218件中 11 - 20件表示
  • ベルグレイヴィア

    ベルグレイヴィアから見たバッキンガム宮殿バッキンガム宮殿

    地区はバッキンガム宮殿の南西に位置している。名目上その境界線は、北側はナイツブリッジ(ここでは地区ではなく道路を指す)、東側はとバッキンガム・パレス・ロード、南側はピムリコ・ロード、西側はスローン・ストリートとされている。ベルグレイヴィア フレッシュアイペディアより)

  • ロイヤル・ナイト 英国王女の秘密の外出

    ロイヤル・ナイト 英国王女の秘密の外出から見たバッキンガム宮殿バッキンガム宮殿

    英国ロンドン、バッキンガム宮殿から、歓呼に沸く群衆を、陸軍の軍服に身を包んだリリベットことエリザベス王女が静かに見つめていた。そこに妹マーガレット王女が現れ、今宵こそ王宮の外へ出たいと胸を躍らせる。リリベットは母エリザベス王妃に願い出るものの、姉妹の予想通り却下される。リリベットはマーガレットの部屋を訪れ、結果を伝える。軍服のリリベットに対し、マーガレットは若い娘らしい花柄のワンピースを着、その部屋にはブロマイドが飾られ、流行の音楽が流れていた。侍従から聞いた、ロンドン一のホット・スポット、あのグレゴリー・ペックも訪れたというクラブ「カーゾン」に憧れるマーガレットはリリベットの手を取って流行りのステップを踏む。6年に及んだ戦時下生活に加え、王族としての義務と慣習の中で「尼僧のように」暮らす姉妹は若さを持て余していた。ロイヤル・ナイト 英国王女の秘密の外出 フレッシュアイペディアより)

  • 1992年ウィンザー城火災

    1992年ウィンザー城火災から見たバッキンガム宮殿バッキンガム宮殿

    1992年ウィンザー城火災()は、居住者がいる城として最大であり、女王エリザベス2世の官邸の1つであるウィンザー城で、1992年11月20日に発生した火災である。ウィンザー城は火災で甚大な被害を受け、数年かかって3650万ポンドで完全に修復された。修復計画は保護建築会社のによって指揮された。火災の結果として、女王の収入からの納税、および復旧代金の補填のため女王のもう1つの官邸であるバッキンガム宮殿の一般公開が始まった。1992年ウィンザー城火災 フレッシュアイペディアより)

  • ダイアナ (プリンセス・オブ・ウェールズ)

    ダイアナ (プリンセス・オブ・ウェールズ)から見たバッキンガム宮殿バッキンガム宮殿

    1997年8月31日深夜、フランス・パリでドディとともに乗車していた車が交通事故を起こして死去する(→パリで交通事故死)。死後、チャールズ皇太子の意向によりイギリス王室が彼女の遺体を引き取り、準国葬の「王室国民葬」に付された。英国民の強いダイアナ哀悼の機運から、女王エリザベス2世が特別声明を出し、また葬儀中にはバッキンガム宮殿に半旗が掲げられるという異例の処置が取られた(→哀悼・葬儀)。ダイアナ (プリンセス・オブ・ウェールズ) フレッシュアイペディアより)

  • 女王陛下の007

    女王陛下の007から見たバッキンガム宮殿バッキンガム宮殿

    2012年ロンドンオリンピックの開会式には、エリザベス2世がバッキンガム宮殿からジェームズ・ボンドの身辺警護で、ヘリコプターでロンドンオリンピックの会場上空まで移動し、ユニオンジャックのパラシュートで地上に降下し、オリンピックスタジアムの貴賓席に姿を表す、という「サプライズ演出」がなされた。女王陛下の007 フレッシュアイペディアより)

  • ジョージ4世 (イギリス王)

    ジョージ4世 (イギリス王)から見たバッキンガム宮殿バッキンガム宮殿

    ジョージ4世は贅沢な生活を送り、摂政時代の流行に貢献した。彼は新しい形のレジャー、スタイル、趣味のパトロンになり、ジョン・ナッシュを支援してバッキンガム宮殿の改修とブライトンにあるロイヤル・パビリオンの建築、を支援してウィンザー城を再建した。ジョージ4世 (イギリス王) フレッシュアイペディアより)

  • シティ・オブ・ウェストミンスター

    シティ・オブ・ウェストミンスターから見たバッキンガム宮殿バッキンガム宮殿

    1965年に行われた行政区の大改正により、グレーター・ロンドンの設置とともに誕生した。その地域は本来のウェストミンスター地区よりも広範囲に及んでいる。この新行政区への移行に伴って、ウェストミンスターはシティの地位に指定された。区域には広い公園や広場が多数ある一方で、区の人口密度は高い。バッキンガム宮殿、ウェストミンスター寺院などの歴史的名所のほか、ウェストミンスター宮殿(英国議会議事堂)、首相官邸・財相公邸・院内幹事長公邸のあるダウニング街などホワイトホール一帯、王立裁判所など政府の中枢が集中して立地している。シティ・オブ・ウェストミンスター フレッシュアイペディアより)

  • ウォリス・シンプソン

    ウォリス・シンプソンから見たバッキンガム宮殿バッキンガム宮殿

    シンプソン夫妻を王太子エドワードに紹介したのは、当時の王太子の愛人であった、ファーネス子爵夫人テルマであった。1931年1月に、夫人の別荘で催されたパーティーにおいて2人は出会い、ウォリスは王太子に一目惚れし、同年6月にはバッキンガム宮殿で開かれた王太子の父ジョージ5世の謁見にシンプソン夫妻が揃って参内した。夫人がニューヨークに出かけた1933年の冬頃、ウォリスは王太子と不倫関係となった。ウォリス・シンプソン フレッシュアイペディアより)

  • ジョージ6世 (イギリス王)

    ジョージ6世 (イギリス王)から見たバッキンガム宮殿バッキンガム宮殿

    ヨーロッパで高まる戦争への気運が、ジョージ6世の統治初期に大きな影響を与えた。憲法上、国王たるジョージ6世には、首相ネヴィル・チェンバレンが推進するアドルフ・ヒトラーへの宥和政策に協力する義務があった。1938年のミュンヘン会談で、ヒトラーの要求をほぼ全面的に認める協定を締結したチェンバレンを迎えた国王夫妻は、チェンバレンにバッキンガム宮殿のバルコニーで国王夫妻とともに、国民からの歓迎を受ける特権を与えた。国王と政治家の友好関係を大衆の前で見せるのは極めて例外的であり、王宮のバルコニーからの謁見も伝統的に王族のみに許される行為だった。ジョージ6世 (イギリス王) フレッシュアイペディアより)

  • カーズ2

    カーズ2から見たバッキンガム宮殿バッキンガム宮殿

    イギリスで登場するバッキンガム宮殿の近衛兵の一員。車体はランドローバー・88シリーズ。カーズ2 フレッシュアイペディアより)

218件中 11 - 20件表示

「バッキンガム宮殿」のニューストピックワード