前へ 1 2 3 4 5 6 7
68件中 1 - 10件表示
  • バドミントン

    バドミントンから見た湯木博恵

    1954年男子チームが初の国際大会となる第3回トマス杯大会アジア地区予選に出場した。女子チームは湯木博恵などを中心に1965年-1966年、1968年-1969年、1971年-1972年、1977年-1978年、1980年-1981年に、最も権威ある国際大会の一つであるユーバー杯で優勝するという快挙を成し遂げた。また、公開競技として行われた1972年のミュンヘンオリンピックにおいて女子シングルスに出場した中山紀子が金メダル、湯木博恵が銅メダルを獲得。さらに1988年のソウルオリンピックにおいて女子シングルスに出場した北田スミ子、男子ダブルスに出場した松野修二・松浦進二ペアが銅メダルを獲得している。バドミントン フレッシュアイペディアより)

  • バドミントン

    バドミントンから見た前田美順

    1992年のバルセロナオリンピックにて正式種目として採用されてからはしばらくメダルを獲得出来なかったが、2008年の北京オリンピックで女子ダブルスに出場した末綱聡子・前田美順ペア(スエマエ)がベスト4入りを果たすと、2012年のロンドンオリンピックで同種目に出場した藤井瑞希・垣岩令佳ペア(フジカキ)が銀メダルを獲得した。バドミントン フレッシュアイペディアより)

  • バドミントン

    バドミントンから見た垣岩令佳

    1992年のバルセロナオリンピックにて正式種目として採用されてからはしばらくメダルを獲得出来なかったが、2008年の北京オリンピックで女子ダブルスに出場した末綱聡子・前田美順ペア(スエマエ)がベスト4入りを果たすと、2012年のロンドンオリンピックで同種目に出場した藤井瑞希・垣岩令佳ペア(フジカキ)が銀メダルを獲得した。バドミントン フレッシュアイペディアより)

  • バドミントン

    バドミントンから見た藤井瑞希

    1992年のバルセロナオリンピックにて正式種目として採用されてからはしばらくメダルを獲得出来なかったが、2008年の北京オリンピックで女子ダブルスに出場した末綱聡子・前田美順ペア(スエマエ)がベスト4入りを果たすと、2012年のロンドンオリンピックで同種目に出場した藤井瑞希・垣岩令佳ペア(フジカキ)が銀メダルを獲得した。バドミントン フレッシュアイペディアより)

  • バドミントン

    バドミントンから見た末綱聡子

    1992年のバルセロナオリンピックにて正式種目として採用されてからはしばらくメダルを獲得出来なかったが、2008年の北京オリンピックで女子ダブルスに出場した末綱聡子・前田美順ペア(スエマエ)がベスト4入りを果たすと、2012年のロンドンオリンピックで同種目に出場した藤井瑞希・垣岩令佳ペア(フジカキ)が銀メダルを獲得した。バドミントン フレッシュアイペディアより)

  • バドミントン

    バドミントンから見た日本ユニシス

    詳しいバドミントン新ルール解説 - 日本ユニシス実業団バドミントン部バドミントン フレッシュアイペディアより)

  • バドミントン

    バドミントンから見たヨネックス

    価格は、安価なもので1球数十円ほど、最高級品では1球400円近い物もある。1ダース単位で筒状のケースに入った状態で売られている。多くのメーカーでは、使用する羽の種類や、質などにより、かなり細かくシャトルコックの等級を定め、大きな価格差をつけて販売している。例を挙げると、ヨネックスの製造している銘柄の場合、希望小売価格が存在する最も安価な銘柄であるF-20コートプレー(中国製)は1ダース2,415円であるのに対し、最高級の銘柄であるF-90トーナメント(日本製・第一種検定合格球)は1ダース4,830円と、倍近い価格差がある。バドミントン フレッシュアイペディアより)

  • バドミントン

    バドミントンから見た国民体育大会

    その後、第二次世界大戦のために普及活動は停滞するが、1946年、終戦後早々と各地のYMCAなどのクラブチームはバドミントンを再開した。同年、11月2日、日本バドミントン協会が設立される。1948年、第1回全日本総合バドミントン選手権大会開催、日本体育協会に参加。1949年、第四回国民体育大会の競技種目となり、1950年第一回全日本学生バドミントン選手権開催、1951年第1回全国高等学校体育大会バドミントン競技大会開催、第1回実業団バドミントン選手権開催、1952年国際バドミントン連盟加盟し、急速にバドミントンは普及する。バドミントン フレッシュアイペディアより)

  • バドミントン

    バドミントンから見た松浦進二

    1954年男子チームが初の国際大会となる第3回トマス杯大会アジア地区予選に出場した。女子チームは湯木博恵などを中心に1965年-1966年、1968年-1969年、1971年-1972年、1977年-1978年、1980年-1981年に、最も権威ある国際大会の一つであるユーバー杯で優勝するという快挙を成し遂げた。また、公開競技として行われた1972年のミュンヘンオリンピックにおいて女子シングルスに出場した中山紀子が金メダル、湯木博恵が銅メダルを獲得。さらに1988年のソウルオリンピックにおいて女子シングルスに出場した北田スミ子、男子ダブルスに出場した松野修二・松浦進二ペアが銅メダルを獲得している。バドミントン フレッシュアイペディアより)

  • バドミントン

    バドミントンから見た松野修二

    1954年男子チームが初の国際大会となる第3回トマス杯大会アジア地区予選に出場した。女子チームは湯木博恵などを中心に1965年-1966年、1968年-1969年、1971年-1972年、1977年-1978年、1980年-1981年に、最も権威ある国際大会の一つであるユーバー杯で優勝するという快挙を成し遂げた。また、公開競技として行われた1972年のミュンヘンオリンピックにおいて女子シングルスに出場した中山紀子が金メダル、湯木博恵が銅メダルを獲得。さらに1988年のソウルオリンピックにおいて女子シングルスに出場した北田スミ子、男子ダブルスに出場した松野修二・松浦進二ペアが銅メダルを獲得している。バドミントン フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7
68件中 1 - 10件表示

「バドミントン」のニューストピックワード