68件中 51 - 60件表示
  • バドミントン

    バドミントンから見たバドミントンの技術

    バドミントンにおいて必要な技術は、まずラケットでシャトルを打つ技術(ラケットワーク)と、無駄の無い動きで素早く追いつくための技術(フットワーク)である。詳細はバドミントンの技術を参照。バドミントン フレッシュアイペディアより)

  • バドミントン

    バドミントンから見たコルク

    シャトル(シャトルコック)という、半球状のコルクに水鳥等の羽を接着剤などで固定した物を打ち合うのが最大の特徴。バドミントン フレッシュアイペディアより)

  • バドミントン

    バドミントンから見たシャンパン

    諸説あるものの、最も有力とされている説は次の通り。元々はイギリス植民地時代のインドのプーナで1820年代に行なわれていた、皮の球をラケットでネット越しに打ち合う「プーナ」(Poona)という遊びを、インド帰りのイギリス人兵士(イギリス人とインド人の混血とも言われる)が1873年に本国に伝えたのが始まりとされる。その兵士は、プーナを紹介するためにシャンパンの栓に鳥の羽根を刺したものを用い、それをテニスラケットで打って見せたという。紹介されたのがイギリスのグロスタシャーのという邸宅であったため、バドミントンという名称がついた(ただし、1870年代にはかなり進んだバドミントンルールが存在したことなどから、この起源説に対し、疑問を持つ者も少なくない。スポーツの起源というものは往々にして脚色されがちである)。いずれにせよ、現在の国際的流行の下地を作ったのはイギリスである。バドミントン フレッシュアイペディアより)

  • バドミントン

    バドミントンから見たカナダ

    1899年にはロンドンで第一回全英オープンが行われ、1921年にカナダ、1930年にデンマーク、オランダ、フランスにバドミントン協会が設立され、そして1934年に世界バドミントン連盟が誕生した。バドミントン フレッシュアイペディアより)

  • バドミントン

    バドミントンから見たフランス

    1899年にはロンドンで第一回全英オープンが行われ、1921年にカナダ、1930年にデンマーク、オランダ、フランスにバドミントン協会が設立され、そして1934年に世界バドミントン連盟が誕生した。バドミントン フレッシュアイペディアより)

  • バドミントン

    バドミントンから見た日本バドミントン協会

    競技規則 - 日本バドミントン協会バドミントン フレッシュアイペディアより)

  • バドミントン

    バドミントンから見たアヒル

    競技用に主として使用されている物は、主に食用のガチョウの羽(羽軸が強く、丈夫。中でも次列風切という部位が最適)とコルクから作られていて、各羽は樹脂で固められている。安価なシャトルはアヒルの羽によって作られている物もある。卓球、テニスボールのように羽根を蛍光色に着色したものもナイロン製では古くからあったが、最近で鳥の羽製のものでも存在する。また動体視力を鍛える練習球として、黒ガチョウの羽根を使用したシャトルも一部メーカーが販売している。バドミントン フレッシュアイペディアより)

  • バドミントン

    バドミントンから見た国際バドミントン連盟

    その後、第二次世界大戦のために普及活動は停滞するが、1946年、終戦後早々と各地のYMCAなどのクラブチームはバドミントンを再開した。同年、11月2日、日本バドミントン協会が設立される。1948年、第1回全日本総合バドミントン選手権大会開催、日本体育協会に参加。1949年、第四回国民体育大会の競技種目となり、1950年第一回全日本学生バドミントン選手権開催、1951年第1回全国高等学校体育大会バドミントン競技大会開催、第1回実業団バドミントン選手権開催、1952年国際バドミントン連盟加盟し、急速にバドミントンは普及する。バドミントン フレッシュアイペディアより)

  • バドミントン

    バドミントンから見た炭素繊維

    カーボン繊維を中心に、複合素材としてチタン等の金属が使われている。後者は主にラケットヘッドのねじれを低減したり、重量バランスを調整したりする用途で用いられる場合が多い。ケブラー等の素材が使われているものもある。バドミントン フレッシュアイペディアより)

  • バドミントン

    バドミントンから見たスディルマンカップ

    スディルマンカップ(男女混合国別対抗団体戦)バドミントン フレッシュアイペディアより)

68件中 51 - 60件表示

「バドミントン」のニューストピックワード