1 2 3 4 5 6 7 次へ
68件中 61 - 68件表示
  • バドミントン

    バドミントンから見たデンマーク

    1899年にはロンドンで第一回全英オープンが行われ、1921年にカナダ、1930年にデンマーク、オランダ、フランスにバドミントン協会が設立され、そして1934年に世界バドミントン連盟が誕生した。バドミントン フレッシュアイペディアより)

  • バドミントン

    バドミントンから見たショット

    競技としてのバドミントンは、緩急を使い分ける様々なショットやフットワーク、対戦相手との駆け引き、ダブルスの場合、ペアとのコンビネーションなど多岐にわたる技術を必要とし、パワーや瞬発力とともに持久力の優劣も勝負を左右する、複雑で非常に激しいものである。バドミントン フレッシュアイペディアより)

  • バドミントン

    バドミントンから見た複合素材

    カーボン繊維を中心に、複合素材としてチタン等の金属が使われている。後者は主にラケットヘッドのねじれを低減したり、重量バランスを調整したりする用途で用いられる場合が多い。ケブラー等の素材が使われているものもある。バドミントン フレッシュアイペディアより)

  • バドミントン

    バドミントンから見た羽根

    諸説あるものの、最も有力とされている説は次の通り。元々はイギリス植民地時代のインドのプーナで1820年代に行われていた、皮の球をラケットでネット越しに打ち合う「プーナ」(Poona)という遊びを、インド帰りのイギリス人兵士(イギリス人とインド人の混血とも言われる)が1873年に本国に伝えたのが始まりとされる。その兵士は、プーナを紹介するためにシャンパンの栓に鳥の羽根を刺したものを用い、それをテニスラケットで打って見せたという。紹介されたのがイギリスのグロスタシャーのという邸宅であったため、バドミントンという名称がついた(ただし、1870年代にはかなり進んだバドミントンルールが存在したことなどから、この起源説に対し、疑問を持つ者も少なくない。スポーツの起源というものは往々にして脚色されがちである)。いずれにせよ、現在の国際的流行の下地を作ったのはイギリスである。バドミントン フレッシュアイペディアより)

  • バドミントン

    バドミントンから見たケブラー

    カーボン繊維を中心に、複合素材としてチタン等の金属が使われている。後者は主にラケットヘッドのねじれを低減したり、重量バランスを調整したりする用途で用いられる場合が多い。ケブラー等の素材が使われているものもある。バドミントン フレッシュアイペディアより)

  • バドミントン

    バドミントンから見たナイロン

    ナイロンなどの化学繊維を細かく編んだものが主に用いられ、金属音に近い高い打球音を好むプレーヤーのためチタンなどの金属素材を配合した物も販売されている。バドミントン フレッシュアイペディアより)

  • バドミントン

    バドミントンから見た名誉主事

    日本では1921年、横浜YMCAの体育主事をしていた広田兼敏が名誉主事のアメリカ人スネードから用具一式を寄贈されたことが始まりとされている。広田はその後、在日欧米人よりバドミントンについて学び、1933年に横浜YMCAの体育活動に取り入れ、1937年にはバドミントンクラブを設置したと言われる。バドミントン フレッシュアイペディアより)

  • バドミントン

    バドミントンから見たオリンピック公開競技

    1972年のミュンヘンオリンピックにて公開競技として行われた後、その次のモントリオールオリンピックから正式競技になるとの観測があったが、中国が脱退するなどして国際バドミントン連盟が分裂する事態が起こり、立ち消えとなったことがある。バドミントン フレッシュアイペディアより)

1 2 3 4 5 6 7 次へ
68件中 61 - 68件表示

「バドミントン」のニューストピックワード