218件中 71 - 80件表示
  • マンチェスター・アリーナに於ける爆発物事件

    マンチェスター・アリーナに於ける爆発物事件から見たバッキンガム宮殿バッキンガム宮殿

    5月23日にを呼んでロンドンのホワイトホールで開かれた、本事件発生後2回目となるCOBR会議に出席した後、テリーザ・メイ首相はを5段階中最高の「Critical(危機的)」に引き上げた。そして、が初めて実行に移され、イギリスの要所を警備する武装警察を強化・支援するために、最大で5000人の兵士が配置されることとなった。翌日に予定されていた英国議会議事堂の見学ツアーとバッキンガム宮殿での衛兵交代式は、事件を受けて、いずれも中止された。また、ダウニング街およびロンドンにあるその他の政府機関庁舎を警備するため、兵士が配置された。5月27日、メイ首相は引き上げられていたテロ脅威レベルを「Severe(深刻)」(5段階中上から2番目)に引き下げたことを発表した。これは、テロ発生の可能性が依然として「highly likely (非常に高い)」ことを示している。マンチェスター・アリーナに於ける爆発物事件 フレッシュアイペディアより)

  • 2CELLOS

    2CELLOSから見たバッキンガム宮殿バッキンガム宮殿

    2CELLOSは2012年6月4日エルトン・ジョンとバッキンガム宮殿で行われたthe Queen's Diamond Jubilee Concertで演奏をした。2CELLOS フレッシュアイペディアより)

  • アントーン・カラス

    アントーン・カラスから見たバッキンガム宮殿バッキンガム宮殿

    この音楽が大人気を呼び、1949年9月には英国王室の招待を受け、バッキンガム宮殿で演奏。1951年にはローマ教皇の招待を受けてバチカン宮殿で演奏した。アントーン・カラス フレッシュアイペディアより)

  • マーガレット (スノードン伯爵夫人)

    マーガレット (スノードン伯爵夫人)から見たバッキンガム宮殿バッキンガム宮殿

    1930年、ヨーク公アルバート(後のジョージ6世)と妃エリザベスの第二子・次女として誕生した。1936年、伯父エドワード8世の退位にともなって父アルバートがジョージ6世として即位、家族とともにバッキンガム宮殿に移住する。第二次世界大戦中は両親と離れ、姉エリザベスとともに田舎に疎開していた(姉エリザベスは一時期、陸軍少尉として従軍)。マーガレット (スノードン伯爵夫人) フレッシュアイペディアより)

  • ウェストミンスター・チャペル

    ウェストミンスター・チャペルから見たバッキンガム宮殿バッキンガム宮殿

    ウェストミンスター・チャペル(Westminster Chapel)は、1840年からロンドンに所在する福音主義教会である。バッキンガム宮殿から200ヤード(183m)のところに位置する。教会は長い間、福音派クリスチャンの交わりの場であった。現在の教会堂は1865年に開かれ、約1500人が入る。ここは会衆派教会として創立され、1839年から1968年までマーティン・ロイドジョンズが牧会伝道した。ロイドジョンズの牧会時代に会衆派ユニオンを離れて、独立福音教会フェローシップのメンバーとなった。ウェストミンスター・チャペル フレッシュアイペディアより)

  • 国王大権 (イギリス)

    国王大権 (イギリス)から見たバッキンガム宮殿バッキンガム宮殿

    王室財産の処分権は国王大権である。17世紀までは王庫と国庫が分離していなかったが、18世紀中に両者が分離し、御料地からの収入はまず行政府に収められ、政府から王室に王室費が給付される形式になった(現在では議会も関与)。これとは別に君主の個人財産からの収入がある(この収入は無税だったが、1993年からエリザベス女王の同意を得て税金が課されている。ただしエリザベス女王はこの同意を撤回する権利を留保している)。個人財産の処分については、今でも王の個人裁量権は広い。エリザベス女王は、火災のあったウィンザー城の再建費用捻出のためにバッキンガム宮殿を一般に開放して入場料を徴収するという事業を営んだことがある。国王大権 (イギリス) フレッシュアイペディアより)

  • アルフレート・フォン・ザクセン=コーブルク・ウント・ゴータ

    アルフレート・フォン・ザクセン=コーブルク・ウント・ゴータから見たバッキンガム宮殿バッキンガム宮殿

    1874年10月15日、エディンバラ公アルフレッド(ヴィクトリア女王の次男)とその夫人マリヤ・アレクサンドロヴナ(ロシア皇帝アレクサンドル2世の次女)の間の長男(第1子)として生まれた。11月27日にバッキンガム宮殿の一室で、カンタベリー大主教により洗礼を受けた。洗礼の代父母にはヴィクトリア女王(祖母)、アレクサンドル2世(祖父)、ドイツ皇帝ヴィルヘルム1世(曾祖叔父)、ドイツ皇太子妃ヴィクトリア(伯母)、ザクセン=コーブルク=ゴータ公エルンスト2世(大伯父)、ウェールズ公エドワード(伯父)が名を連ねた。アルフレート・フォン・ザクセン=コーブルク・ウント・ゴータ フレッシュアイペディアより)

  • イギリス指定建造物

    イギリス指定建造物から見たバッキンガム宮殿バッキンガム宮殿

    File:Buckingham Palace, London, England, 24Jan04.jpg|バッキンガム宮殿はイングランドの1級指定建造物イギリス指定建造物 フレッシュアイペディアより)

  • ダウニング街10番地

    ダウニング街10番地から見たバッキンガム宮殿バッキンガム宮殿

    ロンドンの中心部、シティ・オブ・ウェストミンスターのダウニング街に位置する官邸は、300年以上の歴史があり、およそ100室を備える。3階は私的な居住スペースが占め、地階にはキッチンがある。他の複数の階には、事務室、会議室、応接室、居間、食堂が入っており、そこでは首相が執務したり、政府の大臣、外国の首脳や政府高官らが会見を開いたり、接待されたりする。裏には屋内の中庭と0.5エーカー (2,000?m2) の庭園がよく見えるテラスがある。セント・ジェームズ・パークに隣接する官邸は、イギリスの君主が住むバッキンガム宮殿と英国議会の両院の議事堂であるウェストミンスター宮殿の近くにある。ダウニング街10番地 フレッシュアイペディアより)

  • ヴィクトリア女王讃歌

    ヴィクトリア女王讃歌から見たバッキンガム宮殿バッキンガム宮殿

    1838年4月、そうした雰囲気のイギリスにヨハン・シュトラウス1世は自身の楽団を引き連れて7ヶ月にもおよぶ長期の演奏旅行に出かけた。ロンドンでは6月28日に当時19歳のヴィクトリア女王の戴冠式が執り行われる予定になっていた。戴冠式に先立って最初の舞踏会が5月10日にバッキンガム宮殿で催され、シュトラウスはそこでウィンナ・ワルツを御前演奏することとなった。その際にシュトラウスが演奏したのが、この新作ワルツ『ヴィクトリア女王讃歌』であった。ヴィクトリア女王讃歌 フレッシュアイペディアより)

218件中 71 - 80件表示

「バッキンガム宮殿」のニューストピックワード