142件中 91 - 100件表示
  • ザ・リバティーンズ

    ザ・リバティーンズから見たバッキンガム宮殿バッキンガム宮殿

    2002年、両A面シングル「ホワット・ア・ウェイスター/アイ・ゲット・ アロング」をリリースしてデビューを果たす。プロデューサーは元スウェードのバーナード・バトラー。シングル発売日と同日、エリザベス女王即位50周年記念の祝典が開催されており、バッキンガム宮殿内ではロック・スター参加のコンサートが行なわれ、大々的にテレビ中継されていた。彼等はこれに対抗し、宮殿の道挟んだ向かい側でギグを決行。さらにこのシングルをヴァージン・メガストアで万引きする(その模様は後にシングルとなる「ドント・ルック・バック・イントゥ・ザ・サン」のPV中に挿入されている)。こうしてバンドは反体制派のヒーローとしての立場を確立した。シングルは放送禁止処分となったが、全英37位を記録。ザ・リバティーンズ フレッシュアイペディアより)

  • ロンドンオリンピック (2012年)

    ロンドンオリンピック (2012年)から見たバッキンガム宮殿バッキンガム宮殿

    スタジアムの電光掲示板にフィルム映像が映し出され、エリザベス女王がタキシード姿の当代ジェームズ・ボンド、ダニエル・クレイグにエスコートされながらバッキンガム宮殿を出てヘリコプターに搭乗。ヘリがスタジアムに向かって離陸、飛行する映像が流されると、『ジェームズボンドのテーマ』がスタジアムに流される中、上空にヘリが飛来。女王とボンド(いずれもスタントマン)がヘリから飛び降りユニオンフラッグがプリントされたパラシュートでスタジアムに降下した。「ジェームズ・ボンドにエスコートされた空飛ぶ女王陛下」の演出に観衆が驚く中、エリザベス女王本人が貴賓席に登場した。その後イギリス国旗が入場し、聴覚障害の子供たちが手話によってイギリス国歌を合唱する中、国旗が掲揚された。ロンドンオリンピック (2012年) フレッシュアイペディアより)

  • ジョン・バカン

    ジョン・バカンから見たバッキンガム宮殿バッキンガム宮殿

    1936年は王室にとって明らかに激動の1年だったとバカンは考えていた。1月下旬にジョージ5世が死去し、長男で大衆的な人気があった皇太子のエドワードがエドワード8世として即位した。その頃オタワの総督官邸であるリドー・ホールには喪章が掲げられ、服喪期間中公式の行事はすべて中止された。年が変わらないうちに、新国王がアメリカ人女性で離婚経験のあるウォリス・シンプソンとの結婚を計画していることが明らかになり、各自治領でも反対論が噴出した。バカンはバッキンガム宮殿と時の英国首相スタンリー・ボールドウィンにカナダ人の国王に深く尊敬の念を抱いていることと、エドワードがシンプソンと結婚した場合に起こるであろう、カトリックとプロテスタント双方の宗教感情を害することを指摘した。12月11日までにエドワードは王太子のヨーク公アルバートに賛成して退位することを決めた。カナダにおける王位継承順位は他の自治領と同じままだったため、バカンは退位について定めた英国本国の法律にカナダ政府として同意し、最終的には1937年にカナダ王位継承法を裁可することでこのことを追認した。マッケンジー・キングが国王退位の報をもたらしたとき、彼は総督として3人の王を代表することになったとつぶやいている。ジョン・バカン フレッシュアイペディアより)

  • 愛こそはすべて

    愛こそはすべてから見たバッキンガム宮殿バッキンガム宮殿

    2002年6月3日、バッキンガム宮殿で行われた、女王エリザベス2世戴冠50周年記念コンサートのラストにて、出演者全員で合唱され、ポール・マッカートニーがベースとリード・ヴォーカルの一部を担当した。ポールがビートルズ解散後にこの曲を一般観客の前で歌ったのは、これが初めてである。この時はコンサートの趣旨に合わせ、イントロにイギリス国歌「女王陛下万歳」が演奏された。愛こそはすべて フレッシュアイペディアより)

  • ジェーン・スターリング

    ジェーン・スターリングから見たバッキンガム宮殿バッキンガム宮殿

    スターリングと彼女の姉は、ショパンにイングランドで連続演奏会を開くことを持ちかけた。病を患っていた彼は遠出には消極的であったが、演奏旅行で得られる資金が必要であったため提案に同意した。一行は1848年4月20日にロンドンに向かって旅立った。スターリングを通じ、ショパンはイギリス社交界の上流階級の面々に紹介された。5月15日の私的な演奏会において、彼はヴィクトリア女王とアルバート公の御前で演奏している(しかし、時おりいわれるように彼がバッキンガム宮殿に招かれて演奏したという事実はない)。8月までにロンドンでのシーズンは終わりを向かえ、ショパンはスターリングの実家があるスコットランドに赴くことにした。彼らは皆、エディンバラに程近いカルダー邸(Calder House)に宿泊した。これはスターリング姉妹の義理の兄弟にあたる、スコットランド貴族のトーフィッケン閣下の居城であった。ショパンは町から町へ引っ張られるようにして、裕福な親戚に次から次へと会わされていったが、フランス語とポーランド語しか話せないショパンは、いつも会わされた多くの人びとと会話することも出来ず、健康状態をさらに悪化させただけであった。8月28日にはマンチェスターで3曲演奏することになったが、あまりに弱っていた彼は担がれて舞台への上り下りを行った。この旅行にかかった費用は全てスターリングが支払った。ショパンが最後の遺言をしたためたのは、旅行の最中の10月の暮れに数日滞在したポーランドのウィシュツジニスキ医師(? Adam Łyszczyński)の家でのことだった。「万一私がどこかで急死するようなことになったら、将来私の原稿は処分等がなされるように。」と友人のヴォイチェフ・グジマワに宛てて書き送ったのである。ジェーン・スターリング フレッシュアイペディアより)

  • オーガスタス・フレデリック (サセックス公)

    オーガスタス・フレデリック (サセックス公)から見たバッキンガム宮殿バッキンガム宮殿

    イギリス王ジョージ3世と王妃シャーロット・オブ・メクレンバーグ=ストレリッツの6男として、バッキンガム宮殿で生まれた。彼は家庭教師による教育を受けた後、兄アーネスト(後のハノーファー王エルンスト)らと共にゲッティンゲン大学で学んだ。オーガスタスは気管支喘息の持病があったことから、兄弟達のように陸軍や海軍に入隊することはなかった。彼は周囲から、イングランド国教会の聖職者になるとみられていた。オーガスタス・フレデリック (サセックス公) フレッシュアイペディアより)

  • モード (ノルウェー王妃)

    モード (ノルウェー王妃)から見たバッキンガム宮殿バッキンガム宮殿

    1896年6月22日、モードはバッキンガム宮殿のチャペルで、従弟にあたるデンマーク王子カールと結婚した。カールは母アレクサンドラの兄であるデンマーク王太子フレゼリク(後のフレゼリク8世)の次男だった。花嫁の父エドワード王太子は、イギリスに滞在するときの住まいにするようにとサンドリンガムの館をモードに与えた。その館で、1903年7月にモードとカールの一人息子アレクサンダー(のちのオーラヴ5世 (ノルウェー王))が生まれた。モード (ノルウェー王妃) フレッシュアイペディアより)

  • キャサリン (ケンブリッジ公爵夫人)

    キャサリン (ケンブリッジ公爵夫人)から見たバッキンガム宮殿バッキンガム宮殿

    挙式は2011年4月29日にウェストミンスター寺院で行われ、YouTubeでもライブ配信された。花嫁の付き添い人(メイド・オブ・オナー)を務めたのは、妹のピッパ・ミドルトンである。結婚式当日は公休となり、夜にはバッキンガム宮殿で祖母エリザベス女王主催のパーティーが開かれる模様で、各国から王室関係者や著名人などが参加する。日本からも皇太子徳仁親王夫妻が出席する予定であったが、東日本大震災の影響により取り止めとなった。キャサリン (ケンブリッジ公爵夫人) フレッシュアイペディアより)

  • パレード

    パレードから見たバッキンガム宮殿バッキンガム宮殿

    Image:Queens.guard.buck.palace.arp.jpg|バッキンガム宮殿での女王近衛部隊のパレード。2005年。パレード フレッシュアイペディアより)

  • アラン・マキルレイス

    アラン・マキルレイスから見たバッキンガム宮殿バッキンガム宮殿

    マキルレイスの二重生活は、スコットランドのタブロイド紙『デイリー・レコード』によって暴かれた。2006年4月11日、同誌は「ウォルター・ミッティ卿」(Sir Walter Mitty)と題した記事を掲載した。この中で同誌はイギリス陸軍及びバッキンガム宮殿に対してマキルレイスの経歴について問い合わせたものの、いずれも彼の存在を確認出来なかった。さらに陸軍広報官は「私は彼が詐欺師と確信する。彼は陸軍の将校ではなかったし、兵卒や士官候補生でもなかった。宇宙士官候補生でも当たってみたらどうだね」と語ったという。グラスゴー大学もマキルレイスの在学を確認出来なかった。アラン・マキルレイス フレッシュアイペディアより)

142件中 91 - 100件表示

「バッキンガム宮殿」のニューストピックワード