前へ 1 2 3 4 5
44件中 1 - 10件表示
  • 山田和司

    山田和司から見た世界バドミントン選手権大会世界バドミントン選手権大会

    山田 和司(やまだ かずし、1987年2月21日 - )は、日本の男子バドミントン選手。身長168cm、体重60kg、右利き。愛媛県出身。ともにバドミントン指導者であった両親の影響で小学3年生からバドミントンを始める。新居浜市立角野中学校、小松原高等学校、日本体育大学を経て、日本ユニシスバドミントン部に所属する。2010年の世界バドミントン選手権大会男子シングルスで、日本人として30年ぶりのベスト8入りを果たした。バドミントン日本代表ナショナルチームに選出されていた。山田和司 フレッシュアイペディアより)

  • 盧蘭

    盧蘭から見た世界バドミントン選手権世界バドミントン選手権大会

    2007年、デンマークオープンで優勝。マレーシアのクアラルンプールで行われた世界選手権では準決勝で優勝した朱琳に敗れて銅メダル。盧蘭 フレッシュアイペディアより)

  • 汪キン

    汪キンから見た世界バドミントン選手権大会世界バドミントン選手権大会

    2009年以降に国際大会で活躍。世界選手権では2010年世界選手権、2011年世界選手権と連続でメダルを獲得。BWFスーパーシリーズのデンマークオープンや香港オープンで優勝するなど実績を積み重ね、2012年ロンドンオリンピック中国代表に選出される。汪キン フレッシュアイペディアより)

  • 謝杏芳

    謝杏芳から見た世界バドミントン選手権大会世界バドミントン選手権大会

    謝杏芳(シェ?・シンファン、Xie Xingfang、1981年1月8日 -)は中華人民共和国の女子バドミントン選手。2005年および2006年世界選手権金メダリスト。北京オリンピック銀メダリスト。夫はオリンピック金メダリストの林丹。謝杏芳 フレッシュアイペディアより)

  • リー・チョンウェイ

    リー・チョンウェイから見た世界バドミントン選手権大会世界バドミントン選手権大会

    2010年8月の世界選手権の準々決勝で敗退してから、2011年11月の香港オープンの準決勝で敗退するまで出場した大会ではすべて決勝に進出した。リー・チョンウェイ フレッシュアイペディアより)

  • 潮田 玲子

    潮田玲子から見た世界バドミントン選手権大会世界バドミントン選手権大会

    世界選手権 女子ダブルス ベスト8潮田玲子 フレッシュアイペディアより)

  • オグシオ

    オグシオから見た世界バドミントン選手権大会世界バドミントン選手権大会

    ともに1983年生まれ、右利き。小学生時代から全国大会の常連出場選手だった二人は2002年の三洋電機入社とともに正式にダブルスを組み、2008年にペアを解消するまで2006年アジア大会や2007年世界選手権の銅メダル、全日本総合選手権5連覇などの輝かしい成績を収めた。オグシオ フレッシュアイペディアより)

  • 捧匡子

    捧匡子から見た世界バドミントン選手権大会世界バドミントン選手権大会

    高校は新潟県の新潟青陵高等学校へと進学、1986年の全国高等学校選抜バドミントン大会で女子シングルスで優勝している。1991年に世界バドミントン選手権大会でベスト16になっている。1992年には初めてバドミントンが正式種目となったバルセロナオリンピックの女子ダブルスに松尾知美とともに出場し、ベスト16になった。捧匡子 フレッシュアイペディアより)

  • リム・スイキン

    リム・スイキンから見た世界バドミントン選手権大会世界バドミントン選手権大会

    1975年、リムは若くして国際大会で優勝し、次第にインドネシアのエースの地位を手にしていく。1978年、全英オープンとアジア競技大会で優勝し、黄金期を迎えはじめる。そして、1979年と1981年の全英オープンでも優勝し、1980年と1983年の世界選手権で準優勝。リム・スイキン フレッシュアイペディアより)

  • シュタイナー・クラウセン

    シュタイナー・クラウセンから見た世界バドミントン選手権大会世界バドミントン選手権大会

    ノルウェーの国内選手権ではシングルスで2007年から4連覇、ダブルスではエリク・ランドールとともに2006年から5連覇を達成している。2009年にはニューデリーでの世界バドミントン選手権大会に出場している。シュタイナー・クラウセン フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5
44件中 1 - 10件表示

「バドミントン世界選手権」のニューストピックワード