55件中 11 - 20件表示
  • シュタイナー・クラウセン

    シュタイナー・クラウセンから見た世界バドミントン選手権大会世界バドミントン選手権大会

    ノルウェーの国内選手権ではシングルスで2007年から4連覇、ダブルスではエリク・ランドールとともに2006年から5連覇を達成している。2009年にはニューデリーでの世界バドミントン選手権大会に出場している。シュタイナー・クラウセン フレッシュアイペディアより)

  • 捧匡子

    捧匡子から見た世界バドミントン選手権大会世界バドミントン選手権大会

    高校は新潟県の新潟青陵高等学校へと進学、1986年の全国高等学校選抜バドミントン大会で女子シングルスで優勝している。1991年に世界バドミントン選手権大会でベスト16になっている。1992年には初めてバドミントンが正式種目となったバルセロナオリンピックの女子ダブルスに松尾知美とともに出場し、ベスト16になった。捧匡子 フレッシュアイペディアより)

  • 王琳 (バドミントン)

    王琳 (バドミントン)から見た世界バドミントン選手権大会世界バドミントン選手権大会

    2006年、17歳で中国マスターズ優勝。2007年、世界ジュニアバドミントン選手権大会で裴延姝(韓国)を破って金メダルを獲得。2008年はデンマーク・オープンとフランス・オープンで優勝。2009年8月、ハイデラバードで行われた世界バドミントン選手権大会で準決勝まで進出し、銅メダルを獲得。王琳 (バドミントン) フレッシュアイペディアより)

  • 中山紀子

    中山紀子から見た世界バドミントン選手権大会世界バドミントン選手権大会

    世界選手権がまだ開始されていなかった当時、個人戦の世界最高峰大会だった全英オープンでは1967年大会の女子シングルスで決勝進出を果たし、アメリカのジュディ・ハッシュマン(Judy Hashman)に5-11, 11?8, 12-10で敗れたが、同種目日本勢初の準優勝。その後、1969年および1972年の決勝では湯木博恵と日本勢対決を演じ、1969年は準優勝、1972年は湯木を11-5, 3-11, 11-7で下し、初優勝を達成。女子ダブルスでも1968年に天野博江とのペアで日本勢初の準優勝、1971年は湯木博恵とペアを組んで日本勢初優勝を達成している。中山紀子 フレッシュアイペディアより)

  • カミラ・マーチン

    カミラ・マーチンから見た世界バドミントン選手権大会世界バドミントン選手権大会

    主にシングルスでプレーし、デンマークの国内選手権で1991年から2003年まで13年連続で優勝。1996年、1998年、2000年の3回、ヨーロッパ選手権で優勝。1999年、コペンハーゲンで行われた世界バドミントン選手権大会で準々決勝から中国勢の張寧、龔睿那、戴韞を3連破して、金メダルを獲得。2002年には全英オープンで優勝。カミラ・マーチン フレッシュアイペディアより)

  • マリア・クリスティン・ユリアンティ

    マリア・クリスティン・ユリアンティから見た世界バドミントン選手権大会世界バドミントン選手権大会

    2007年、世界バドミントン選手権大会に第15シードで出場し、3回戦で世界ランク1位の張寧に敗れる。インドネシアオープンでは盧蘭に勝利して初めてスーパーシリーズの準々決勝に進出した後、ペトヤ・ネーデル チューワ(ブルガリア)に敗れた。東南アジア競技大会では女子シングルス決勝で同じインドネシアのアドリヤンティ・フィルダサリを2-0(21-16,21-15)で破り金メダルを獲得。団体戦でもシンガポールを破り2冠。マリア・クリスティン・ユリアンティ フレッシュアイペディアより)

  • リム・スイキン

    リム・スイキンから見た世界バドミントン選手権大会世界バドミントン選手権大会

    1975年、リムは若くして国際大会で優勝し、次第にインドネシアのエースの地位を手にしていく。1978年、全英オープンとアジア競技大会で優勝し、黄金期を迎えはじめる。そして、1979年と1981年の全英オープンでも優勝し、1980年と1983年の世界選手権で準優勝。リム・スイキン フレッシュアイペディアより)

  • スシ・スサンティ

    スシ・スサンティから見た世界バドミントン選手権大会世界バドミントン選手権大会

    彼女は1992年のバルセロナ五輪でインドネシアに初の金メダルをもたらし、ワールドカップとワールドグランプリでそれぞれ6回優勝を果たし、全英オープンを4回制覇した。1993年の世界選手権でも優勝している。まさに、女子バドミントン選手の中で世界大会を最も多く制している選手である。スシ・スサンティ フレッシュアイペディアより)

  • ヘンドラ・セティアワン

    ヘンドラ・セティアワンから見た世界バドミントン選手権大会世界バドミントン選手権大会

    国際大会ではマルキス・キドとのペアで2007年世界選手権、2008年北京オリンピック、2010年アジア大会の男子ダブルスで優勝した。また、2013年の世界選手権では、ムハマド・アフサンとのペアで男子ダブルスで金メダルを獲得した。ヘンドラ・セティアワン フレッシュアイペディアより)

  • 2006年世界バドミントン選手権大会

    2006年世界バドミントン選手権大会から見た世界バドミントン選手権大会世界バドミントン選手権大会

    2006年世界バドミントン選手権大会()は、2006年9月18日から9月24日までスペイン・マドリードで開催された、第15回世界バドミントン選手権大会である。会場はパラシオ・デ・デポルテス (マドリード)。2006年世界バドミントン選手権大会 フレッシュアイペディアより)

55件中 11 - 20件表示

「バドミントン世界選手権」のニューストピックワード