218件中 41 - 50件表示
  • チャールズ・カーネギー (第11代サウスエスク伯爵)

    チャールズ・カーネギー (第11代サウスエスク伯爵)から見たバッキンガム宮殿バッキンガム宮殿

    1923年11月23日にバッキンガム宮殿近くにあるの王立軍事教会でモード王女と結婚。モード王女は結婚を機に王女()と殿下()の称号を使うのをやめ、カーネギー卿夫人と名乗った。夫婦の間には1929年に息子ジェームズが生まれた。チャールズ・カーネギー (第11代サウスエスク伯爵) フレッシュアイペディアより)

  • アワ・ハウス (マッドネスの曲)

    アワ・ハウス (マッドネスの曲)から見たバッキンガム宮殿バッキンガム宮殿

    ビデオでは、古いのテラスハウスの中で、バンドの面々が歌詞に沿った演技をする。歌詞は大部分が、労働者階級の家庭の生活様式を描いたもので、バンドはそうした家族生活をなぞるような演技をビデオの中で見せている。バンドは、居間で楽器を演奏し、仕事や学校へ行く準備をしたり、スカッシュをしたり、風呂につかってリラックスしたりする。このビデオは、様々な建物の外部を撮影したショットも多用しており、バッキンガム宮殿の映像も使われている。撮影は、ウィルズデン・ジャンクション駅の近くで行なわれた。アワ・ハウス (マッドネスの曲) フレッシュアイペディアより)

  • ジェーン・スターリング

    ジェーン・スターリングから見たバッキンガム宮殿バッキンガム宮殿

    スターリングと彼女の姉は、ショパンにイングランドで連続演奏会を開くことを持ちかけた。病を患っていた彼は遠出には消極的であったが、演奏旅行で得られる資金が必要であったため提案に同意した。一行は1848年4月20日にロンドンに向かって旅立った。スターリングを通じ、ショパンはイギリス社交界の上流階級の面々に紹介された。5月15日の私的な演奏会において、彼はヴィクトリア女王とアルバート公の御前で演奏している(しかし、時おりいわれるように彼がバッキンガム宮殿に招かれて演奏したという事実はない)。8月までにロンドンでのシーズンは終わりを向かえ、ショパンはスターリングの実家があるスコットランドに赴くことにした。彼らは皆、エディンバラに程近いカルダー邸(Calder House) に宿泊した。これはスターリング姉妹の義理の兄弟にあたる、スコットランド貴族のトーフィッケン閣下 の居城であった。ショパンは町から町へ引っ張られるようにして、裕福な親戚に次から次へと会わされていったが、フランス語とポーランド語しか話せないショパンは、いつも会わされた多くの人びとと会話することも出来ず、健康状態をさらに悪化させただけであった。8月28日にはマンチェスターで3曲演奏することになったが、あまりに弱っていた彼は担がれて舞台への上り下りを行った。この旅行にかかった費用は全てスターリングが支払った。ショパンが最後の遺言をしたためたのは、旅行の最中の10月の暮れに数日滞在したポーランドのウィシュツジニスキ医師(? Adam Łyszczyński)の家でのことだった。「万一私がどこかで急死するようなことになったら、将来私の原稿は処分等がなされるように。」と友人のヴォイチェフ・グジマワに宛てて書き送ったのである。ジェーン・スターリング フレッシュアイペディアより)

  • 1958年コモンウェルスゲームズ

    1958年コモンウェルスゲームズから見たバッキンガム宮殿バッキンガム宮殿

    カーディフでは1946年に大英帝国競技大会の開催が予定されていたが、第2次世界大戦のため実施されなかった。この大会より、クイーンズ・バトン・リレーが始まり、バッキンガム宮殿からカーディフに向けて出発したリレーの最初の走者は、ロジャー・バニスターとクリス・チャタウェイであった。1958年コモンウェルスゲームズ フレッシュアイペディアより)

  • あずまや (ワルツ)

    あずまや (ワルツ)から見たバッキンガム宮殿バッキンガム宮殿

    初演は大成功であり、熱烈なアンコールの声が上がった。同年5月30日にイギリスのバッキンガム宮殿で催されたヴィクトリア女王のための演奏会でも、『Garden-Bower Waltz』として披露された。しかし、ブラームスが評したようにシュトラウスの他作品よりも優れている点は特になく、やがて有名な「10大ワルツ」などの陰に埋没してしまった。あずまや (ワルツ) フレッシュアイペディアより)

  • ローマンカモミール

    ローマンカモミールから見たバッキンガム宮殿バッキンガム宮殿

    古くから薬草として知られ、古代エジプトでは太陽神への捧げものにされた。穏やかで確かな薬効のあるハーブとして、アラビア、ヨーロッパで古代より広く利用された。特に悪寒に効くとされ尊ばれていた。ギリシャでは熱病や婦人病の治療に使われた。また、カモミールのように踏まれるたびに成長せよという言葉もあり、逆境にあるものを励ます言葉にも使われた。このハーブの花言葉には「逆境におけるエネルギー」というものがある。そのような生命力の強さを利用して、古くから庭の小道やベンチなどに植え込まれた。イギリスのバッキンガム宮殿やキューガーデンでは、それらを観る事ができる。また、虫除けの効果もあるとのことから、床にまき散らして疫病などを防ぐストローイングハーブとしても用いられた。ローマンカモミール フレッシュアイペディアより)

  • ピアノ・ノビーレ

    ピアノ・ノビーレから見たバッキンガム宮殿バッキンガム宮殿

    ヨーロッパでは古典様式で住居が建設されている間、このような階の配置がずっと続いた。最近では、19世紀中ごろのバッキンガム宮殿がこのような造りになっている。18世紀のイギリスの建築では、ホルカム・ホール、オスタリー・パーク、チジックハウスがこのような設計を採用している。ピアノ・ノビーレ フレッシュアイペディアより)

  • ラファエロのカルトン

    ラファエロのカルトンから見たバッキンガム宮殿バッキンガム宮殿

    1763年にイギリス王ジョージ3世が、私邸として使用していたバッキンガム・ハウス(現在のバッキンガム宮殿)に『ラファエロのカルトン』を移すことを決定した。それまで所蔵されていたハンプトンコート宮殿では訪問客に公開されていた『ラファエロのカルトン』が王族の私邸たるバッキンガム・ハウスに移されると大衆の目に触れることがなくなるとして、ジョン・ウィルクスら議会からの反対にあったが、ジョージ3世は1763年に『ラファエロのカルトン』を予定通りバッキンガム・ハウスへと移動させた。ハンプトンコートにあったときと同様に、『ラファエロのカルトン』はバッキンガム・ハウスでも多くの芸術家、美術愛好家の研究対象となり、イギリスの美術が目指すべき極めて重要な金字塔であるとして、18世紀のイギリス芸術界でもっとも関心をもたれた美術作品の一つとなった。当時のイギリス人画家で、ロイヤル・アカデミー初代会長や主席宮廷画家を勤め、芸術論の面でも第一人者だったジョシュア・レイノルズはその著書『講話』で、『ラファエロのカルトン』について何度も言及している。レイノルズは「重要な近代絵画にはフレスコ画が多い」としているが、『ラファエロのカルトン』について「この作品をフレスコ画と呼ぶことはできないが、そのような分類を超越したもので」「ラファエロこそが画家の最高峰であり、ラファエロの油彩画よりも優れているといえるのはラファエロ自身のフレスコ画だけだ」としている。ラファエロのカルトン フレッシュアイペディアより)

  • 交響曲第3番 (メンデルスゾーン)

    交響曲第3番 (メンデルスゾーン)から見たバッキンガム宮殿バッキンガム宮殿

    同年5月に7度目のイギリス訪問を果たしたとき、メンデルスゾーンはバッキンガム宮殿でヴィクトリア女王に謁見し、この曲を女王に献呈する許可を得た。献辞付きの楽譜は翌1843年に出版された。交響曲第3番 (メンデルスゾーン) フレッシュアイペディアより)

  • 大英帝国王冠

    大英帝国王冠から見たバッキンガム宮殿バッキンガム宮殿

    この王冠はイギリス議会の開会式に女王が臨席する際も使われる。伝統として、女王がバッキンガム宮殿を出立する前に、王冠とその他の宝石類はそれぞれの容器に収められてウェストミンスター宮殿に届けられる。そして女王が式服を着、王冠を被る式服着替え室へ運び込まれる。大英帝国王冠 フレッシュアイペディアより)

218件中 41 - 50件表示

「バッキンガム宮殿」のニューストピックワード