218件中 31 - 40件表示
  • マーブル・アーチ

    マーブル・アーチから見たバッキンガム宮殿バッキンガム宮殿

    マーブル・アーチ(Marble Arch)は、ロンドンのハイド・パークの角にある大理石の門である。1828年にジョン・ナッシュがローマのコンスタンティヌスの凱旋門を基に設計した。バッキンガム宮殿への入り口としてザ・マルに建てられたが、1855年のバッキンガム宮殿増築のときに現在の場所に移転した。当時は王族の儀式のみに利用されたという。オックスフォード・ストリートなどが合流し、ここで島を形成するため、別の場所も検討された。マーブル・アーチ フレッシュアイペディアより)

  • アラン・マキルレイス

    アラン・マキルレイスから見たバッキンガム宮殿バッキンガム宮殿

    同誌はイギリス陸軍及びバッキンガム宮殿に対してマキルレイスの経歴について問い合わせたが、陸軍広報官は「私は彼が詐欺師と確信する。彼は陸軍の将校ではなかったし、兵卒や士官候補生でもなかった。宇宙士官候補生でも当たってみたらどうだね」と語り、また「マキルレイス大尉」の写真を見ると軍服の着方や勲章の飾り方など、多くの間違いが見られると指摘した。国防省の陸軍賞勲部(Army Gallantry Section)の担当者も、MC受章者の中にアラン・マキルレイスという名が見つからないと語った。紳士録(Who's Who)にも彼の名は見つからず、グラスゴー大学もマキルレイスの在学を確認できなかった。アラン・マキルレイス フレッシュアイペディアより)

  • 2005年イギリス総選挙

    2005年イギリス総選挙から見たバッキンガム宮殿バッキンガム宮殿

    下院議員の任期は2006年7月まであり、ブレア首相は最高で後一年首相を続けることが可能ではあったが、世論調査における労働党政権の支持率が高く、野党である保守党が混乱していたため、選挙を行う好機と捉えたブレア首相は、4月5日(火曜日)にバッキンガム宮殿に赴いてエリザベス女王に議会解散を申し入れ、4月11日に女王が議会解散を正式に宣言した。2005年イギリス総選挙 フレッシュアイペディアより)

  • ドーギー

    ドーギーから見たバッキンガム宮殿バッキンガム宮殿

    イギリス女王エリザベス2世はウェルシュ・コーギー・ペンブロークのブリーダーとして知られるが、その妹マーガレット王女がバッキンガム宮殿の姉のもとを訪れた際に、女王飼育のコーギーの雌犬の1頭と、マーガレット王女の飼犬のロングコートのミニチュア・ダックスフント、ピップキン号が交配してしまったことがこの犬種の始まりである。その後生まれた子犬を女王が気に入り、ピップキン号やその他のダックスフンドとペンブロークとの交配を繰り返し、ドーギーが作出された。ドーギー フレッシュアイペディアより)

  • アンヌス・ホッリビリス

    アンヌス・ホッリビリスから見たバッキンガム宮殿バッキンガム宮殿

    11月、ギルドホールでのスピーチのわずか4日前、女王の居城の一つであるウィンザー城が火事にあった。ウィンザー城はひどい損傷を受け、いくつかの貴重な工芸品が失われた。ジョン・メージャー首相は当初、(政府が所有するバッキンガム宮殿と同様に)政府がウィンザー城の修理費を負担することを示唆していた。慣習によって君主は国王あるいは女王の首相の助言を受諾しなければならないが、この計画には一般市民の相当な抗議があった。納税者のみに頼る計画の代替案として、政府は夏季の間いくつかの公有の王宮を女王が不在の時は観光客に公開し、その入場料をウィンザー城の修理費に当てることを決定した。アンヌス・ホッリビリス フレッシュアイペディアより)

  • ハーバート・S・マーティン

    ハーバート・S・マーティンから見たバッキンガム宮殿バッキンガム宮殿

    ボーイスカウト国際委員会(現・世界スカウト委員会)は1920年にロンドンのオリンピアで行われた第一回世界ジャンボリーに代表を派遣した31か国のスカウト連盟によって創設された。?委員会はロンドン市バッキンガム宮殿通り25に置かれ、マーティンは初代名誉委員長となった。ハーバート・S・マーティン フレッシュアイペディアより)

  • ファイフ公爵

    ファイフ公爵から見たバッキンガム宮殿バッキンガム宮殿

    1889年にアレグザンダーとルイーズ王女はバッキンガム宮殿で結婚式を挙げ、ヴィクトリア女王はアレグザンダーをファイフ公爵およびマクダフ侯爵(; ともに連合王国貴族)に叙した。このときの勅許状()では、爵位は初代公の(直系男子) に相続されると定められていたが、アレグザンダーとルイーズの間には夭逝した長男アラステア以後男子が生まれなかった。そこで1900年に女王は、「初代公の女子、およびその直系男子」にも相続を認めるという付きでファイフ公爵およびマクダフ伯爵(; 連合王国貴族)に叙した。ファイフ公爵 フレッシュアイペディアより)

  • バーバラ・カートランド

    バーバラ・カートランドから見たバッキンガム宮殿バッキンガム宮殿

    第二次世界大戦で保守党の下院議員だった弟のロナルド・カートランドが戦死した後に執筆した彼の伝記には、ウィンストン・チャーチル首相の前文が載せられた。戦争によってカートランドは市民の福祉や政治に興味を持つようになり、にセント・ジョン救急隊のようなチャリティを支援した。1953年、奉仕活動を評され、バッキンガム宮殿でエルサレムの聖ヨハネ章を受章した。バーバラ・カートランド フレッシュアイペディアより)

  • アストンマーティン・DB6

    アストンマーティン・DB6から見たバッキンガム宮殿バッキンガム宮殿

    2011年4月29日に行われた、ウィリアム王子とキャサリン妃の結婚披露で、バッキンガム宮殿から公邸までの移動にブルーメタリックのDB6Mk2ヴォランテが使われ、ライセンスプレートも、JUST WEDに掛けたJU5T WEDという凝ったものだった。アストンマーティン・DB6 フレッシュアイペディアより)

  • デイム・エドナ・エバレッジ

    デイム・エドナ・エバレッジから見たバッキンガム宮殿バッキンガム宮殿

    また「エリザベス女王から女騎士に叙せられ、デイムの称号を許された」といわれる。「女王とは親しく、ファッションから息子たちの操縦法まで、幅広いアドバイスをしている」らしい。2002年3月に女王の母・エリザベス王太后が死去した際には、実際にその葬列に加わって弔意を表しており、また同年6月に女王の在位50周年を記念してバッキンガム宮殿で行われた記念コンサート「Party at the Palace」にも実際に出演して宴に華を添えている。デイム・エドナ・エバレッジ フレッシュアイペディアより)

218件中 31 - 40件表示

「バッキンガム宮殿」のニューストピックワード