター

    シティ・オブ・ウェストミンスターから見たバッキンガム宮殿バッキンガム宮殿

    1965年に行われた行政区の大改正により、グレーター・ロンドンの設置とともに誕生した。その地域は本来のウェストミンスター地区よりも広範囲に及んでいる。この新行政区への移行に伴って、ウェストミンスターはシティの地位に指定された。区域には広い公園や広場が多数ある一方で、区の人口密度は高い。バッキンガム宮殿、ウェストミンスター寺院などの歴史的名所のほか、ウェストミンスター宮殿(英国議会議事堂)、ダウニング街10番地などホワイトホール一帯、王立裁判所など政府の中枢が集中して立地している。シティ・オブ・ウェストミンスター フレッシュアイペディアより)

  • アルフレート・フォン・ザクセン=コーブルク・ウント・ゴータ

    アルフレート・フォン・ザクセン=コーブルク・ウント・ゴータから見たバッキンガム宮殿バッキンガム宮殿

    アルフレッド・オブ・エディンバラ(Prince Alfred of Edinburgh)、1893年よりアルフレート・フォン・ザクセン=コーブルク・ウント・ゴータ(Alfred Prinz von Sachsen-Coburg und Gotha, 1874年10月15日 バッキンガム宮殿 - 1899年2月6日 メラーノ)は、イギリスの王族。ドイツのザクセン=コーブルク=ゴータ公国の公世子であり、またエディンバラ公爵位の相続予定者だった。全名はアルフレッド・アレグザンダー・ウィリアム・アーネスト・アルバート(Alfred Alexander William Ernest Albert)。アルフレート・フォン・ザクセン=コーブルク・ウント・ゴータ フレッシュアイペディアより)

  • ダイアナ (プリンセス・オブ・ウェールズ)

    ダイアナ (プリンセス・オブ・ウェールズ)から見たバッキンガム宮殿バッキンガム宮殿

    スイスから帰国したダイアナは社交界にデビューし、1978年11月にバッキンガム宮殿で開かれたチャールズ王太子の誕生日パーティーで初めて将来の夫と対面する。ダイアナがこのパーティーに招待されたのは長姉のセーラが1977年から1978年にかけてチャールズ王太子と交際していたからである。この交際はうまくいかなかったが、チャールズはスペンサー家のことはよく知っていたのである。ダイアナ (プリンセス・オブ・ウェールズ) フレッシュアイペディアより)

  • ジョージ6世 (イギリス王)

    ジョージ6世 (イギリス王)から見たバッキンガム宮殿バッキンガム宮殿

    ヨーロッパで高まる戦争への気運が、ジョージ6世の統治初期に大きな影響を与えた。憲法上、イギリス国王たるジョージ6世には、イギリス首相ネヴィル・チェンバレンが推進するアドルフ・ヒトラーへの宥和政策に協力する義務があった。1938年のミュンヘン会談で、ヒトラーの要求をほぼ全面的に認める協定を締結したチェンバレンを迎えた国王夫妻は、チェンバレンにバッキンガム宮殿のバルコニーで国王夫妻とともに、国民からの歓迎を受ける特権を与えた。国王と政治家の友好関係を大衆の前で見せるのは極めて例外的であり、王宮のバルコニーからの謁見も伝統的に王族のみに許される行為だった。イギリス国民からは広く歓迎された、チェンバレンの対ヒトラー宥和政策だったが、イギリス庶民院ではこの政策に反対する意見もあった。歴史家ジョン・グリッグ (:en:John Grigg) は、この時期のジョージ6世の政治的行動が「ここ数世紀のイギリス国王の中で、もっとも憲法に違反している」としている。ジョージ6世 (イギリス王) フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
142件中 1 - 10件表示

「バッキンガム宮殿」のニューストピックワード