68件中 31 - 40件表示
  • バドミントン

    バドミントンから見たグロスタシャー

    諸説あるものの、最も有力とされている説は次の通り。元々はイギリス植民地時代のインドのプーナで1820年代に行われていた、皮の球をラケットでネット越しに打ち合う「プーナ」(Poona)という遊びを、インド帰りのイギリス人兵士(イギリス人とインド人の混血とも言われる)が1873年に本国に伝えたのが始まりとされる。その兵士は、プーナを紹介するためにシャンパンの栓に鳥の羽根を刺したものを用い、それをテニスラケットで打って見せたという。紹介されたのがイギリスのグロスタシャーのという邸宅であったため、バドミントンという名称がついた(ただし、1870年代にはかなり進んだバドミントンルールが存在したことなどから、この起源説に対し、疑問を持つ者も少なくない。スポーツの起源というものは往々にして脚色されがちである)。いずれにせよ、現在の国際的流行の下地を作ったのはイギリスである。バドミントン フレッシュアイペディアより)

  • バドミントン

    バドミントンから見た水鳥

    シャトル(シャトルコック)という、半球状のコルクに水鳥等の羽を接着剤などで固定した物を打ち合うのが最大の特徴。近年は、プラスチック製やナイロンの合成球を使うこともあるが、大会などの公式戦では使われない。バドミントン フレッシュアイペディアより)

  • バドミントン

    バドミントンから見た

    「羽(羽根)」または「シャトル」と呼ばれることが多い。シャトルコックという名前は以前(コック)の羽で作られていたころの名残である。現在は試合球、練習球においても鶏の羽根のシャトルはほとんど使われていない。競技規則には、シャトルコックではなく、シャトルと記載されている。バドミントン フレッシュアイペディアより)

  • バドミントン

    バドミントンから見たオランダ

    1899年にはロンドンで第一回全英オープンが行われ、1921年にカナダ、1930年にデンマーク、オランダ、フランスにバドミントン協会が設立され、そして1934年に世界バドミントン連盟が誕生した。バドミントン フレッシュアイペディアより)

  • バドミントン

    バドミントンから見たラケット

    バドミントン( )は、ネットを隔て二つに分けられたコートの両側にプレーヤーが位置し、シャトル(シャトルコック)をラケットを使って打ち合い、得点を競うスポーツである。誤って「バトミントン」と呼ばれることが多いが、正しくは「バドミントン (badminton)」である。また、打球は最速初速493km/hであり、最速のスポーツとしてギネスブックに認定されている。羽球と称する場合もある。バドミントン フレッシュアイペディアより)

  • バドミントン

    バドミントンから見た中華人民共和国

    世界のシャトルの9割以上は中国で生産されている。バドミントン フレッシュアイペディアより)

  • バドミントン

    バドミントンから見たレクリエーション

    一方、屋内外で行われるレクリエーションとして、年齢や性別を問わず広く一般に楽しまれている。競技としての奥深さと、簡単にできるスポーツとしての楽しさの、両面を兼ね備えている。バドミントン フレッシュアイペディアより)

  • バドミントン

    バドミントンから見た風切羽

    競技用に主として使用されている物は、主に食用のガチョウの羽(羽軸が強く、丈夫。中でも次列風切という部位が最適)とコルクから作られていて、各羽は樹脂で固められている。安価なシャトルはアヒルの羽によって作られている物もある。卓球、テニスボールのように羽根を蛍光色に着色したものもナイロン製では古くからあったが、最近では鳥の羽製のものでも存在する。また動体視力を鍛える練習球として、黒ガチョウの羽根を使用したシャトルも一部メーカーが販売している。バドミントン フレッシュアイペディアより)

  • バドミントン

    バドミントンから見たインド

    諸説あるものの、最も有力とされている説は次の通り。元々はイギリス植民地時代のインドのプーナで1820年代に行われていた、皮の球をラケットでネット越しに打ち合う「プーナ」(Poona)という遊びを、インド帰りのイギリス人兵士(イギリス人とインド人の混血とも言われる)が1873年に本国に伝えたのが始まりとされる。その兵士は、プーナを紹介するためにシャンパンの栓に鳥の羽根を刺したものを用い、それをテニスラケットで打って見せたという。紹介されたのがイギリスのグロスタシャーのという邸宅であったため、バドミントンという名称がついた(ただし、1870年代にはかなり進んだバドミントンルールが存在したことなどから、この起源説に対し、疑問を持つ者も少なくない。スポーツの起源というものは往々にして脚色されがちである)。いずれにせよ、現在の国際的流行の下地を作ったのはイギリスである。バドミントン フレッシュアイペディアより)

  • バドミントン

    バドミントンから見た

    諸説あるものの、最も有力とされている説は次の通り。元々はイギリス植民地時代のインドのプーナで1820年代に行われていた、皮の球をラケットでネット越しに打ち合う「プーナ」(Poona)という遊びを、インド帰りのイギリス人兵士(イギリス人とインド人の混血とも言われる)が1873年に本国に伝えたのが始まりとされる。その兵士は、プーナを紹介するためにシャンパンの栓にの羽根を刺したものを用い、それをテニスラケットで打って見せたという。紹介されたのがイギリスのグロスタシャーのという邸宅であったため、バドミントンという名称がついた(ただし、1870年代にはかなり進んだバドミントンルールが存在したことなどから、この起源説に対し、疑問を持つ者も少なくない。スポーツの起源というものは往々にして脚色されがちである)。いずれにせよ、現在の国際的流行の下地を作ったのはイギリスである。バドミントン フレッシュアイペディアより)

68件中 31 - 40件表示

「バドミントン」のニューストピックワード