142件中 21 - 30件表示
  • ルイーズ (ファイフ公爵夫人)

    ルイーズ (ファイフ公爵夫人)から見たバッキンガム宮殿バッキンガム宮殿

    幼少期は、両親の所領のあるノーフォークのサンドリンガム・ハウスで育った。妹ヴィクトリアとモード同様、王族としての教育を受けた。1889年6月27日、40歳の第6代ファイフ伯アレグザンダー(スコットランド貴族)とバッキンガム宮殿で結婚。結婚式から2日後、ヴィクトリア女王は、アレグザンダーを初代ファイフ公爵及び初代マクダフ侯爵(いずれも連合王国貴族の爵位)とし、この爵位は男系子孫によってのみ継承されると定めた。しかし、ファイフ公爵とルイーズとの間には夭折した長男アラステア以後男子が生まれなかったため、1900年4月24日に女王は、アレグザンダーに二つ目のファイフ公爵位とマクダフ侯爵位(いずれも連合王国貴族の爵位)を与え、息子がいない場合には「ルイーズとの間に生まれた息女らと彼女らの男系子孫に継承される」と定めた。ルイーズ (ファイフ公爵夫人) フレッシュアイペディアより)

  • フリードリヒ・ヴィルヘルム (メクレンブルク=シュトレーリッツ大公)

    フリードリヒ・ヴィルヘルム (メクレンブルク=シュトレーリッツ大公)から見たバッキンガム宮殿バッキンガム宮殿

    フリードリヒ・ヴィルヘルムは1843年6月28日にバッキンガム宮殿でイギリス王ジョージ3世の七男ケンブリッジ公爵アドルファスの長女アウグスタ(1822年 ? 1916年)と結婚した。その後彼はオックスフォード大学で学んでいる。フリードリヒ・ヴィルヘルム (メクレンブルク=シュトレーリッツ大公) フレッシュアイペディアより)

  • ファイフ公爵

    ファイフ公爵から見たバッキンガム宮殿バッキンガム宮殿

    1889年にアレグザンダーとルイーズ王女はバッキンガム宮殿で結婚式を挙げ、ヴィクトリア女王はアレグザンダーをファイフ公爵およびマクダフ侯爵(; ともに連合王国貴族)に叙した。このときの勅許状()では、爵位は初代公の(直系男子) に相続されると定められていたが、アレグザンダーとルイーズの間には夭逝した長男アラステア以後男子が生まれなかった。そこで1900年に女王は、「初代公の女子、およびその直系男子」にも相続を認めるという付きでファイフ公爵およびマクダフ伯爵(; 連合王国貴族)に叙した。ファイフ公爵 フレッシュアイペディアより)

  • アドルファス (ケンブリッジ公)

    アドルファス (ケンブリッジ公)から見たバッキンガム宮殿バッキンガム宮殿

    イギリス王ジョージ3世と王妃シャーロット・オブ・メクレンバーグ=ストレリッツの七男として、バッキンガム宮殿で誕生した。家庭教師による教育の後、1786年に兄たちとともにドイツのゲッティンゲン大学で学んだ。アドルファス (ケンブリッジ公) フレッシュアイペディアより)

  • オーガスタ・オブ・ケンブリッジ

    オーガスタ・オブ・ケンブリッジから見たバッキンガム宮殿バッキンガム宮殿

    1843年6月28日、母方の従兄にあたるメクレンブルク=シュヴェリーン大公子フリードリヒ・ヴィルヘルムとバッキンガム宮殿で結婚。2子をもうけたが、成人したのはアドルフ・フリードリヒ(1848年-1914年)だけであった。オーガスタ・オブ・ケンブリッジ フレッシュアイペディアより)

  • エリーザベト・フォン・グロスブリタンニエン

    エリーザベト・フォン・グロスブリタンニエンから見たバッキンガム宮殿バッキンガム宮殿

    イギリス王ジョージ3世と王妃シャーロットの三女として、バッキンガム宮殿で生まれた。両親と姉妹たちに囲まれて育った。両親は子供たちのうち特に娘たちを手元に置こうとする傾向が強かったが、1812年にエリザベスは自分の私邸として、バークシャーのオールド・ウィンザーにあった元修道院を購入して移り住んだ。エリーザベト・フォン・グロスブリタンニエン フレッシュアイペディアより)

  • ニコラース・マース

    ニコラース・マースから見たバッキンガム宮殿バッキンガム宮殿

    ロンドンのナショナル・ギャラリーには『カード遊び』『揺りかご』『オランダ人の主婦』『召使いの鑑』『Jan de Reusの肖像』『子供たちを祝福するキリスト』、そして『黒いローブを着た男性の肖像画』が所蔵されている。アムステルダムではアムステルダム国立美術館の他、ヤン・シックス・コレクションに『詮索好きの召使い』がある。バッキンガム宮殿には『聞く少女』(模写の展示)が、そして『牛乳売り』と『聞く人』がある。その他の作品は、ベルリン、ブリュッセル、サンクトペテルブルク、ハーグ、フランクフルト・アム・マイン、ハノーファー、ミュンヘンの各ギャラリーにある。ニコラース・マース フレッシュアイペディアより)

  • パトリシア・オブ・コノート

    パトリシア・オブ・コノートから見たバッキンガム宮殿バッキンガム宮殿

    パトリシアは1886年3月17日、聖パトリックの祝日にロンドンのバッキンガム宮殿で生まれた。父はヴィクトリア女王の三男であるコノート公およびストラサーン公アーサー、母はプロイセン王女ルイーゼ・マルガレーテである。姉のマーガレットはのちにスウェーデン王太子妃となった。パトリシア・オブ・コノート フレッシュアイペディアより)

  • 大英帝国王冠

    大英帝国王冠から見たバッキンガム宮殿バッキンガム宮殿

    この王冠はイギリス議会の開会式に女王が臨席する際も使われる。伝統として、女王がバッキンガム宮殿を出立する前に、王冠とその他の宝石類はそれぞれの容器に収められてウェストミンスター宮殿に届けられる。そして女王が式服を着、王冠を被る式服着替え室へ運び込まれる。大英帝国王冠 フレッシュアイペディアより)

  • ブラックカラント作戦

    ブラックカラント作戦から見たバッキンガム宮殿バッキンガム宮殿

    シンウェルの施策にもかかわらず燃料供給は不充分なままで、国内の広範囲にわたって停電が起こった。バッキンガム宮殿や議事堂、ロンドンの中央電力庁の職員ですら、蝋燭の明かりによる勤務を強いられた。英国海軍は、ブラックカラント作戦の開始によって応えた。この作戦では、利用可能な全ての潜水艦を港やドックに繋留し、艦載ディーゼル発電機を電力供給源として使用した。同作戦は、海軍所有の基地であるプリマスのデヴォンポート工廠やケント州のチャサム工廠に電力を供給するために用いられた。作戦の一環として、は、電力を街へ供給するためにブライトンに配備された。潜水艦の乗組員にとって、この任務は決して快適とはいえないものであった。それは、潜水艦のディーゼルエンジンが一定の空気の流れを必要としたことから、冷えてすき間風の入る状況での作業が要求されたためである。2月27日には海の荒れ具合が改善した。100隻を超える石炭船が何とか発電所で荷を降ろし、燃料危機は緩和した。ブラックカラント作戦 フレッシュアイペディアより)

142件中 21 - 30件表示

「バッキンガム宮殿」のニューストピックワード