218件中 111 - 120件表示
  • ヘレナ (イギリス王女)

    ヘレナ (イギリス王女)から見たバッキンガム宮殿バッキンガム宮殿

    バッキンガム宮殿で誕生。長姉にドイツ皇后ヴィクトリア、次姉にヘッセン大公妃アリス、長兄にエドワード7世、次兄にザクセン=コーブルク=ゴータ公アルフレートらがいる。ヘレナ (イギリス王女) フレッシュアイペディアより)

  • エリーザベト・フォン・グロスブリタンニエン

    エリーザベト・フォン・グロスブリタンニエンから見たバッキンガム宮殿バッキンガム宮殿

    イギリス王ジョージ3世と王妃シャーロットの三女として、バッキンガム宮殿で生まれた。両親と姉妹たちに囲まれて育った。両親は子供たちのうち特に娘たちを手元に置こうとする傾向が強かったが、1812年にエリザベスは自分の私邸として、バークシャーのオールド・ウィンザーにあった元修道院を購入して移り住んだ。エリーザベト・フォン・グロスブリタンニエン フレッシュアイペディアより)

  • オーガスタ・ソフィア・オブ・ザ・ユナイテッド・キングダム

    オーガスタ・ソフィア・オブ・ザ・ユナイテッド・キングダムから見たバッキンガム宮殿バッキンガム宮殿

    ジョージ3世と王妃シャーロットの第6子(次女)として、バッキンガム宮殿で生まれた。子供たち(特に王女たち)を手元に置きたがる両親の意向のために、宮廷から離れて育てられた。オーガスタ・ソフィア・オブ・ザ・ユナイテッド・キングダム フレッシュアイペディアより)

  • ソフィア・オブ・ジ・ユナイテッド・キングダム

    ソフィア・オブ・ジ・ユナイテッド・キングダムから見たバッキンガム宮殿バッキンガム宮殿

    ジョージ3世と王妃シャーロットの第12子(五女)として、バッキンガム宮殿で生まれた。他の姉妹たちと同様に、宮廷外の誰とも交わらず、両親の手元で育てられた。ソフィア・オブ・ジ・ユナイテッド・キングダム フレッシュアイペディアより)

  • パトリシア・オブ・コノート

    パトリシア・オブ・コノートから見たバッキンガム宮殿バッキンガム宮殿

    パトリシアは1886年3月17日、聖パトリックの祝日にロンドンのバッキンガム宮殿で生まれた。父はヴィクトリア女王の三男であるコノート公およびストラサーン公アーサー、母はプロイセン王女ルイーゼ・マルガレーテである。姉のマーガレットはのちにスウェーデン王太子妃となった。パトリシア・オブ・コノート フレッシュアイペディアより)

  • 信任状捧呈式

    信任状捧呈式から見たバッキンガム宮殿バッキンガム宮殿

    ファイル:Peter Ammon and Anna Clunes cropped Peter Ammon and Anna Clunes 20141105 1.jpg| 信任状を捧呈しバッキンガム宮殿から戻った英国駐箚ドイツ特命全権大使ペーター・アンモンと送迎した外交団次帥アンナ・クラウス。大使(左)は昼の正礼装であるモーニングコート、次帥(右)は正礼装である宮廷服を着用信任状捧呈式 フレッシュアイペディアより)

  • アドルファス (ケンブリッジ公)

    アドルファス (ケンブリッジ公)から見たバッキンガム宮殿バッキンガム宮殿

    イギリス王ジョージ3世と王妃シャーロット・オブ・メクレンバーグ=ストレリッツの七男として、バッキンガム宮殿で誕生した。家庭教師による教育の後、1786年に兄たちとともにドイツのゲッティンゲン大学で学んだ。アドルファス (ケンブリッジ公) フレッシュアイペディアより)

  • トム・クリーン

    トム・クリーンから見たバッキンガム宮殿バッキンガム宮殿

    1913年2月12日、クリーンと残っていた隊員はテラノバでニュージーランドのリトルトンに到着し、それから間もなくイングランドに戻った。バッキンガム宮殿で遠征隊の残ったメンバーが、国王ジョージ5世と、第一海軍卿となったルイス・アレグザンダー・マウントバッテンから極圏メダルを受章した。クリーンとラシュリーは二人ともエバンスの人命救助についてアルバート・メダル2等級を、1913年7月26日にバッキンガム宮殿で国王から授けられた。クリーンは1910年9月9日に遡って上等兵曹に昇格された。トム・クリーン フレッシュアイペディアより)

  • 国王演説

    国王演説から見たバッキンガム宮殿バッキンガム宮殿

    なお、国王チャールズ1世が議会により処刑された経緯から、君主が議会に赴く際には下院議員1名が君主の人質となりバッキンガム宮殿に滞在するという慣習がある。現代では全く儀礼的な慣習であるが、この慣習によってベテランの議員1名は登院せず、宮殿においてテレビで演説を視聴し、君主が帰城するまで宮殿にとどまることとなっている。国王演説 フレッシュアイペディアより)

  • Uマチック

    Uマチックから見たバッキンガム宮殿バッキンガム宮殿

    特に業務用の「BV(Broadcasting Video)シリーズ」は、カセットテープ方式の容易さと即時性から報道現場に変化をもたらし、そのテープローディング技術はフィルムからビデオテープレコーダ(VTR)へ変遷していく流れの基礎となった。「映画・演劇のカンヅメ時代」発表当時、芸能界でも多くがこのカセットビデオを購入。バッキンガム宮殿にも納入された。Uマチック フレッシュアイペディアより)

218件中 111 - 120件表示

「バッキンガム宮殿」のニューストピックワード