142件中 61 - 70件表示
  • ロンドンマラソン

    ロンドンマラソンから見たバッキンガム宮殿バッキンガム宮殿

    ロンドンマラソンの企画・創設はオリンピックの障害競走の元チャンピオンであり、スポーツジャーナリストのクリス・ブラッシャーにより、ニューヨークシティマラソンを参考にして始められた。彼はマラソンを従来とは異なる「市民のマラソン」を現実のものにしようとしてこの大会を創設した。大勢の一般参加者が参加し多くの市民が応援するこの大会はこの夢を現実のものとしたものだろう。参加応募は常に定員を相当数オーバーしており、出場許可が得られるものは4万人を超える。これは世界最大のマラソン大会である。同時にグリーニッジ・パークからカティー・サーク、タワーブリッジ、ドックランズ、イースト・エンド、ロンドン塔、バッキンガム宮殿、ザ・マルへと抜けるコースのいたるところに応援する市民の姿が見られ、コースを進むにつれ増えていく。ロンドンマラソン フレッシュアイペディアより)

  • ジョン・プロヒューモ

    ジョン・プロヒューモから見たバッキンガム宮殿バッキンガム宮殿

    辞任後のプロヒューモは社会福祉活動に注力し、ロンドンの福祉事業、トインビー・ホールの支援のために働き、資金調達のためその政治的影響力や関係を使用した。プロヒューモは同事業への功績が認められて1975年に大英帝国勲章を授与された。バッキンガム宮殿で行われた授与式でプロヒューモはエリザベス2世から勲章を受け取り、プロヒューモに対する人々の尊敬は回復した。ジョン・プロヒューモ フレッシュアイペディアより)

  • ソフィー・エリス・ベクスター

    ソフィー・エリス・ベクスターから見たバッキンガム宮殿バッキンガム宮殿

    2008年8月24日、エリス・ベクスターは、Visa London 2012 Handover Party in the Mallの一部として、カーリー・サイモンの「Nobody Does It Better」のカバーをバッキンガム宮殿の前で演奏した。ソフィー・エリス・ベクスター フレッシュアイペディアより)

  • ロイヤル・フュージリアーズ連隊

    ロイヤル・フュージリアーズ連隊から見たバッキンガム宮殿バッキンガム宮殿

    各大隊麾下の一部の中隊は大隊の本拠地とは別の、バーミンガムやランカシャー 州ベリー(Bury)、或はロンドンの連隊本部や第2大隊兵舎以外の場所にもに駐屯しており、ロンドン駐在の部隊は衛兵や儀仗任務も務める。歩兵連隊はローテーションでバッキンガム宮殿の衛兵任務を務めるが、ロイヤル・フュージリアーズ連隊は2008年からその順番が回ってきている。また、2009年には第1大隊がロンドン塔の新任コンスタブル(Constable of the Tower of London)への栄誉礼を行なった。ロイヤル・フュージリアーズ連隊 フレッシュアイペディアより)

  • アントーン・カラス

    アントーン・カラスから見たバッキンガム宮殿バッキンガム宮殿

    この音楽が大人気を呼び、1949年9月には英国王室の招待を受け、バッキンガム宮殿で演奏。1951年にはローマ教皇の招待を受けてバチカン宮殿で演奏した。アントーン・カラス フレッシュアイペディアより)

  • 軍服 (イギリス)

    軍服 (イギリス)から見たバッキンガム宮殿バッキンガム宮殿

    Image:Queens.guard.buck.palace.arp.jpg|バッキンガム宮殿の衛兵交代式における正装のグレナディアガーズ。軍服 (イギリス) フレッシュアイペディアより)

  • セント・ジェームズ宮殿

    セント・ジェームズ宮殿から見たバッキンガム宮殿バッキンガム宮殿

    ハノーヴァー王家の最初の3代の王たちは、他のヨーロッパ王家の都市宮殿の豪勢さとはほど遠いセント・ジェームズ宮殿を、ロンドンでの第一の王宮として使用していた。ダニエル・デフォーは1725年に、宮殿を『安っぽくてみすぼらしい』と言及している。1809年、火事が起き、王家の私室のある南東角を含む宮殿の一部が損傷した。この私室は修復されず、クイーンズ・チャペルが孤立して残った。宮殿とチャペルの間には、今マールバラ・ロードが走っている。ジョージ3世は、王妃シャーロットを戻すためにバッキンガム・ハウス(バッキンガム宮殿の前身)を1762年に購入した。宮殿は、引き続いて19世紀前半まで重要な場所として使用されていた。次第に、限られた公式行事、歓迎式典、王家の結婚式、洗礼式などに使用されるだけになっていった。ヴィクトリア女王は、1837年に形式的に引っ越しをし、王家の住まいとしてのセント・ジェームズ宮殿の地位は役目を終えた。いくつかの建造物と内装がクリストファー・レンとウィリアム・ケントの手で修復されたが、多くは19世紀中に改造された。ウィリアム・モリスと彼の仲間たちは、1866年から67年にかけ、武器庫とタペストリーの間の再装飾を命じられた。セント・ジェームズ宮殿 フレッシュアイペディアより)

  • チャペル・ロイヤル

    チャペル・ロイヤルから見たバッキンガム宮殿バッキンガム宮殿

    チャペル・ロイヤル(Chapel Royal)は、イギリスの王・女王のための礼拝式で歌う司祭や歌手の集団で、非常に古い伝統がある。現在、チャペル・ロイヤルが使っているのが、王室礼拝堂と女王礼拝堂で、ともにロンドンのバッキンガム宮殿とそう離れていないセント・ジェームズ宮殿にある。「Chapel Royal」という言葉は、音楽隊としてのチャペル・ロイヤルと、建物としての王室礼拝堂の両方を意味する。チャペル・ロイヤル フレッシュアイペディアより)

  • ピアノ・ノビーレ

    ピアノ・ノビーレから見たバッキンガム宮殿バッキンガム宮殿

    ヨーロッパでは古典様式で住居が建設されている間、このような階の配置がずっと続いた。最近では、19世紀中ごろのバッキンガム宮殿がこのような造りになっている。18世紀のイギリスの建築では、ホルカム・ホール、オスタリー・パーク、チズウィック・ハウスがこのような設計を採用している。ピアノ・ノビーレ フレッシュアイペディアより)

  • ブレッキンリッジ郡 (ケンタッキー州)

    ブレッキンリッジ郡 (ケンタッキー州)から見たバッキンガム宮殿バッキンガム宮殿

    19世紀、ビクトリアル炭鉱で初めて石炭が産出され、クローバーポートの港からイギリスまで石炭油が輸出された。イギリスではバッキンガム宮殿の照明用に使われた。ブレッキンリッジ郡 (ケンタッキー州) フレッシュアイペディアより)

142件中 61 - 70件表示

「バッキンガム宮殿」のニューストピックワード