232件中 31 - 40件表示
  • フランソワ・ラティル

    フランソワ・ラティルから見たバヌアツバヌアツ

    フランソワ・ラティル(、1938年6月10日 ? )は、バヌアツの出身の男子アーチェリー選手、元弁護士。バヌアツからの初めてのオリンピックに出場したアーチェリー選手であり、2000年のシドニーオリンピックに出場している。出場当時の年齢は62歳で、全出場選手の中で最も高齢な選手であった。ちなみに最も若い出場選手はバーレーンの競泳選手ファテマ・ハメド・ゲラシで当時12歳だった。競技ではアーチェリー男子個人に出場しランキングラウンドで64人中61位で、1回戦でアメリカ合衆国のロドニー・ホワイトに158-145で敗れた。フランソワ・ラティル フレッシュアイペディアより)

  • ジョン・フラム

    ジョン・フラムから見たバヌアツバヌアツ

    ジョン・フラムまたはジョン・フロムとは、バヌアツ共和国タンナ島におけるカーゴ・カルトの偶像である。綴りはJohn Frum、Jon Frum、John Fromなど一定ではない。現在広く語られるところによれば、フラムは第二次世界大戦期のアメリカ兵であり、彼に従えば人々に富と幸福がもたらされるとされる。彼は白人であるとも黒人であるとも言われ、デイビッド・アッテンボローの著書の中にはこの信仰の信者からの聞き取りとして「彼はあなたにそっくりだ。彼は白い顔をしている。彼は背の高い男だ。彼は南米に長く暮らした」とある。ジョン・フラム フレッシュアイペディアより)

  • アミカレFC

    アミカレFCから見たバヌアツバヌアツ

    アミカレFC(Amicale FC)はバヌアツの首都、ポートビラに本拠を置くサッカーのクラブチーム。OFCチャンピオンズリーグ2010-11シーズンでバヌアツ勢としては実に10年ぶりとして決勝進出を果たしたが、決勝でオークランド・シティFC(ニュージーランド)と対戦して2戦合計6対1で敗れて準優勝に終わった。アミカレFC フレッシュアイペディアより)

  • セグロミズナギドリ

    セグロミズナギドリから見たバヌアツバヌアツ

    P. lherminieri gunax - バンクス諸島(バヌアツ)で繁殖。セグロミズナギドリ フレッシュアイペディアより)

  • ハクセンシオマネキ

    ハクセンシオマネキから見たバヌアツバヌアツ

    南西諸島からフィリピン、バヌアツにかけての西太平洋熱帯域に広く分布するが、九州南部でハクセンシオマネキと分布が重複する可能性が指摘され、精査の必要があるとされる。ハクセンシオマネキ フレッシュアイペディアより)

  • タヨ語

    タヨ語から見たバヌアツバヌアツ

    フランス語ベースのクレオール言語ではあるが、構文はビスラマ語、ピジン語、トク・ピシンなどの太平洋の英語ベースのクレオール言語に近い。消滅した「ビスラマ」(現在のビスラマ語とは異なる)と呼ばれていたバヌアツのフランス語ベースのクレオール言語に恐らく関係があるとされている。タヨ語 フレッシュアイペディアより)

  • ヴァネッサ・クワイ

    ヴァネッサ・クワイから見たバヌアツバヌアツ

    ヴァネッサ・クワイ(Vanessa Quai、1988年7月13日 - )はバヌアツの歌手。ポートビラ出身。ヴァネッサ・クワイ フレッシュアイペディアより)

  • マレクラ島

    マレクラ島から見たバヌアツバヌアツ

    マレクラ島(Malakula、Malekula)とは南太平洋はバヌアツ共和国にある島。ニューヘブリディーズ諸島を構成する島のひとつである。マレクラ島 フレッシュアイペディアより)

  • レモンザメ

    レモンザメから見たバヌアツバヌアツ

    インド太平洋の広範囲で見られる。インド洋では南アフリカから紅海・モーリシャス・セーシェル・マダガスカル・インド亜大陸に沿って東南アジアまで。太平洋では台湾・フィリピンからニューギニア島・オーストラリア北部と太平洋諸島(ニューカレドニア・パラオ・マーシャル諸島・ソロモン諸島・フィジー・バヌアツ・フランス領ポリネシア)に分布する。本種は島伝いに太平洋中部へ広がっていったようではあるが、オーストラリア東部を中心とする個体群とフランス領ポリネシアを中心とする個体群は最低でも750km離れており、これらの間には顕著な遺伝的差異が存在することが分かっている。このため、長距離を移動することは非常に稀だと考えられる。日本では八重山諸島以南、西表島や石垣島などで見られる。レモンザメ フレッシュアイペディアより)

  • クリケット日本代表

    クリケット日本代表から見たバヌアツバヌアツ

    2005年6月には国際クリケット評議会の総会にて日本の準メンバーへの昇格が認められた。また同年にバヌアツで開催されたICC EAPクリケットカップでは決勝でクック諸島を破り優勝を果たし、国際クリケット評議会の主催する大会で初めての優勝を果たした。2006年にもブリズベンで開催されたICC EAPクリケットトロフィーで、バヌアツ、クック諸島、サモア、トンガ、インドネシアなどを相手に優勝を果たしている。クリケット日本代表 フレッシュアイペディアより)

232件中 31 - 40件表示

「バヌアツ」のニューストピックワード